つみたてNISAの「地雷投信」を大暴露! 素知らぬ顔で金融庁のチェックを通過してしまった信託が紛れ込んでいる

目次

国のお墨付き、でも地雷はあった! 匿名プロが大暴露

地雷投信の積み立てNISA


つみたてNISAで選べる投資信託は、金融庁の厳しい条件をクリアした長期資産運用に適したもの。

しかし、その「厳しい条件」をクリアしているからといって、すべてをおススメできるわけではない。

つみたてNISA全147本の中には、金融庁のもうけたゲートを素知らぬ顔で通過してしまった「地雷」が紛れ込んでいるのだ。

ここでは、匿名を条件に複数のプロが教えてくれた、つみたてNISAの地雷投信を大暴露していく。

※本企画で掲載した投資信託はあくまで識者個人の意見を反映させたものです。皆様にとっておススメできないというものではありません。
※各ファンドのデータは2018年5月10日時点のものです。

地雷ジャンル1:低実績… 運用成績が悪い!

コンセプトに逃げており、結果を出せていない

「社内の持続的発展に貢献できる企業」を対象に投資するというコンセプトはいいのだが、過去5年のトータルリターン(年率)は9.23%と奮わない。

× 結い2101(鎌倉投信)


個人投資家コメント:同カテゴリの投信でブービー
個人投資家のコメント


5年リターン


7.33%

3年リターン


6.04%

DATA


基準価格:1万9,482円
純資産総額:357億8100万円
信託報酬:1.08%
販売会社:鎌倉投信

 ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス)


5年リターン


20.49%

3年リターン


18.62%

DATA


基準価格:4万2,385円
純資産総額:5972億8300万円
信託報酬:1.058%
販売会社:SBI証券、楽天証券など



地雷ジャンル2:高信託報酬… 他の投信と比較して信託報酬が高い!

同じベンチマークでも信託報酬3倍

同じ日経平均やTOPIXをベンチマークとする投信でも、信託報酬が3倍以上違うことがある。

単純比較できないが、基本的にベンチマークに連動するので結果は近くなる可能性が高い。

個人投資家コメント:インディックス型は信託報酬を基準に選択すべし
個人投資家のコメント


× 朝日ライフ 日経平均ファンド(朝日ライフアセットマネジメント)


信託報酬0.54%

DATA


基準価格:1万273円
純資産総額:22億9300万円
信託報酬:0.54%
販売会社:SBI証券、楽天証券など

× ニッセイTOPIXオープン(ニッセイアセットマネジメント)


信託報酬0.54%

DATA


基準価格:1万1215円
純資産総額:159億2200万円
信託報酬:0.54%
販売会社:SBI証券、楽天証券など

以下は同じベンチマークで信託報酬が3分の1以下!

 eMAXIS Slim国内株式 日経平均(三菱UFJ国際投信)


信託報酬0.17172%

DATA


基準価格:9,617円
純資産総額:2億3300万円
信託報酬:0.17172%
販売会社:SBI証券、楽天証券など


 eMAXIS Slim国内株式 TOPIX(三菱UFJ国際投信)


信託報酬0.17172%

DATA


基準価格:1万1,764円
純資産総額:23億8900万円
信託報酬:0.17172%
販売会社:SBI証券、楽天証券など


地雷ジャンル3:ハイリスク・ローリターン… リスクとリターンが合っていない

「積極型」だが、その積極性が結果に結びついていない。

過去5年のトータルリターン(年率)は8.55%と、とっているリスクに対してリターンが見合っていない。

さらに為替ヘッジなし


リスクが高いうえに、為替ヘッジがないので、為替リスクももろに抱え込むことになる。

× のむラップ・ファンド 積極型(野村アセットマネジメント)


DATA


基準価格:2万054円
純資産総額:234億2200万円
信託報酬:0.54%
販売会社:SBI証券、楽天証券など


地雷ジャンル4:フェイクアクティブ… インデックス型と差がない「なんちゃってアクティブ型」

これなら信託報酬の安いインデックス型の方が…
実際のポートフォリオの組み入れ上位がインデックスファンドとあまり変わらない「なんちゃって」アクティブ型投資信託の典型。

これなら信託報酬の安いインデックス型で十分。

×【アクティブ型】ニッセイ日本株ファンド(ニッセイアセットマネジメント)


DATA


基準価格:2万3,763円
純資産総額:863億5500万円
信託報酬:1.08%
販売会社:SBI証券、楽天証券など

 【インデックス型】 ニッセイTOPIX インデックスファンド(ニッセイアセットマネジメント)


DATA


基準価格:1万1,571円
純資産総額:169億2100万円
信託報酬:0.17172%
販売会社:SBI証券、楽天証券など




地雷ジャンル5:新興国比率… 新興国比率が高く「初心者向け」ではない

初心者向けとして紹介されることが多いが実はリスクは高め
「(世界経済全体の発展を享受すべく)各資産の組み入れ比率は地域別のGDPを参考に決定」という投資方針は聞こえは良いが、新興国の比率が高いという点は注意が必要。

× 世界経済インデックスファンド(三井住友トラスト・アセットマネジメント)


個人投資家コメント:不安定な新興国に引っ張られる可能性あり
個人投資家のコメント


DATA


基準価格:2万2,144円
純資産総額:552億2100万円
信託報酬:0.54%
販売会社:SBI証券、楽天証券など

※新興国割合が30%と多め

iDeCoの地雷投信はなくなる? これまでより厳選された商品が増える!?

「iDeCo」はつみたてNISAと同じく運用益が非課税になるほか、拠出する掛金が所得控除になります。こちらもチェックしてみます。

扱える商品上限が35本へ!

売れていない「地雷」は削られる可能性

「多すぎて消費者が選べなくなる」という厚労省の指示により、5年以内に一つの金融機関で扱えるiDeCoの商品数は最大で35本に制限されることになった。

その結果として、iDeCoの「地雷投信」は減る可能性が高い。

SBI証券
取扱商品数 67本 → 32本削減

岡三証券
取扱商品数 41本 → 6本削減

例えばSBI証券では、新商品を追加するにはさらに削減して枠を広げる必要がある。

まだ枠が残っている会社の方が良い新商品を追加できる可能性がある。

個人投資家コメント:他社も新商品は慎重に検討したものを追加することになりそう
個人投資家のコメント


(提供:MONOQLO the MONEY(モノクロ・ザ マネー))

この記事を書いた人

MONOQLO the MONEY(モノクロ・ザ マネー) MONOQLO the MONEY(モノクロ・ザ マネー)»筆者の記事一覧 (4) http://www.shinyusha.co.jp/media/monoqlo-the-money201806/

コンセプトは「マネできる本音のマネー誌」。株式会社晋遊舎発行の隔月刊の総合マネー誌。偶数月21日発売、7万部発行。株式投資や投資信託、クレジットカード、保険などお金にまつわるあらゆるジャンル・記事を「広告なし」で掲載。そのため多数のお金のプロが厳選する各ジャンルのオススメの商品は、ベスト商品だけでなく他のマネー誌にはないオススメできない「地雷・ワースト」商品も実名で掲載しているのが特徴。創刊第2号の2018年8月号は6月21日(木)発売予定。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
地雷投信の積み立てNISA
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ