あなたのスマホ代金は月いくらですか?

あなたのスマホは月いくら?

節約したいなら必ず手をつけるべきなのが「スマホ」です。

ほとんどの人が所有し使っているスマホ、代金も決して安くはありませんが、工夫次第で今の半額以下になります。

ほとんどの人は

・ docomo
・ au
・ SoftBank

の大手キャリアのスマホを使用しているのではないでしょうか。

このスマホ代、どんなに安いプランを選んでも月額5,000円以上はかかります。

ちなみに各社のプランを比較してみましょう。

docomo

カケホーダイライトプラン 1,700円+SPモード 300円+データ5GB 5,000円 = 7,000円

au

スーパーカケホ 1,700円+LTE NET 300円+データ定額5GB 5,000円 = 7,000円

SoftBank

スマ放題ライト(基本使用料)2,160円+データ定額5GB 5,400円 = 7,160円

以下、分かりやすくするため、各種割引や端末代金を除き、5GBのプランで契約した場合の金額です。

どの会社で契約しても毎月7,000円はかかることが分かります。

1か月 7,000円
1年 8万4,000円
10年 84万円

この先もずっと使い続けることが確実なのがスマホ。

かなり大きな出費ですよね。

格安SIMに変えてみない?

格安SIMに変えてみない?

ところで、格安SIMやMVNOという言葉を聞いたことはありませんか?

これは、新しく移動体通信事業に参入してきた会社のことです。

Y!mobilやUQモバイルなどが有名ですが、他にもたくさんの事業者があります。

これらの通信会社の特徴は、とにかく安い料金プランです。

5GBまたは6GBで通話もできる契約をした時の料金

・ LINEモバイル 2,200円

・ OCNモバイルone  3,000円(10分かけ放題、6MB)

・ BIGLOBEモバイル 2,150円(6GB)

・ BICモバイルONE 2,150円(6GB)

格安SIMは電話かけ放題になっていないことが多く、通話は話した分だけ料金が請求されることがほとんどです。

しかし

「電話はLINEですませる」

「あまり電話しない、ネットやメールが中心」

という人なら、とってもお得!

docomoやauなど、キャリアのスマホと比べると半額以下で使えるのです。

5年使った場合

・ docomo 月額7,000円×12か月×5年 42万円

・ LINEモバイル 月額2,200円×12か月×5年 13万2,000円

・ OCNモバイルone 月額3,000円×12か月×5年 18万円

通話無料が付いていない格安SIMなら、5年使うと約30万円の節約です。

無料通話が10分付いているOCNモバイルoneを選んだ場合でも、24万円も節約できます。

1台変えるだけでこの金額。

もし家族全員が変えたら……?

浮いたお金で海外旅行に行けちゃいます。

格安SIMってちゃんと使えるの?

格安SIMでもちゃんと使えます

「安いことは分かったけれど、品質は大丈夫?」

そんな不安を抱える人も多いでしょう。

けれど問題ありません。格安SIMの会社が使っている電波は、実はキャリア(docomoやau)の電波なのです。

キャリアの電波をそれぞれの会社が借りてサービスを提供しているため、キャリアの電波が届く場所なら格安SIMでも電波が届きます

特に「速度が遅い」「つながらない」ということもありません。

これだけ値段の差が出てくる格安SIMのスマホ。

5,000円ほど費用はかかりますが、電話番号はそのままで契約する会社だけ買えるMNPという制度もあります。

できるだけ早く格安SIMに変え、スマホ代を節約しましょう。(執筆者:草間 綾子)