格安スマホ「通話プラン+データ通信」容量(GB)別、基本使用料を徹底比較。期間限定プランもあるのでお早めに!»マネーの達人

格安スマホ「通話プラン+データ通信」容量(GB)別、基本使用料を徹底比較。期間限定プランもあるのでお早めに!

格安スマホってどこがお得?

格安スマホを徹底比較


いまや節約の定番となった「格安スマホ」の利用。

いろいろな会社が格安スマホを取り扱っていますが、一番お得なのはどこの会社なのでしょうか。

オプションを含まない、基本使用料を調べた結果をお伝えします。

今回は「スマホはすでに持っていて、それを利用する」という前提でお話します。


「通話プラン」+3GBのデータ通信

家ではWi-Fiを利用、外ではLINEを使う程度という方向けです。

1位:LIBMO(リブモ)720円/月


使用回線はdocomoです。

LIBMOは最大1年間の縛りがあるものの、最安値で利用できます。

5/10までの「春キャン!」というキャンペーン適用後の価格です。

2位:DMMmobile 850円/月


使用回線はdocomoです。

いろいろなことを手広くやっているDMMですが、格安スマホの世界でも優秀です。

5/9までは新規契約手数料3,240円が0円になる「お得にスタートキャンペーン」も実施中です。

また、MDDモバイルのサイトからの申し込みでアマゾンギフト券のプレゼントもあります。


「通話プラン」+5GB~6GBのデータ通信

家でWi-Fiを使う


家ではWi-Fiを利用、外ではアプリや、少し動画も見るという方向けです。

1位:DMMmobile 1,210円/月 5GBプラン


DMMが5GB~6GBの部門でも安さを見せつけてくれました。

やはり大手の強みなのでしょうか。

2位:IIJmio(アイアイジェイみおふぉん)1,300円/月 6GBプラン


IIJmioは5/8まで通信料増量の「史上最強3つのお得なキャンペーン」を行っており、1,300円は本来なら3GBでの料金ですが2倍の6GBの提供があるとのことで、2位にランクインしました。

3位:LIBMO 1,322円


このデータ通信料でもLIBMOが健闘しています。

1GBあたりに直すとDMMmobileより安いので、
「少し使う量が多め」

「5GBではギリギリ足りない」
という方にはお勧めです。

番外編:mineo(マイネオ)1,290円/月 6GBプラン


安いのですが、5/8までの「100万回線突破ありがとうキャンペーン」適応後の価格で、しかも開始後6か月のみこの価格ということで番外に置きました。

mineoは顧客満足度が高いことで有名ですから、良質なサービスを求めるのであれば検討しても良いでしょう。


通話プラン+7GB~のデータ通信

外出先で動画をみる


外でもずっと通信を必要とするアプリを頻繁に使う、たくさん動画を見る、家にWi-Fiを設置していないという方向けです。

1位:DMMmobile 1,860円/月 7GBプラン


ここでもDMMが大健闘です。

・ 8GB 1,980円

・ 10GB 2,190円

のプランもありますので、自分に合った通信料を細かく選べることも、DMMの強みだと言えそうです。

2位:IIJmio 1,920円/月 9GBプラン


最初から9GB必要だというのであれば、IIJmioが一番優秀です。

9GBで2,000円を切る会社は他に見当たりませんでした。

5/8までのキャンペーン適応後の価格です。

3位:LIBMO 2,122円/月 10GBプラン


「春キャン!」適応後の価格ですが、これは非常に安いですね。

かなりのヘビーユーザーや、通信料を家族で分け合いたい場合に適しています。


格安スマホの中でも結構価格差がある

仮に200円の差だとして、家族4人がスマホを持っている場合、1年間で
200円 × 4台 × 12か月 = 9,600円
約1万円の差がでます

利用する会社は吟味してくださいね。(執筆者:上坂 亮子)

この記事を書いた人

上坂 亮子 上坂 亮子»筆者の記事一覧 (30)

ストレスの小さい、いろんな節約方法を見つけて実践するのは「ゲーム」だという考えを持っています。たくさん節約できたなと思った日は満足感たっぷりのまま、ぐ~っすり眠れます。子どもの進学に向けてもっとお金を貯めなければという思いから、ゲーム魂に火がついています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ