春になると、桜を散らす強い風が吹くことも多いですが、出費のほうにも強風が押し寄せます。

高校生の子どもには、教科書代やら部費やらごっそり持っていかれました。

このあとも、教材費にPTA会費に自治会費、車や家の税金など、請求の予定がビッシリで気が重いです。

春は臨時出費がつらい

そんな支払いばかりの時期は、

クレジットカードの無駄を徹底排除

で乗り切りたいと思います。

ここでのポイントは、

固定出費とそうでない出費の区別

をしっかりつけることです。

クレジットカードを使わない派の方は、現金に置き換えて考えていただければと思います。

1. 絶対必要なものはまとめて買い込んでおく

絶対必要なものはまとめ買い

どんなに節約したくても、毎月必ず買わなければならないものってありますよね。

私の場合、

毎月絶対に買うものはクレジットカードで

買うようにしています。

1か月の出費を管理しやすいよう、

カードの締め日明けすぐに買いにいく

ことがほとんどです。

現金派なら給料日明けということですね。

そうすると、絶対に必要な出費とそうでない出費のメリハリをつけやすくなります

まず、キッチン、洗濯、トイレ周りの日用品、調味料など、足りないものをチェックしながら

絶対買うものリスト

を作ってみましょう。

買物前に買い物リストを作る

リストを作る理由は買いすぎ防止のためです。

ここでは、絶対に必要なもの「だけ」を書くようにします。

私の場合、底値を求めてあちこち店をハシゴせず、食品も売っているドラッグストアでこれらの買い物をすませます。

必要なものを買っただけで、「ドラッグストアのポイント」と「クレジットカードのポイント」がダブルで付くのでお得です。

ポイント2倍デーのようなものがあれば、そこを「買い物の日」と決めておくのもいいですね。

2. 必要なものをそろえたらクレジットカードはなるべく使わない

必要なものをそろえたら、あとは

クレジットカードの出費をできる限り抑えていく

ことに集中します。

私の場合、生鮮食品はなるべく現金で買うようにしています。

1か月もあれば、途中また必要なものが出てくるはずですが、こまめに買いに行くのではなくこまめに買い物メモをとっておいて、どこかでまとめて買うようにします。

クレジットカードは必要なものだけに使う

ぐらいの気持ちでいるといいかもしれません。

クレジットカードは使わない

3. 「どんなに安くても買わない」と心に決めておく

当初買おうと思っていなかったものが安くなっているのを見つけると、つい買っておきたくなりますよね。

その気持ちは痛いほどわかりますが、ここは自分に厳しく

たとえ安くても出費は出費

と考えるようにしましょう。

ネットショッピングが好きな方は、ショッピングサイトを不必要に見ないようにしてみましょう。

欲しい気持ちは「見る」ことから始まるので、いつも欲しいものばかり見る傾向があるならば、別のところに興味を向ける努力をしてみてください。

そうすれば、出費の嵐となる春から夏の時期をどうにか乗り切ることができるでしょう。(執筆者:木山 由貴)

ちょっと働いてみませんか? 仕事探しはインディード!