日に日に進む、中国のキャッシュレス化

おじいちゃんおばあちゃんでもスマホを使いこなし、モバイル決算するほどです。

中国の決算アプリと言えば、「支付宝(アリペイ)」と「微信(Wechatペイ)」。

≪画像:支付宝(アリペイ)と微信(Wechatペイ)≫

モバイル決算だけでない、アプリのさまざまな機能の一部をご紹介します。

キャッシュレス割り勘


≪画像:微信の割り勘≫


≪割り勘≫

アリペイかWechatどちらかのアプリがあれば、現金がなくてもスマホで割り勘が可能

グループで食事に行ったとき、一人がお店にモバイル決算をして、残りの友達がアプリでQRコードを読み込むと、友達にお金を送ることができます。


≪画像: 受け取りQRコード≫

公共料金の支払いが簡単

電気・ガス・水道代、固定電話・携帯・インターネット料金、マンション管理費の支払いができます。

日本では、電気・ガス・水道代それぞれの口座引き落としの手続きが面倒です。

インターネットがない時は、申込書を郵送で受け取り、記入し送って…と遅いと1か月以上かかることも。

でも、「支付宝(アリペイ)」なら、電気料金の個別番号をアプリ内で入力するだけ


≪画像:電気代支払い≫

アプリの電気代支払い画面で、金額を入力して決算を済ますことができます

自宅でも、バスに乗っていても、電車の中でもどこにいても好きなところで支払いが可能です。

お年玉もキャッシュレス

中国のお年玉は「紅包」と言います。

アプリで好きな金額を送ることができるので、現金がいりません。

お正月名物のお年玉ですが、中国ではスマホ受け取りです


≪画像:支付宝トップ≫

個人間の送金ができる

スマホからスマホにQRコードを読み込ませることで、好きな金額(登録口座内の金額)の受け渡しができます。

最近、個人商店でお釣りがなかった時、スマホでお釣りを渡されることがありました

今どき現金を使う人が少ないからだそうです。たった2.5元(約43円)ですが、スマホでピッと数秒で受け取れます

また、相手のアカウントをアプリに登録すれば、メッセージ上で送金も可能です。

実は私も毎月この方法で、家賃を大家さんに支払っています。簡単、便利です。


≪画像:家賃支払いも≫

まとめ

日本ではコンビニごとにポイントカードやアプリを使い分け、こちらではクレジットカード、電車はsuica払い、電気料金口を座引き落とし…など工夫しなければなりませんが、中国ではスマホ1つで可能です。

中商産业研究院によると、2016年だったモバイル決算交易額は58.8万億元でしたが、2018年の交易額予測は150憶元超

もし171.5憶元に達すると、その増加率は68%になるそうです。

爆発的に広がりを見せる中国のキャッシュレス化に、今後も注目が集まりそうです。(執筆者:桜井 まき)