敷金「戻る」「戻らない」「追加請求」 賃貸住宅の退去時に「原状回復」で追加請求を回避する最後の掃除。

「原状回復」を行う義務



転居などのために現在住んでいる賃貸物件を退去する際は、借主は貸主(大家・管理会社など)に住宅の「原状回復」を行う義務があります。

今回は引越し経験が豊富な筆者の経験をもとに、

・ 原状回復の概要や貸主がチェックするポイント

・ 借主が退去前に行うべき掃除のコツ

などについて説明します。


原状回復とは?

国土交通省の定義によると、「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としました。

そして、いわゆる経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとしました。

貸主の負担


一般的には、経年劣化などの理由から自然に汚れたり壊れたりしたものについての修復費用は貸主の負担です。

借主が負担


借主が負担する場合は

・ 汚れがひどい

・ 備えつけの設備等を乱暴に使って壊した

など、借主が日ごろから注意していれば防げることが大半です


原状回復の目安とは?

原状回復は、退去後貸主が依頼した業者により行われます。

・ 部屋のクリーニング

・ 壁紙や床の張替えなどのリフォーム

・ 設備の修理や交換など

通常、これらの原状回復は入居時に借主が払った敷金や更新手数料などでまかなわれるので、よほどのことがない限りは追加の費用を請求されることはありません。

しかし、あまりに部屋が汚くクリーニングに高い費用がかかる場合は、後で追加の費用を請求される恐れがあります。

そのことから、原状回復については
「退去後すぐに次の人が入居しても問題なく住める」
を目安とし、退去の前に最低限の掃除を行う必要があります。


退去時チェックで貸主がチェックするポイント



退去時チェックで貸主が特に念入りにチェックするのは次のポイントです。

1. 床、壁紙、窓、建具などの汚れや破損

2. 設備の故障の有無

3. 水回り(台所、洗面所、浴室、トイレ、洗濯機の下)

(1) と(2) については通常の使用による汚れや破損であれば、追加の費用を請求されることはほぼありません。

(3) のトイレや台所などの水回りは特に汚れやにおいが気になる場所です。

汚いままにしておくと貸主に悪い心証を与えやすいのです。

原状回復が自己負担にならないためにも、水回りの掃除だけはしっかり行いましょう。


退去前に行う水回りのお掃除ポイント

普段からきれいに使っているのが一番ですが、もし汚い場合でも退去時に掃除することにより原状回復の自己負担を防げるかもしれません。

そのための「お掃除ポイント」を紹介します。

1. 台所


ガスレンジについた油汚れにガスレンジ専用洗剤をふきかけ、しばらく放置してからふき取るときれいになります。

ガスレンジ周囲の壁も汚れが目立たない程度にきれいにしておきましょう

流し台まわりは排水口を重点的に掃除します。

流し台の中はスポンジなどで水垢をこすり取る程度でOKです。

冷蔵庫下の床は荷物搬出後に汚れをふき取ります。

2. 浴室




排水口の髪の毛や水垢をきれいに取り除き、浴槽にこびりついた垢は洗剤のついたスポンジでできるだけ落としておきます

壁や床のかびは50℃前後のお湯をカビの生えた部分にかけたあとにカビ取り剤を吹きかけ、しばらく放置してから水で流します。

洗濯機の防水パンは先に排水口だけ掃除しておき、荷物搬出後に全体を軽く掃除します。

3. トイレ


下水が通っている場合は塩素系のトイレ洗浄剤や塩素系で便器の内部を漂白するだけでかなりきれいになります。

浄化槽の場合はそれらの洗剤を使えないので、クリームクレンザーとトイレブラシ(スポンジや雑巾でも可)を使い、内部の汚れをできるだけ取りましょう。

また、トイレクリーナーや雑巾などで便器の外側やトイレの床を拭きましょう。

4. 洗面所


洗面台は排水口の水垢や髪の毛をできるだけ取り除き、スポンジで垢をこすり落とします。

鏡もきれいに拭きましょう

5. 玄関と部屋全体の掃除


退去直前には部屋の中や玄関のたたきもきれいにしておくと貸主の心証がよくなります。

引越荷物を全て搬出した後引越業者に少し待ってもらい、全体的に軽く掃除するといいでしょう。


「返す」とこを忘れない



退去時に金銭トラブルにならないための「チェックポイント」と、「原状回復(主に掃除)のコツ」についてお話ししました。

完全に原状回復することは不可能です。

「可能な限りきれいにした」ということが貸主に伝わる程度に掃除すれば十分です。

引越し準備であわただしい中、原状回復まで行うのはかなり大変です。

そんな退去時の負担を軽くするためには、
常日頃から定期的な掃除や設備のチェックなどを行っておくこと
をおすすめします。

ふだんからきれいにしていれば退去時の原状回復もラクにでき、貸主とのトラブルを最小限に抑えることができます。(執筆者:大岩 楓)

この記事を書いた人

大岩 楓 大岩 楓»筆者の記事一覧 (63)

元銀行員にしてベテラン主婦のフリーライターです。クレジットカードや節約記事などの執筆のほか、既成記事の校閲も行っています。50代になった現在、最大の関心事はずばり「老後のお金」今後のマネープランについて真剣に考え始めました。そこで自らの勉強も兼ね、銀行員時代に培った金融知識と25年以上の家計管理経験をベースにお金に関するさまざまな事柄について深堀りしていきます。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ