【株投資】10万円以下で買える 東証1部で年初来「高値を更新している銘柄」3つご紹介

array(12) {
  [0]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2019/01/162873/"
    ["title"]=>
    string(99) "「ソフトバンク」公募割れで激震 高配当利回りでも買うべきでない理由"
    ["img"]=>
    string(358) "ソフトバンクが、東証1部に上場"
  }
  [1]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/12/152879/"
    ["title"]=>
    string(172) "【証券口座開設】「特定口座」「源泉徴収あり・なし」どっちがいいの? 3種類の口座のメリット・デメリットと選び方を解説"
    ["img"]=>
    string(383) "口座開設時に最低これだけは覚えておけば大丈夫"
  }
  [2]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/11/150966/"
    ["title"]=>
    string(105) "株主優待で映画館で過ごす贅沢を 映画優待券や映画招待券が頂ける株主優待"
    ["img"]=>
    string(354) "株主優待で映画をたのしもう"
  }
  [3]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/10/147394/"
    ["title"]=>
    string(119) "【株主優待】ラーメン特集第2弾! もはや国民食となったラーメンがいただける会社4つ"
    ["img"]=>
    string(345) "株主優待でラーメンを"
  }
  [4]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/09/144385/"
    ["title"]=>
    string(177) "【投資】「ローリスク・ハイリターン」な金融商品ってあるの? 知っておきたい「リスク」と「リターン」について解説します。"
    ["img"]=>
    string(387) "「ローリスク・ハイリターン」な金融商品ってあるの"
  }
  [5]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/07/134784/"
    ["title"]=>
    string(129) "【株主総会レポート】都立中高受検塾「ena」の「学究社」 増収増益も、職場の定着率に課題か"
    ["img"]=>
    string(346) ""
  }
  [6]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/07/135337/"
    ["title"]=>
    string(109) "日本株は今から買っても遅くない! トータルで負けない銘柄選定のポイント3選"
    ["img"]=>
    string(372) "今から買っても遅くない、日本株の買い方"
  }
  [7]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/07/133706/"
    ["title"]=>
    string(112) "CMが話題の「RIZAP」の株は買いか? 筆者が特徴と今後の株価を分析してみました。"
    ["img"]=>
    string(336) "ライザップ株は買いか?"
  }
  [8]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/07/133476/"
    ["title"]=>
    string(152) "「5万円未満」でも株主優待生活が楽しめる! 株のスタートに「使い勝手抜群」の優待銘柄3選をご紹介します。"
    ["img"]=>
    string(361) "5万円未満でも優待生活を楽しめる"
  }
  [9]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/07/133613/"
    ["title"]=>
    string(141) "夏のボーナスで「初めての株式投資」をお考えの方に 「株初心者が注意すべきポイント」を解説します"
    ["img"]=>
    string(342) "夏のボーナスが支給"
  }
  [10]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/06/130995/"
    ["title"]=>
    string(129) "【株投資】初心者が銘柄選びで知っておくべきこと よくある「ランキング上位銘柄」には注意"
    ["img"]=>
    string(370) "株を買う前に銘柄選定で知っておくこと"
  }
  [11]=>
  array(3) {
    ["link"]=>
    string(37) "https://manetatsu.com/2018/06/130996/"
    ["title"]=>
    string(105) "ネット証券と総合証券の違い メリットとデメリットをそれぞれ解説します。"
    ["img"]=>
    string(360) "ネット証券と総合証券の違いとは"
  }
}

2月2日時点で2万3,000円台だった日経平均は2月5日から急落し、14日には安値2万950円を付けました。

その後やや値を戻してきていますが、まだ2万3,000円台です。

このような状況の中、年初来高値を更新している銘柄もあります

市場の悪環境に左右されない、力強い銘柄と言えるでしょう。

その多くは好決算が理由となっており、決算内容が良ければ、投資家は買っているといえます。

東証一部、株投資、高値更新株

今回は年初来高値を更新した銘柄の中でも10万円以下で投資できる東証1部の会社をご紹介いたします。

1. ダイニチ[5951]

≪画像元:ダイニチ

株価 : 911円(2/27終値)
売買単位 : 100株
最低投資金額 : 9万1,100円
1株当たりの年間配当 : 22円(2018年3月期予想)
配当利回り : 2.4%

石油ファンヒーター・加湿器で高いシェアを持つメーカーです。

2014年から16年にかけて減収減益でしたが、2017年3月期には増収増益に転じました

暖房機器や加湿器などの売り上げが伸びたことが要因です。

1月31日に発表された第3四半期決算では、前期比で売上・利益ともに通期予想を上回る伸びを示しました。

ニーズに合わせて新たに販売された高付加価値商品が貢献しました。

株価の方も決算の状況を反映しています

市場全体の下落の影響をほぼ受けず、高値を更新しました。

2011年9月の高値1,049円突破も視野に入りそうです

2. 三共生興[8018]

≪画像元:三共生興

株価 : 532円(2/27終値)
売買単位 : 100株
最低投資金額 : 532円
1株当たりの年間配当 : 15円(2018年3月期予想)
配当利回り : 2.82%

大阪に本社を置く繊維商社で、英国の「DAKS」やフランスの「レオナール」などの高級ブランドの販売をし、現在は不動産事業にも力を入れています。

過去数年の業績を見ると決して良いとは言えず、2017年3月期の売り上げは前期比13%減、利益では51%減という状況でした。

2018年3月期はさらに減収減益の見込みです。

しかし2月2日に発表された第3四半期決算では、経費削減などの効率化により営業利益・最終利益ともに前期よりプラスの伸び率に転じました

通期の業績予想は変更しておらず、本決算時には当初の予想よりも良い内容が期待されています。

2月2日に493円だった株価は一時下がったものの、その後年初来高値を更新しました。

2015年に付けた高値552円まで目前となっています。この価格を越えればさらに勢いづく可能性もあります。

3. ソーダニッカ[8158]

≪画像元:ソーダニッカ

株価 : 714円(2/27終値)
売買単位 : 100株
最低投資金額 : 714円
1株当たりの年間配当 : 7円
配当利回り : 0.98%

苛性ソーダ製品や薬品・石油化学製品・合成樹脂製品などを扱う商社です。

私たちの日常では直接知る機会の少ない会社ですが、その製品は洗剤や衣類・包装容器といったさまざまな日用品の製造に使われています。

この数年は売上の横ばいが続き、利益ベースでは年によってブレがあり安定しない状況でした

2月5日に発表された第3四半期の決算を見ると、純利益では10.9%増となり、通期予想の3.3%を大きく上回りました

2月2日に661円だった株価は、6日に603円の安値を付けてから高値を更新しています

年によってブレのある会社のため、今後の業績には注意が必要ですが、今のところ株価としては上昇し、良い評価をくだされています。

まとめ

今回は高値更新銘柄の中でも、東証1部で投資金額10万円以下に絞ってご紹介しましたが、その他の市場等でも高値を更新している銘柄がいくつもあります。

新たな投資対象を探す手段として、スクリーニング機能などを活用して検索してみてください。(執筆者:高橋 珠実)

この記事を書いた人

高橋 珠実 高橋 珠実»筆者の記事一覧 (59)

1982年生まれ。大学で中国語を勉強し、1年間の中国留学を経験。学生時代から株に関心があり、卒業後は証券会社に入社。5年勤めたのち、呉服業界に転職。子どもの頃からの夢だった「何でもない日にきものを着る」という夢を叶える。結婚・出産を経てフリーライターに転身。独身時代は中国株などに短期投資をしていたが、結婚後は長期投資に変更。日々の生活の中から優良銘柄を探すのが趣味。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ