「羽毛布団」は洗濯機で洗える クリーニング業者のほとんどが水洗いしている理由と「おうち洗い」の仕方を紹介»マネーの達人

「羽毛布団」は洗濯機で洗える クリーニング業者のほとんどが水洗いしている理由と「おうち洗い」の仕方を紹介

羽毛布団はカバーをつけて使っていても身体から出る皮脂や汗がしみ込んでいたり、ニオイがついてしまっていたりするものです。

また、子供が使用している場合おもらしをして汚してしまうケースも。

ですから、できるなら気軽におうち洗いができるといいですね。

少なくともシーズンの終わりにはおうちで洗ってスッキリした気分で保管しておきたいものです。

そして実は、羽毛布団はおうちの洗濯機で洗えます

しかも、本当に簡単な方法で洗えるのでぜひ羽毛布団をおうちで洗いきれいにしてからしまっておきましょう。

羽毛布団は洗濯機で洗えます



実は羽毛布団をドライクリーニングで洗うのはNGだった?

羽毛布団はデリケートなイメージが強いので、おうち洗いはできないと考えている人もいるのではないでしょうか?

確かに羽毛布団についている洗濯表示は「ドライクリーニング」になっています。

しかし、実はドライクリーニングは羽毛布団を洗う方法としては適していないと言われています。

ドライクリーニングでは石油系の溶剤を使うので油汚れしか落ちません

つまり、羽毛布団にしみ込んだ汗やニオイはドライクリーニングでは落ちにくいのです。

また、ドライクリーニングで油汚れを落としてしまうと羽毛自体が持っている貴重な油脂分を落としてしまい羽毛を劣化させる可能性もあります。

羽毛布団はドライクリーニングで洗うものだと考えていた人もいるかもしれませんが、実はNGな洗い方だったのです。

ですから、クリーニング業者のほとんどが羽毛布団を水洗いしています。

羽毛布団は水洗いできる




また、最近はクリーニング業者でも羽毛布団は宅配クリーニングシステムを採用している会社が多いです。

この場合1枚につき1万円近いコストがかかります。(ただし、2枚以上になると1枚当たりのコストは安くなります)


でも羽毛布団を本当におうちで洗って大丈夫?

では、羽毛布団をおうちの洗濯機で洗っても大丈夫なのでしょうか?

結論としては大丈夫です。

実際に、うちは毎年羽毛布団をしまう前におうちの洗濯機で洗ってからしまっています。

しかも、洗った後はふんわりとふかふかの状態に戻って嫌なニオイも消えています。

では、その洗い方についてご紹介しましょう。


洗濯機で簡単に洗える

洗い方は実に簡単です。

おうちの洗濯機の「ふとん洗いコース」を使って洗います

ただし、7キロ以上の洗濯機であることが前提です。

ちなみにうちの洗濯機は6キロタイプですが、それでも無理やり入れて洗えば何となります。

ですから、6キロタイプでも洗うことは可能ですが理想としては7キロ以上の洗濯機で洗うことをおすすめします。

縦型洗濯機とドラム式洗濯機のどちらでも使用でき、また、ふとん洗いコースがない洗濯機でも「毛布洗いコース」を使用すればOKです

ちなみに、うちの洗濯機は縦型洗濯機ですがふとん洗いコースがないので毛布洗いコースで洗っています。

これらのコースだと、洗濯機がほぼ1時間程度かけて丁寧に洗ってくれます。

注意点としては

・ 中性洗剤(おしゃれ着洗い用の洗剤)を使う

・ 柔軟仕上げ剤も併せて使う

という点です。

柔軟仕上げ剤を使うことでふんわりと仕上がるので必ず使いましょう

また、羽毛はアルカリに弱く羽毛を傷めてしまう原因になるので、決してアルカリ性の洗剤を使用しないようにしましょう

ちなみに、家事の達人と言われる松居一代さんはアトピーだった息子さんのために週に一回、羽毛布団をバスタブの中で足踏み洗いをしていたそうです。

それでも、まったく大丈夫だったそうなのでおうち洗いに不安を感じている人も安心してチャレンジしてみてください。


しっかり乾くまで干すのがポイント

洗った後の羽毛布団はぺちゃんこになっていて「これで本当に元のふかふかのお布団に戻るのかしら?」と不安に感じる人もいるかもしれません。

でも大丈夫、ちゃんと元通りかそれ以上にふかふかのお布団になります。

ところで、干し方ですが普通に物干し竿にかけて大型のピンチで固定します。

できるなら、中にハンガーを3つくらいかけて空間を作り風通しのよい状態にしておくと乾きやすくなります

3時間程度乾かしたら裏返しましょう

夕方まで干してもまだ乾ききらないことも多いですが、その場合は家の中に取り込んで広げておきましょう。

そのまま1週間ほど家の中に置いたままにしておいてしっかり乾かしてからしまいます

スペースがない場合は椅子などの上に掛けておくのもひとつの方法です。

中途半端な乾き方で収納してしまうと中でカビや細菌が繁殖しやすくなるので完璧に乾かすことを心掛けてください


コインランドリーで洗うとクリーニングに出すより低コストで洗える!

おうちに大きな洗濯機がないという人の場合は、コインランドリーを利用するという方法もあります

羽根布団の洗濯はコインランドリーがおすすめです


≪画像元:RELIVERS


ただ、持ち帰りが大変なのと1枚につき乾燥まで含めると1,500円程度のコストがかかります

ですから、おうちに7キロ以上洗える洗濯機がある人はおうち洗いをすることをおすすめします。

ふかふかになったきれいな羽毛布団を見るととても気持ちがいいものです。

ぜひ、おうち洗いを試してみてくださいね。(執筆者:桜田 園子)

この記事を書いた人

桜田 園子 桜田 園子»筆者の記事一覧

通信添削の赤ペン先生を30年間続ける傍ら、フリーライターのお仕事もしている主婦です。どうやったら物を安く買えるか、また、間違った買い物をしないテクニックなどについて日々ひそかに研究中です。私が発見したさまざまな節約の知恵をご紹介できたらと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

羽毛布団は洗濯機で洗えます
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ