使っちゃいけない…と思いつつ、買い物へ行くとついつい買いすぎてしまうっていうことありませんか?

節約しようと頭では考えていても、手がいうことを聞かないというか、

「なんだか軌道に乗らないなぁ」

とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

浪費体質になってしまったことに気づいたら、今こそ体質改善のときです!

そんなときは、まず頭の中に組み込まれてしまった

「浪費プログラムを解除する」

ことからスタートしましょう。

ついつい買いすぎちゃった

使いはじめると止まらなくなってしまう浪費のワナ

まずは浪費のサイクルについて考えてみましょう。

私の場合、

節約が軌道に乗り始めたころが一番危険

です。

「最近順調に節約できてるからちょっと贅沢しちゃおうかな~」

と思ったらもう浪費スイッチオン。

今だけ今日だけ今月だけ

という「~だけ」は、私にとっては魅惑の言葉です。

「そう? じゃあお言葉に甘えて買っちゃおうかしら?」

なんて、自分の心と都合よく話をつけてしまうのです。

私がついつい浪費してしまった理由

たまの「プチ贅沢」って、カラダにしみわたるような満足感がありますよね。

「プチ贅沢」は浪費ではなく、健やかに生きるための必要経費だと思います。

プチ贅沢してお寿司

ただ、ちょっと疲れているときに自分に甘くすると、さらなる満足感を求めて新たなプチ贅沢に手を出したくなるのです。

1回だけのつもりが、

「この3日だけ、1週間だけ、えーい、この際1か月!」

と、どんどん「ぜいたく可能期間」が延長されていきます。

そうして私の浪費サイクルは、安定に向けて順調に回り出してしまいました。

1か月も浪費状態が継続すれば、自分でも気づかないうちに、生活水準はすっかりランクアップ。

こうなると元に戻るのはひと苦労です。

「明日こそは明日こそは」で、まるで始まらないダイエット

浪費からなかなか抜け出せなかったのは「明日こそ」の精神があったから。

「今日まではしょうがない」と問題を少しでも先延ばしにしようとすると、次の日もまた先延ばしです。

これじゃあ続かないどころか、なかなか始まらないダイエットと同じです。

ここから抜け出すためには、自分で自分の背中を押すしかありません。

ということで体質改善へと一念発起

すっかり浪費体質になってしまったら、

行動すべきは明日ではなく「今」
です。

何からスタートすればいいかわからないなら、まずは

すぐ買い物に行かずに今あるもので何とかする
を最優先にしてみましょう。

浪費体質のまま買い物に出れば、かなりの確率で買いすぎてしまいます。

どうしても足りないものがあれば、足りないものだけを買いに行きましょう。

少々効率が悪くても「ついでに買う」はなるべくなしが効果的です。

まずはこれを最低3日間徹底してみてください。

3日できたら、1週間、2週間と期間を延長していきましょう。

要するに、浪費体質になっていった経緯を節約でやればいいということですね。

私もそのようにして浪費体質を少しずつ改善していくことができました。

節約が軌道に乗るまでは自分との闘いですが、軌道に乗ればもっと楽になっていくはずなので、ぜひトライしてみてくださいね。(執筆者:木山 由貴)