【相続ドラマ】「遺産隠し」から相続争いは始まる 遺産分割の手順は、財産目録の作成から»マネーの達人

【相続ドラマ】「遺産隠し」から相続争いは始まる 遺産分割の手順は、財産目録の作成から

1,000万円貰えるかも?

遺産相続で1000万円もらえるかも


父が亡くなり、四十九日法要も終え帰ろうとした時のことです。

兄の真一さんが弟の博さんを呼び止め、遺産分割のことを話しておきたいという。

父の相続人は、兄と弟の二人。

兄・真一さんの分割案は…
親父の財産は、
この自宅の不動産が2,000万円
預金が1,000万円
合計で3,000万円

・自宅は、父と同居していた兄が相続
預金1,000万円は、弟が相続


その時の弟・博さんの気持ち

相続する1,000万円を法定割合でみると、3,000万円 × 1/2=1,500万円

本来なら、あと500万円(1,500万円 ― 1,000万円)は兄が自宅を売却してでも請求できると、先日テレビでやっていました。
「まっ、ここは兄に花を持たせてあげるか」
と、分割協議書に判を押しました。


兄の説明によると…

不動産(2,000万円)+ 預金(1,000万円)= 3,000万円。

葬儀のため直前に出した現金(200万円)をたして、3,200万円。

ここから、葬儀とお寺さんの費用(200万円)をひいて、3,000万円

相続税の基礎控除は、3,000万円 + 600万円 × 2 = 4,200万円。

課税財産は3,000万円なので、4,200万円 > 3,000万円

だから、相続税申告は不要。つまり、相続税もゼロ

遺産相続の勘違い


ところが半年後、税務署からお尋ねが…

一応、回答書を持参し相談に行くと
「2年前にお父さんが土地を売っているのはご存知ですか?
そのお金は何に使われたのですか?」
と聞かれ、真っ青になって帰ってきました。

実は、相続税対策のつもりで2年前に土地売却したのです。

税引き後でも2,000万円がありました。

銀行の方に勧められ投資信託を購入し、名義は父ではなく、真一さんと真一さんの妻名義にしておいたのです。

弟は騙せても、税務署は騙せません。
「土地で持っていると分かってしまうから、売却して現金にしたほうが良い」
といううわさを聞いて、売却したのに…

税務署に土地売却がわかってしまった



何故、税務署に分かるのか

税務署は、土地の売却の情報を調べて所得税の申告を促します

当然、それは相続税の大切な資料にもなります。

つまり、弟の博さんには内緒でしたが、本当の遺産は3,000万円ではなく、
名前を変えた投資信託2,000万円も加えた5,000万円だった
わけです。

兄・真一さんとしては、土地の売却のことは内緒にしておきたかったのです。

実家を守るのにはそれくらいのお金はかかるだろうと。

結局、博さんは、自分の相続した1,000万円は遺産の1/5だったことを知り、何だか騙されたような、損をしたような気がしたのです。

その上、ゼロだったはずの相続税も、真一さんに64万円、博さんに16万円かかることになりました。


打つ手もあった対策だけど…

・生命保険の非課税枠を利用し、終身保険の一時払いに入る。
・非課税の住宅資金贈与や教育資金贈与を活用する。

など手はあったものの、もっと大切なことは、土地売却の事実を兄ではなく、税務署の指摘で発覚してしまったことです。

おかげで博さんは真一さんに不信感をもつ事に。

遺産分割の手順は、財産目録の作成から

遺産相続が、遺産争族にならないように


相続財産を、兄弟間で隠そうとする所から相続争いは始まってしまいます。

遺産分割をする手順は、財産目録の作成し、相続人全員に公開するところから始まります。(執筆者:橋本 玄也)

この記事を書いた人

橋本 玄也 橋本 玄也»筆者の記事一覧

父の死をきっかけに相続に関心を持つ。その後、祖母、母の相続と3回相続を経験。自身の体験から相続人の気持ちがわかるFPです。愛知県の会計事務所にて20年近く相続専門の実務担当として様々な体験をしてきました。遺産分割はこれまで500件以上関わっています。まとまる相続、相続人全員の方から喜んでいただくのを生きがいにしています。おかげさまでこれまで、担当したお客さますべて、全員の合意による遺産分割を行っています。また、相続税申告における土地の評価についても定評があり、多額の還付金請求にも実績があります。老人会、市役所、商工会議所、ハウスメーカー、金融機関、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会等、講師経験豊富です。
<保有資格>:一級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP、宅地建物取引士
【寄稿者にメッセージを送る】

橋本 玄也の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
税務署に土地売却がわかってしまった
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ