食器洗い機は時短&節水 恩恵にあずかっている筆者のおススメ洗剤と節約方法»マネーの達人

食器洗い機は時短&節水 恩恵にあずかっている筆者のおススメ洗剤と節約方法

時短と節水



共働き世帯が増えてきた昨今、食器洗い乾燥機を愛用している人も少なくないのではないでしょうか?

かくいう私も毎日その恩恵にあずかっています。

食器洗いの時間をカットすることで、家事の時短が可能になり本当にありがたいです。

しかも、水の使用量は手洗いより少なくて済むので水道代の節約になります。

世帯によって差はありますが、食洗器の利用でおおよそ年間1~2万円の水道代が節約できるといわれています。

水不足のときにも助かりますよね。


洗剤は液体か粉か…

食器洗い乾燥機を使う上で一番気になるのが食器洗い乾燥機専用洗剤の選び方ではないでしょうか?

最近は、液体タイプも販売されています。

私も液体タイプを使ってみましたが、グラスの汚れ落ちなどを見ていても粉末タイプに比べてかなり劣る気がします

イチオシは「CAINZ 食器洗い乾燥機専用洗剤」


安くて汚れ落ちのいいものを探した結果ベストだったのが「CAINZ 食器洗い乾燥機専用洗剤」です。

中に計量スプーンが入っていて、ほかの食器洗い乾燥機専用洗剤についている計量スプーンより小さいのですが、そのスプーンの量でしっかり落ちます。

近くにカインズホームがない場合はカインズホームのネットショッピングサイトでも購入できます。


≪画像元:CAINZ


食器洗い乾燥機専用洗剤を入れる容器


市販の食器洗い乾燥機専用洗剤の容器の多くは使い勝手が悪く、開け閉めが意外とストレスです。

おすすめは100円ショップで売っている砂糖や塩を入れるための片手で開け閉めできるケースです。

これに入れておくと、サッと洗剤が出せてストレスなく取り出せます。。

ただし、念のためふたに「食器洗い乾燥機専用洗剤」と明記しておきましょう。ほかの調味料と間違えると大変です。

洗濯機の話になりますが…


衣類の洗濯用洗剤も液体タイプより粉末タイプの方が洗浄力は上だといわれています。
「粉末の洗剤は洗濯機の中で水に溶けにくいから液体タイプを使っている」
という人もいるかもしれませんが、粉末洗剤の場合、洗濯機の一番下に入れることによってかくはんされ、しっかり溶けます。

この機会に、ぜひ、洗濯用洗剤も見直してみてはいかがでしょうか?


この方法でさらに節約

私が食器洗い乾燥機を使う上で実行している節約術は
1. 乾燥に移ったらすぐに電源を切り、ふたを開けて自然乾燥させる

2. よほどの汚れでない場合はスピーディーコースで洗う
食器洗い乾燥機の場合、乾燥している過程での電気代が一番高いので、ここをカットすることでかなりの節約です。

また、意外に思われるかもしれませんが食洗器は自然乾燥させたほうがすみずみまで乾燥させることができます

「食器洗い乾燥機を使った後、食器を出してみたら水がたまっていた」という経験のある人はぜひ自然乾燥を試してみてください。

また、標準コースでないときれいに洗えないと思っている人もいるかもしれませんが、ある程度の汚れを落としておけばスピーディーコースでも十分きれいに洗えます

ひどい汚れでなければスピーディーコースで大丈夫です。




食器洗い乾燥機も掃除が必要

「乾燥に移ったらすぐに電源を切り、ふたを開けて自然乾燥させる」という方法にはもうひとつメリットがあります。

実は、食器洗い乾燥機はふたを閉め切っているとカビが生えることがあります。

たとえば、洗濯機も「洗うこと」が目的の機械でありながら、その洗濯槽内には汚れがこびりついているといわれていますよね。

そのため、ときどき専用の洗剤で洗うことが推奨されています。

それと同じく食器洗い乾燥機もカビ対策のための掃除が必要です。

そういう観点から考えると、ふたを開けておくということは洗濯機と同じくカビ防止対策になります。

ぜひ、参考にして食器洗い乾燥機の電気代を節約し、かつ、清潔に使っていきましょう。(執筆者:桜田 園子)

この記事を書いた人

桜田 園子 桜田 園子»筆者の記事一覧

通信添削の赤ペン先生を30年間続ける傍ら、フリーライターのお仕事もしている主婦です。どうやったら物を安く買えるか、また、間違った買い物をしないテクニックなどについて日々ひそかに研究中です。私が発見したさまざまな節約の知恵をご紹介できたらと思っています。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ