「仮想通貨」を使ったゲームが次々登場 ゲームで稼ぐことも可能

仮想通貨、特にブロックチェーン技術を利用している企業もあるようです。

例えば日本の不動産テックベンチャー「イタンジ」は仮想通貨で不動産売買を行うことのできるサービスを始めています

仮想通貨

≪画像元:イタンジ株式会社

さらにイギリスでは医療分野にもブロックチェーンの使用を実験的に開始しているようです。

このように少しずつですが確実に、ブロックチェーンを使ったサービスは身近になってきています。

そしてようやく? とうとう? ゲーム業界にもその波は押し寄せてきました

大々的に発表して株価を押し上げるきっかけになったゲーム、インフルエンサーの紹介で有名になったゲーム、まだ数は少ないですがいくつか紹介していきます。

イーサエモン

イーサエモン 仮想通貨

≪画像元:イーサエモン

DApps(分散型アプリケーション)を使ったゲームでイーサリアムのスマートコントラクトを利用しているゲームです。

簡単にどのようなゲームか説明しますと、まずモンスターの捕獲(購入)などをしてモンスターを手に入れます。

その手に入れたモンスターを強くし、他のキャラクターと対戦したりすることができる、要するにポケモンです。

しかしこのイーサエモンが一般のゲームと違うところは、自分の育てたイーサエモンを他者に貸したり、売ったりすることでお金(EMONT)を稼ぐことができることです。

もちろん、EMONTはイーサリアムと変換をすることができるので、イーサリアムを取引所へ送金し法定通貨に変換することが可能です。

ビットハンターズ

ビットハンターズ 仮想通貨

≪画像元:ビットハンターズ

リアルワールドゲームスという会社が制作をしているゲームです。

まだ制作中でサービス開始時期は2018年春を予定しているようです。

このビットハンターズは去年大流行りしたポケモンGOと同じで位置ゲーと呼ばれるゲームだけではなく、仮想通貨(トークン)をゲーム内で稼ぐことができる、ということで話題になりました。

詳しいゲーム内容はまだ不明ですが、歩くことでトークン(通貨)を稼ぎ、稼いだトークンで武器などを購入しゲーム内に出てくる敵を倒していくというゲームのようです。

すでに神戸市と協働で「意識せずに健康行動が習慣化される仕掛けづくり」という実証実験が行われることが予定されています。

今後実際に稼ぐことのできるゲームが世の中に浸透してくことができるかどうかの「試金石」になるでしょう。

まとめ

昨今話題の職業である、Eスポーツというのも話題ですが、ゲームで稼ぐということ自体、少し前では考えることができませんでした。

そう考えると今はいい時代だなあと思いつつも、後10年若かったらなあ…なんて考えてしまいました。

ビットハンターズはリリースされたらぜひプレイしてみたいと思いました。あくまでもお金のため、ではなく健康のためですよ…。(執筆者:三宅 瑛心)

関連記事:仮想通貨どこで買うのがよいの? お勧めの「取引所」はココ!

「仮想通貨」と一緒に豪ドル円が低スプレッドな「ヒロセ通商」でFXもやってみましょう

この記事を書いた人

三宅 瑛心 三宅 瑛心»筆者の記事一覧 (24)

埼玉県の南部に居住。大学卒業後は、様々な職種を経て、スロプロという訳の分からない道を歩む。その後スロプロをしながらフリーのシナリオライターとして活動。仕事の種類を増やそうと株や仮想通貨を2017年からやり始めるもアベノミクス相場という大波に乗れずに停滞。仮想通貨も一般より早く買ったものの握力弱く、そうそうにビットコインを手放してしまう。現在「億り人」になった連中を横目に、必死にパソコンを叩いている毎日。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
仮想通貨 ゲーム
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ