4月から「医療保険」「海外旅行保険」が値上げ これから上がる保険を解説します»マネーの達人

4月から「医療保険」「海外旅行保険」が値上げ これから上がる保険を解説します

「別れの春」、「出会いの春」など、春はさまざまなことが終わり、そして始まる季節です。

春は「値上げの春」でもありますが、実は保険もこの4月から保険料が値上がりする商品があります

今回は、値上がりする保険を紹介するとともに、その対策も紹介しましょう。

保険料値上げ、保険



生命保険は値下げ、医療保険は10%近い値上げ

まずは医療保険が値上がりします。

保険料を算出する判断材料の一つに、「標準死亡率」があります。

標準死亡率とは、生命保険各社が加盟している「公益社団法人日本アクチュアリー会」が発表している数字で1年間に死亡する人数の割合を、年齢別・男女別で予測したものです。

2018年4月に改訂が行われ、死亡率は減少する見込みのため、生命保険はそれを踏まえて保険料を値下げします。

逆に、医療保険の支払いは増えると予測されるため、医療保険は値上がりします

特に、値上げ率の高い保険をいくつか紹介しましょう。

値上げ率の高い保険


10%近い値上げもあるので、結構痛い出費です。

契約済みの保険料は変更なし


ただし、新しい保険料が適用されるのは、2018年4月1日以降に新たに契約した人です。

契約済みの保険の保険料は変更ありませんので、安心してください。


エイチエス損保は海外旅行保険を3.4%値上げ

損害保険会社の「エイチエス損保」では、2018年4月1日以降に出発する人の海外旅行保険の保険料を、平均で3.4%程度値上げします。

海外での医療水準が向上したのと円安に伴い、治療補償の支払額が増加しているためです

新しい保険料が適用されるのは2018年4月1日以降の出国が対象なので、早めに保険契約をしても出国日が4月1日以降であれば、新しい保険料です。

クレジットカードに付帯する海外旅行保険を活用


海外旅行保険の節約に大きく役立つのが、クレジットカードに付帯する海外旅行保険です。

年会費無料ながら、海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードもあります。

利用頻度の高い治療補償は、複数のクレジットカードで合算可能です。


値上げ済み、近日値上げ予定の保険

ここまでは、2018年4月に値上げとなる保険を紹介してきましたが、ここからは最近値上げされた保険や、近日値上げが予定されている保険も紹介しましょう。

地震保険は3.8%値上げ予定


地震保険ですが、2017年に続き2019年にも、第2弾の値上げが予定されています。

気になる値上げ率は3.8%です。

ただし、地震保険には以下のような割引が用意されていますので、積極的に活用しましょう。

地震保険


介護保険利用料の窓口負担が3割に


2018年8月より、介護保険利用料の窓口負担が、「2割 → 3割」にアップします。

ただし、3割にアップするのは現役世代並みの所得者で、その条件は以下の通りです。

・ 合計所得金額が220万円以上
・ 単身世帯は、年金収入とその他合計所得金額が340万円以上(年金収入のみの場合は344万円以上)
・ 2人以上世帯は、年金収入とその他合計所得金額が463万円以上

対策としては、以下のようなものがあります。

・ おむつ券など自治体の特別給付制度を使う
・ 高額医療高額介護合算制度を使う


民間保険は「見直しの春」

保険料見直し、値上げ


民間の保険は、「見直しの春」かもしれません

保険料が値上がりする前に契約するのはもちろん、知らないうちにすでに値下げした保険も、中途更改で後から値下げしてもらうこともできます。

とにかく、情報を仕入れておくことで、いろいろな対策ができますね。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

保険料値上げ、保険
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ