食料品や日用品、衣類、電化製品やガソリンまで手に入る、大型スーパー「コストコ」

大容量の品物を格安の値段で購入できるのが魅力ですが、一般的なスーパーにはない、「年会費」を支払う必要があります。

年会費は、年間4,400円(税抜)と決して安くはない料金です

「せっかく年会費を支払うのなら、元をとりたい!」

と思いますよね。

そこで今回は、コストコで年会費の元をとるためのコツや、おすすめ商品についてまとめています。

コストコ通の方もコストコに行ったことがない方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

大型スーパーコストコ

≪画像元:コストコ≫

コストコの年会費はなんのためにあるの?

そもそも、コストコで年会費を支払わなければならないのはなぜ? と疑問に思いませんか?

コストコが会員制にしているのには、以下のような理由があります。

・ 年会費をいただくことで、商品の価格を安くしている
・ 商品保証制度を手厚くしている

年会費を支払うことで、1個あたりのコストを抑えています。

コストコはいわば「共同購入」のような意味合いもあるようですね。

また、コストコが他スーパーと大きく違うのは、商品保証がかなり手厚いという点があります。

返品については期限を設けていないため、無期限で返品が可能。

普通なら、一度開封してしまった商品の返品は原則できないのが一般的です。

しかし、コストコでは、たとえ食品であっても賞味期限内で、半分以上残っている場合であれば、返品できます。

「食べてみたけれど、味が好みじゃなかった」

「試着したけれどサイズが合わなかった」

など、どんな理由であっても、一定の基準を満たしていればいつでも返品できるのはうれしいですよね。

コストコで元を取るには、いくら買えば良いの?

コストコで元を取るにはどうしたらいい?

では、コストコで最低いくら分購入すれば元が取れるのかを計算してみましょう。

コストコで販売されている商品は、地域にもよりますが、私が普段買い物をしていて、1.5~2割ほど安いと感じています。

今回は、少なく見積もって、1割で計算してみます。

コストコ年会費4,752円 ÷ 10% = 4万7,520円

となり、元をとるためには、最低でも年間4万7,520円分の買い物をする必要があります。

念のため、少なく見積もって計算しているので、この金額を超えれば、ほぼ間違いなくお得に利用できると言えるでしょう。

4万7,520円と聞くと、「高い!」と思う人も少なくないかと思いますが、あくまで年間です。

1か月に換算すると、4万7,520円 ÷ 12なので、3,960円

月に1度コストコへ行けば、クリアできる金額ではないでしょうか。

コストコで「さらに元をとりたい!」という方は

・ コストコ以外のスーパーはできるだけ利用しない
・ クレジットカード決済でポイントをゲットする
・ その日お買い得に商品を狙う

など工夫をすると、さらにお得な買い物ができますよ。

コストコでしか売っていない商品も、他では購入できない特別感があるのでおすすめです。

 ≪関連記事≫「コストコ」でしか売っていないものを狙え 筆者おすすめの便利でお得な商品5選

元をとりやすい、コストコお得商品3選

ピザ

デリバリーピザを頼むよりコスパのいいコストコのピザ

≪画像元:Costcost21≫

大きさはなんと、直径40cm! 丸型の巨大ピザが1,500円程度で購入できます

デリバリーピザを頼むより、各段に安いので、コスパは最高です。

写真は、パンツェッタ&モッツァレラのピザになります。

店舗によりますが、ぜいたくなシーフードのピザや、チーズたっぷりピザなど、同じ値段でいろいろな種類のピザがあるので、好みの味を選ぶこともできます。

イートインコーナーでは、同じ値段で焼かれているものを購入することも可能なので便利ですよ。

ピザのお持ち帰りコーナーもあります

≪画像元:コストコ≫

さくらどり 国産鶏むね肉 2.4㎏

胸肉であってもしっとりしているさくらどり

≪画像元:Costcost21≫

コストコの人気商品としてお馴染みのさくらどり胸肉。

肉質がやわらかいことが特徴のさくらどりは、胸肉であってもしっとりしているので、下処理をしなくてもおいしく食べられます

2.4kgですが、4つのパックに小分けされているので使い勝手も抜群。冷凍も解凍もそのままできます。

通常スーパーでは、100gあたり70~80円程度で販売されていますが、このさくらどり胸肉は、100gあたり50円程度!

味もコスパも間違いないおすすめ商品です

バウンティ キッチンペーパータオル2枚重ね

1枚が大きいので、使い勝手がとても良いキッチンペーパータオル

≪画像元:Costcost21≫

1ロールだけの購入は高い、と感じる方もいるかもしれませんが、一度使ってみればこの商品の良さがきっとわかります

2重になっているのはもちろん、1枚が大きいので、使い勝手がとても良いです。

キッチンペーパーは、つい何枚もつかってしまいがちですが、この商品なら最低限の枚数で十分。

値段は高くなりますが、さらにお得な大容量パックもあるので、そちらもおすすめですよ。(執筆者:三木 千奈)