「どっか、連れてって~」

どこかへ連れて行って

夏休みや冬休み、はたまた3連休となる休日。

子どもたちから「旅行に行きたい!」とせがまれている家庭が多いのではないでしょうか。

注目を集めている民泊を使うと、できるだけ安く済ませることもできます。

リーズナブルに旅行する方法をお伝えします。

民泊ってなに?

民泊というのは、ホテルや旅館ではなく一般の人が貸してくれる部屋に泊まることです。

民泊にもいろいろ種類があります。

・ 1軒の家をまるごと貸してくれるタイプ

・ アパートやマンションの一戸分のスペースを丸ごと貸してくれるタイプ(たとえば101号室全部など)

・ ホームステイ形式で1部屋だけ借り、お風呂やトイレは共同というタイプ

などさまざまです。

ホテルではないのでルームサービスなどを頼むことはできませんが、1つの家や部屋を自分の家のように使えるのが魅力です。

また、インテリアにこだわったおしゃれな物件も多く、まるでその町に住んでいるかのような感覚で過ごせます。

丸ごとタイプは自宅気分

家族旅行でおすすめなのは、一軒家丸ごとタイプか、マンションなどの一戸丸ごとタイプ。

このタイプのお家だと家じゅうが自由に使えます。

食費の節約にもなります

朝食はホテルのバイキングで済ませるとしても、昼食と夕食を外食、それも数日となるとかなりの出費ですよね。

ところがキッチンが使える宿泊施設に泊まれれば、自炊すれば良いのでとても安上りです。

また、借りた家で食事ができれば、子どもが騒いでも他の人に迷惑をかけている心配をせずにゆっくり食事ができます。

食べた後、そのままごろりと横になって寝てしまってもOKです。

さらに民泊で一軒家を借りれば、洗濯機があることも多いので、洗濯もできてしまいます。

この点も助かりますよね。

ホテルと民泊の値段を比較

ホテルに泊まった場合と民泊を利用した場合の値段を比較してみましょう。

ここでは、沖縄県那覇市に4人家族で8月3日~6日の日程で3泊した場合として計算してみます。

3つ星ホテル

沖縄の3つ星ホテル

≪画像元:ホテルオーシャン≫

国際通りに近いホテルオーシャン国際通り(3つ星ホテル)で5名用のファミリールームを予約すると1泊当たり約3万3,000円。

3泊で約10万円かかります。

ビジネスホテル

1泊2万円前後しますので、3泊6万円はみておきたいところ。

民泊

沖縄の民泊

≪画像元:Airbnb≫

国際通りから徒歩7分、一軒家(寝室3つ、ベッド7台)の家が1泊約1万1,000円。

3泊で清掃料サービス料込、約4万6,000円で宿泊できるのです。

3つ星ホテルと比べたら、3泊で約半分の値段です。

この清掃料というのがポイントで、民泊では個人の家を借りるというシステムのため、宿泊料金のほか清掃料がかかります

清掃料はホストによって金額が違うため、その部分もチェックしなくてはいけません。

しかし、清掃料を別途払ったと考えても、これだけ差があると民泊の素晴らしさに心が揺れますよね。

民泊の心構え

旅行中でもお手伝い

民泊は「Airbnb」というサイトに登録すれば、検索と予約ができます。

注意したいのは、個人の家を個人から直接借りるため「友達の家に泊まらせてもらっている」という意識が必要だということ。

・ できるだけきれいに使う

・ チェックアウトするときもゴミをまとめておく

・ 食器はきれいに洗っておく

などの心遣いが必要です。

家族ででかけて、片付けや掃除を一緒にするのもステキな経験なり、今後にも役立ちます。

「お値段」と「自由度」を考えると、とってもお得な民泊。

次の旅行で、ぜひ使ってみませんか?(執筆者:草間 綾子)