使い勝手抜群の「脱臭炭ニオイとり紙」 生活のさまざまな臭い対策に便利な使い方5つ

生活していく中で、さまざまな「臭い」が発生しますよね。

臭い対策として、消臭剤を使うのが効果的ですが…

「置き場所がかさばるし、捨てるのがとても面倒」

「用途や置き場所ごとに買うとお金がかかる」

消臭剤って置き場所とりますよね


など、悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか?

そんな悩みを解消すべく、我が家では「脱臭炭 ニオイとり紙」が活躍しています。

2017年3月の発売以降、50万個以上販売した人気アイテムです。


ここでは、脱臭炭ニオイとり紙の便利な使い方についてご紹介しています。

臭いでお悩みの方、ぜひ一度お試しくださいね。


ペーパータイプだから、使い道は無限大!

脱臭炭ニオイとり紙の最大魅力は、液体や固形ではなく、ペーパータイプであるという点です。

紙なので場所をとりませんし、形も自由自在。

丸めてもよし、敷いてもよし、用途にあわせて使い方を変えることができます

中には、「ただの紙なのに、ちゃんと臭いがとれるの?」

と疑問に思う方もいるかと思います!

この脱臭炭ニオイとり紙は、ただの黒い紙ではないです。

紙には、強い脱臭効果をもつことで有名な「備長炭」が配合されています

紙タイプにすることで、表面積を大きくすることができ、使い易いだけでなく、強力な消臭効果を発揮することができるのです。

トイレットペーパーのようなロールタイプで、ミシン目もついているので、使いやすさも抜群

1個あたり300円~500円ぐらい(楽天やアマゾンで売られている金額)とコスパも最高なので、もったいぶらず、幅広い用途に使うことができます。


私がおすすめする、便利な使い道5選

1. 靴箱の消臭、除湿に



「玄関からいや~な臭いがする…」

それは、靴箱に臭いが原因です。

どんなにキレイにしている玄関でも、悪臭が漂っていては残念な印象になってしまいます。

一度ついてしまった靴の臭いはとても頑固なので、洗ってもなかなかとれません。

そんな時に、脱臭炭ニオイとり紙が有効です。

使っていない靴や臭いが気になる靴には、脱臭炭ニオイとり紙を丸めて、靴の中に詰めましょう

紙が臭いだけでなく湿気も吸着してくれるので、臭いだけでなくカビ予防にもなります

また、我が家では靴箱にも一工夫。

靴箱に紙を敷いて、靴箱全体も脱臭しています


靴箱が汚れてしまうのも防ぐことができるので、一石二鳥です!

2. オムツの臭い防止に



子育て中のご家庭なら、誰もが「オムツの臭い問題」に頭を抱えているのではないでしょうか?

我が家でも、使用済みオムツを1つずつビニール袋に入れる、ゴミ箱に消臭剤を吹きかけるなど、いろいろな対策を試してきました。

しかし、手間がかかるわりに思ったほど効果がありませんでした。

そこで最終的に落ち着いたのが、脱臭炭ニオイとり紙です。

使用済みオムツを、脱臭炭ニオイとり紙でくるんでから、ビニール袋に入れて捨てるようにしたところ、おしっこの嫌な臭いが少し軽減されたんです。

脱臭炭ニオイとり紙で包むことによって、おしっこの水分もしっかり吸収してくれるので、臭いを予防することが可能になります。

「まったく臭いがしなくなる」というわけではありませんが、臭いがとくにきつくなる夏はより効果が感じられました

3. 生ゴミの臭い防止に


生ゴミの臭いは、どんなに気を付けていても避けられないものですよね。

新聞紙でくるんだり、すぐ捨てるようにしても、夏はとくに臭いの発生が避けられません。

そんな時、脱臭炭ニオイとり紙を使えば、生ゴミ臭が緩和されますよ。

脱臭炭ニオイとり紙で生ゴミをしっかり包み、ビニール袋に入れて捨てると効果的です

生ゴミは水分量が多いので、紙は惜しみなく多めに使いましょう。

臭いの強い生ゴミがあるときは、いつもよりさらに多めだと効果的です。

商品説明には、「濡れた生ごみに包んで」書いてありますが、個人的にはあまり良いと感じませんでした。

その理由は、生ごみは水分が多いため、脱臭炭ニオイとり紙もかなりの量を消費してしまうからです!


脱臭炭ニオイとり紙の材質は、トイレットペーパーに似ています。

4. 冷蔵庫の消臭に


冷蔵庫はいろいろな食材の臭いがしますよね。

一度染み込んでしまった臭いは、いくら掃除をしてもなかなか取れるものではありません。

冷蔵庫用の消臭剤も試しましたが、それ以上に消臭効果があったのが脱臭炭ニオイとり紙でした。

使い方はとても簡単。紙を丸めて冷蔵庫内に置いておくだけです。

これだけで、臭いが多少緩和されました。

5. もちろん拭き取り掃除にも


良いのはこれだけじゃありません。

脱臭炭ニオイとり紙は掃除にも使えるんです。

冷蔵庫内は思っている以上に汚れやすく、特に野菜室は野菜くずや汁などがたまりやすいです。

脱臭炭ニオイとり紙でふきとれば、清潔に保てるだけでなく防臭することができるので、とても重宝しています。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈»筆者の記事一覧 (85)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
消臭剤って置き場所とりますよね
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ