子育て、家事、仕事…母親は毎日やることがいっぱいで本当に忙しいですよね。

大切な家族の健康が気になるけれど、ゆっくり食事を作る時間がなくて悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

主婦、時短料理

食事作りは毎回一からやろうと思うと大変なので、栄養バランスは考えつつ、上手に手を抜いてみましょう

そのためのアイディアをご紹介します。

時間のある週末におかずを作り置き

日持ちのするお惣菜を週末にまとめて作っておけば、平日はそれをテーブルに並べるだけで何品か用意することができます。

あとはメインと汁物をプラスすれば良いので、手間がぐっと減らせますね。

お弁当を作っている人なら、常備菜があれば大助かりです

ただ、いくら仕事のない日だからといって、常備菜を作るのに1日かかってしまっては体をゆっくり休めることができません。

手の込んだ料理はもっと余裕がある時に作れば良いので、レンジで手軽に作れるものや、圧力鍋にお任せの料理など、手間がかからないものを上手に取り入れていきましょう

素材は多めに下ごしらえをしておく

野菜を洗って切る、肉や魚の下処理をするといった作業は、少しぐらい素材の量が増えてもかかる手間はそれほど変わりません。

少し余分に下ごしらえまで済ませておけば、別の日に他の料理に使えて便利ですよ。

肉や魚は、ただ手頃な大きさに切り分けるだけでなく、ついでに下味もつけておけば、すぐに調理にとりかかれて便利だし味もしっかりつきます

基本の塩こしょうはもちろん、カレー味、ピリ辛味、味噌味など、バリエーションもいろいろと試してみてください

主婦、時短、家事

簡単レシピのリストを作る

「今日はもう料理したくない」と思う時って、頭の中に食材を切って、下味をつけて、そこから煮たり焼いたり…といった工程を思い浮かべてうんざりしますよね。

そんな時は、短い時間でぱぱっと作れる簡単レシピの出番です。

たとえば、次のようなメニューはいかがですか?

鶏肉のトマト煮込み

適当な大きさに切り、塩こしょうで下味をつけた鶏肉を油で炒め、トマト缶を加えて果肉をつぶしながら煮込む。

コンソメや塩こしょうで味を整えたら出来上がり

ピーマンの塩昆布炒め

細切りにしたピーマンを油で炒め、塩昆布を加えてさっと炒め合わせる

かぼちゃの煮物

あらかじめカットされている冷凍かぼちゃなら手間なし! 

だし汁、醤油、みりん、砂糖を合わせて煮立てたら、そこへかぼちゃの皮を下にして加え、味が染み込むまで10分ほど煮る。

下ごしらえにもほとんど手間がかからず、あっという間にテーブルに並べられる料理のレパートリーが多ければ多いほど、毎日の食事作りはぐっと楽になります

時間のある時に、リストを作ってみては?

ホットプレートを活用する

焼き肉やお好み焼きをする時によく使うホットプレートは、朝食にウインナーや卵を焼いたり、おやつにホットケーキを焼いたりと、あればなにかと便利な道具です。

どうしてもキッチンに立ちたくない時や、ゆっくり料理をする時間がない時は、素材だけを買ってきて「後は各自で好きなものを焼いてね」というのもアリ。

自分で調理をするというのは本来楽しいものなので、子供も案外喜んでくれますよ。

料理代行サービスを利用する

料理代行サービス

共働き世帯の増加に伴って、家の中のこまごまとした家事を代行してくれる便利なサービスも増えています。

料理代行のみに限ったサービスであれば、1時間あたりの料金は4,500円ぐらいが相場

ここにスタッフの交通費や食材の購入費用などがプラスされます。

コスト面を考えると決して安いサービスではありませんが、今まで買い物、調理、後片付けに費やしていた時間をまるまる別のことに当てられるというのは大きな魅力。

夫や子供に温くて栄養バランスの良い手料理を食べさせることができるという安心感もありますね。

「毎日来てもらうのは落ち着かないし、費用がかかるから困る」という場合は、週に一度だけ来てもらい、一週間分のおかずをまとめて作ってもらうこともできますよ。

※細かいサービス内容や料金については、各会社によって異なります。

まとめ

家族の食事作りは主婦にとって非常に重要な仕事ですが、毎日きちんと作ろうと思うと消耗してしまいます。

たまには手を抜く日があってもいい」と気楽に構え、マイペースで乗り切りましょう。

共働きで予算に余裕があれば、料理代行サービスを利用するのも1つの方法ですよ。(執筆者:畠山 まりこ)