シェアハウスの進化系「ソーシャルアパートメント」恵比寿1BRで9万7,000円 人気の魅力を探ってみる。»マネーの達人

シェアハウスの進化系「ソーシャルアパートメント」恵比寿1BRで9万7,000円 人気の魅力を探ってみる。

大人気の「ソーシャルアパートメント」の魅力

ソーシャルアパートメント


一斉を風靡したシェアハウスブームは下火となり、多くのシェアハウスが空室になっていますが、シェアハウスの進化系「ソーシャルアパートメント」が人気を集めています

お手頃なお家賃で充実した施設や設備を利用できるので、クリエイターや外国人、起業家など多種多様な人々が集まりともに暮らしているのです。

コミュニティの中でアイディアと勇気をもらって起業する人や、ともにビジネスを始める人、など多くの出会いが生まれています。

空室が出てもすぐに、入居者が決まってなかなか入れないレア物件もあるとか。

「ソーシャルアパートメント」の魅力や家賃などを探っていきましょう。


マンション1棟をみんなでシェア

通常のシェアハウスは大きめの戸建てや小規模なアパートなどを10人弱でシェアすることが多いのですが、ソーシャルアパートメントは大規模なマンション1棟丸ごとを数十人から100人でシェアします。

ソーシャルアパートメントを運営しているのは「グローバルエージェンツ」という会社。

全国で41件のソーシャルアパートメントを運営しています。

豪華な共有設備が魅力的





例えばこちらの護国寺の物件には
・ ビリヤード台
・ シアタールーム
・ カフェ
・ バー
などの施設があります。

カフェでは家賃に含まれている1万5,000円分のチケットを利用して、コーヒーや食事を注文することも可能

共有スペースは24時間利用可能


入居者たちがイベントを開催したり、部活動に勤しんだり、ビジネスの相談をしたりと、活発に住民同士が交流しています。

エンジニアにライターなどさまざまな職種の住人がいるので、住人同士でアプリを開発した事例もあるとか。

外国人が多く住んでいる物件を選べば語学力アップも期待できますね。

住民とほど良い距離感で生活


光熱費は固定され、共有部分には毎日業者清掃が入るので毎日気持ちよく生活ができます。

マンションをリノベーションした物件ばかりなので、通常の木造賃貸やシェアハウスのように、隣人の騒音に悩まされることも少ないのも大きな魅力です。

共有スペースを通らずに個室に行くルートが確立されているので、一人になりたい時はひっそりと自室に帰ることもできるので、住民とほど良い距離感で生活できます。


家賃を比較

ソーシャルアパートメントは共有部分の設備が豪華ですので、お家賃が気になるところ。

そこで、周辺の一般賃貸住宅とシェハウスの家賃を比べてみました。

比較する物件は恵比寿の「ソーシャルアパートメント恵比寿」です。

ソーシャルアパートメント恵比寿家賃



・ ソーシャルアパートメント恵比寿の家賃+管理費「7万9,000円から13万8,000円、最多賃料帯は9万7,000円」

・ 周辺賃貸物件の家賃+管理費「9万円から20万円、中心価格帯12万円前後」

・ 周辺シェアハウス「4万5,000円から10万円」

周辺の賃貸物件よりは、ソーシャルアパートメントのほうが安いですが、シェアハウスと比較すると、ソーシャルアパートメントのほうが若干割高です。

ソーシャルアパートメントの持つ付加価値に、意義を見い出せる人であればソーシャルアパートメント、とにかく安いお家賃で暮らしたいならシェアハウスが良さそうですね。


生活に刺激をくれるアパート

異文化コミュニケーション



ソーシャルアパートメントは、住民同士の程よい距離感を持った暮らし、刺激的な交流などが魅力の新しい暮らし方です。

業種、性別、国籍を超えた多種多様の人々と交流できるので、社会人だけでなく学生さんにもピッタリですね。

毎日の暮らしに刺激とコミュニケーションを求めている方は、豊かな生活がおくれるはずです。(執筆者:平林 亮子)

この記事を書いた人

平林 亮子 平林 亮子»筆者の記事一覧

小さな商社から損害保険会社に転職後、結婚、妊娠を経て専業主婦になりました。今はライターとして保険、税金、美容関係の記事を執筆しています。趣味は貯金!特技も貯金!節約から株式投資まで、資産形成のために奮闘中です。
【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

ソーシャルアパートメント
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ