ホームセンターはもちろん、100円ショップでも手軽に購入できる「突っ張り棒」。

カーテンをとりつけて目隠しするのにかかせないアイテムですよね。

ですが、突っ張り棒の一番の魅力は「収納力」なのです。

今回は、私が自宅で行っている「突っ張り棒の収納術」を写真付きで紹介します。

突っ張り棒は、種類が豊富

突っ張り棒には、「長さ別」でたくさんの種類があります。

私の近所にあるダイソーにも、18cmの短いものから、200cmまである長い突っ張り棒がありました。

10種類ほど取り揃えてありましたが、品ぞろえの多い店舗の場合は、よりたくさんの種類を購入できるところもあるようです。

また、突っ張り棒の種類は長さのほか、「重量」があります。

通常サイズの突っ張り棒は、大抵1~2kg程度が限度ですが、さらに強力なものは10kg以上の重量にも耐えられるタイプもあります。

その分、突っ張り棒の値段も高くなるのですが、ダイソーなら一番高いものでも400円

ホームセンターで購入するよりはるかに安いので、コスパも最高なんです。

突っ張り棒は、デッドスペースをうまく活用できる

突っ張り棒は、インテリアにも活用できるとても万能な商品ですが、何よりも優れているのが「収納力」です。

突っ張り棒をうまく活用することで、デッドスペースに収納空間を生み出せます

どんなにわずかな隙間でも見逃さず有効活用できるので、我が家のように収納の少ない賃貸で生活している人にもおすすめです。

我が家流!100均突っ張り棒の収納術

私が自宅で行っている、突っ張り棒を使った収納術をご紹介します。

キッチン収納棚


突っ張り棒のほか、色々なアイテムを組み合わせて作ったキッチン収納棚です。

自分が使いやすいようにカスタマイズできるので、使い勝手は抜群です。

ちなみに、突っ張り棒以外の、フック、ワイヤーネット、結束バンド、カゴ、これらすべてダイソーで購入したものです。

突っ張り棒の購入費を合わせても、トータルで900円しかかかっていません。

たったの1,000円で、これだけ機能的な収納棚ができるのは、とてもお得ですよね。

また、使って2年経っていますが、突っ張り棒がズレたり、収納棚が壊れてしまったことは一度もありません。

物入れのデッドスペースに、頑丈な収納棚を


収納が少ない我が家。

物入上部のデッドスペースに、突っ張り棒で収納棚を作りました。

キッチン収納棚でも利用したワイヤーネットを、ここでも活躍しています。

突っ張り棒は、ダイソーで一番頑丈な1本400円の太いものを3本使用。

おしりふきやティッシュ、キッチンタオルなど、普段色々なものを置いていますが、崩れてきたことはありません。

材料費は1000円を超えますが、頑丈な棚が1つ確保できることを考えれば、安いものだと思います。

トイレットペーパーの収納


トイレットペーパーって以外と場所を取りますよね。

トイレットペーパーホルダーもおしゃれで便利なのですが、案外数が入りません。

結局、収納できなかった分は別のところに収納していたので、効率が悪いなぁと思っていました。

この収納方法なら、突っ張り棒1本でたくさんのトイレットペーパーが収納できるのでとても効率的です。


足りなければ、写真のように2段にすればOK!

また、我が家には小さな子どもがいるのですが、トイレットペーパーをいじってボロボロにするのも悩みでした。

ですが、この収納方法にしてからは子どもが届かないので、触るのを阻止できるようになりました。

子育て中のご家庭にもぜひおすすめしたい収納術です。

洗濯機上部にも簡易的な棚を


洗濯機を置くスペースが狭く、ラックが置けないときは、この収納棚が便利です。

洗剤や洗濯ネットなど、必要だけどそこまで場所をとらないものを置くスペースは突っ張り棒2本とワイヤーネット、たったこれだけでつくれます。

制作費わずか300円!ラックを購入するよりも簡単でコスパも良いのでおすすめですよ。

洗面台下、スプレー系洗剤収納


洗面台の下は、買い置きの洗剤や普段あまり使わない洗剤などでゴチャゴチャしがちです。

そんな時は、つっぱり棒1本でスプレー系洗剤をスッキリ収納!

ノズルの部分を突っ張り棒にひっかけるだけで、キレイに収納できますよ。(執筆者:三木 千奈)