株主優待の「居酒屋銘柄」3選 店舗でも商品と交換して自宅でも楽しめる銘柄を紹介

お酒と食事が楽しめる居酒屋ですが、お仕事帰りなどに利用される方も多いのではないでしょうか。

居酒屋を展開する企業では株主優待を実施しているところも多く、こちらを利用して店舗で飲食を楽しむことができるため、優待人気も高いです。

居酒屋銘柄3選

一方、

子ども連れではちょっと抵抗がある

タバコの煙が気になる、

車通勤などのためなかなか立ち寄れない…

などの理由で監視銘柄から除外している場合もあるかもしれません。

実は、居酒屋銘柄のなかでも、店舗で利用するのみでなく商品と交換して自宅で楽しめる銘柄もあるのです。

今回は、商品と交換できる「居酒屋優待」をご紹介したいと思います。

株価他数値は、5/11(金)終値時点でのYahoo!ファイナンスの株価より算出しております。

なお、株式購入の際は、最低購入金額の他に証券会社の手数料が別途かかります。

(1) 宅呑み向けのラインナップ! チムニー

居酒屋「はなの舞」、「さかなや道場」など、さまざまなチェーンを運営するチムニー

≪画像元:チムニー

居酒屋「はなの舞」、「さかなや道場」など、さまざまなチェーンを運営するのが「チムニー(3178)」です。

「チムニー」では株主優待を実施しており、保有株数に応じて優待食事券もしくは食事券をいただくことができます。

100株保有でいただける「優待食事券」は1回につき1人1枚利用可能であり、500株以上保有でいただける「食事券」は1回につき複数枚同時に利用できるとのことです。

優待食事券の場合は、大人数の飲み会で利用しやすいかもしれませんね。

そして、この「優待食事券」10枚または「食事券」10枚を企業に返送することにより、商品と交換することもできます

商品のラインナップは、100株保有の場合、

・ お米
・ 干物
・ ちゃんこ鍋セット
・ チャーシュー
・ 焼酎
・ ワイン

の6種類(2017年9月期)

となっており、お店の味を自宅で楽しめるのもいいですが、毎日の食卓でなくてはならないお米が入っているのも助かります。

チムニー(3178)

・ 株価 2,867円
・ 最低購入金額 28万6,700円(100株)
・ PER 32.71 PBR 3.29     
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 23.00円/年
・ 配当利回り 0.80%

株主優待

100株以上 食事優待券 500円券 10枚
500株以上 食事券 500円券 30枚

(2) バラエティーにとんだ優待品! 大庄

大衆割烹「庄や」や「日本海庄や」、「やるき茶屋」などのブランドを展開している大庄

≪画像元:大庄

「大庄(9979)」は居酒屋の大手チェーン企業で、大衆割烹「庄や」や「日本海庄や」、「やるき茶屋」などのブランドを展開しています。

既存店の売上は厳しい状況ですが、人件費抑制を進め営業利益が改善されているもようです。

今後は複数業態を集めた横丁業態の開発に力をいれていくとのことです。

「大庄」では株主優待を実施しており、保有株数に応じて、店舗で利用できる優待券もしくはカタログ商品と交換することができます

カタログ商品は、100株保有の場合、

お米やパンなどの主食系のほか
明太子や漬け魚、数の子
豚肉の味噌漬けなどのおかず系
レトルトカレーや餃子などの惣菜
ぜんざいやせんべい、アイスクリームなどのおやつ
ミネラルウォーター
お酒

さまざまなジャンルにわたる16種類にもおよび(2017年8月期・優待券含む)、選ぶのに迷ってしまいそうなほど充実しています

大庄(9979)

・ 株価 1,743円
・ 最低購入金額 17万4,300円(100株)
・ PER 360.87 PBR 1.65     
・ 権利確定月 2月末・8月末
・ 配当 14.00円/年
・ 配当利回り 0.80%

株主優待

優待飲食券(500円券)または産地直送の特産品

100株以上  5枚
500株以上 10枚
1,000株以上 20枚

(3) 自社農場の商品がいただける! ワタミ

居酒屋「和民」、「わたみん家」、「ミライザカ」などを展開するワタミ

≪画像元:ワタミ

居酒屋「和民」、「わたみん家」、「ミライザカ」などを展開するのが「ワタミ(7522)」です。

居酒屋チェーンのほか、高齢者向け宅食サービス「ワタミの宅食」や農産物を生産する「ワタミファーム」なども運営しています。

一時期、さまざまな問題を抱え業績が低迷していましたが、外食部門では業態転換が功を奏し回復傾向にあるようです。

「ワタミ」では株主優待を実施しており、保有株数に応じて、自社グループ店舗もしくは宅食事業で利用できる優待券をいただくことができます

また、こちらの優待券はワタミファームの農産物を使用した商品と交換することもでき

・ アイスクリーム、
・ キャロットジュース、
・ 二八そば、
・ お米

の4商品から選べます(2017年9月期)。

ただし、カタログ商品を希望する場合、

優待券到着から返送締め切りの期日までが1か月前後と短いこと

お米と二八そばは数量限定のため抽選になる可能性があること

が挙げられますのでご注意ください。

ワタミ(7522)

・ 株価 1,510円
・ 最低購入金額 15万1,000円(100株)
・ PER 589.84 PBR 3.62     
・ 権利確定月 3月末・9月末
・ 配当 5.00円/年
・ 配当利回り 0.33%

株主優待

優待券(500円)

100株以上  6枚
300株以上 12枚
500株以上 18枚
1,000株以上 24枚

さいごに

各企業の「配当 + 優待利回り」を算出すると、チムニーが約4.3%、大庄が約3.7%、ワタミが約4.3%、といずれも高い利回りであり、居酒屋銘柄人気を裏付ける数値となっております。

優待を店舗で利用するのか、または自宅で利用するのか、どちらがお得に感じるのかは各株主の生活環境によって異なるかもしれませんが、選べるのは大きな利点ですよね。

株価その他の情報は変更される場合があります。

ご自身でご確認の上、自己責任で投資いただきますようお願いいたします。(執筆者:吉井 裕子)

この記事を書いた人

吉井 裕子 吉井 裕子»筆者の記事一覧 (80)

東京近郊在住の兼業主婦で小学生の息子がおります。スターバックスの優待欲しさに2009年頃から株式投資を始めて以来、株主優待の魅力にはまり、現在までに取得したことのある銘柄は50種類以上です。カリスマ優待投資家様には及びませんが、株主優待の楽しさをお伝えできれば良いなと思います。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
居酒屋銘柄3選
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ