年間10万円以上お得になる可能性も 車所有と「カーシェア」や「レンタカー」の出費を比較してみた»マネーの達人

年間10万円以上お得になる可能性も 車所有と「カーシェア」や「レンタカー」の出費を比較してみた

近年急速に増えているのが「カーシェア」。

都内だけでなく地方都市でも、「カーシェア」を利用できるところが増えています。

「車は必要だけれど維持費が高い」と頭を抱えている人におすすめしたいのが、「カーシェア」や「レンタカー」です。

カーシェアリングが増えている



カーシェアってなに?

「レンタカーは分かるけれど、カーシェアって何?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

カーシェアは会員が自由に車を借りられるサービス。

レンタカーと違うのは、月会費がかかるという点と、車は駐車場に停めてあり、借りるのも返却もすべてセルフというところです。

レンタカーは、1回あたりの借りる時間が長いのに対し、カーシェアは15分単位の短い時間での利用が可能

「ちょっとそこまで買い物」というような場面で便利に使えます。

カーシェアリングで、ちょっとそこまで買い物



車を所有するのは、とにかくお金がかかる!

持っていれば何かと便利な車ですが、とにかく維持費がかかります
・車検代
・重量税と自動車税
・自賠責保険
・駐車場代
持ち家で庭に駐車場があるという恵まれた環境にいる人は良いのですが、都会に住んでいると「持ち家だけれど駐車場はない」ということも。

しかも、自宅の近くにちょうど良い駐車場が借りられるとも限りません。

車を所有しているとどのくらいの出費が発生するのかを見てみましょう。

自動車税や重量税は車の大きさによって違うため、目安としてご覧ください。

駐車場は月に2万円のところを借りると仮定した場合です。

以下、車検がある年の値段です。
・車検代 約10万円
・重量税と自動車税 約5万円
・自賠責保険 約2万円
・駐車場代 年間24万円
車を所有するだけで、なんと年間約40万円もの出費になります。

車検がない年も30万円ちかくかかるのです。

車の所有はとにかくお金がかかります



レンタカーやカーシェアを使った場合の費用チェック

もし車を手放し、レンタカーやカーシェアに切り替えた場合は、どのくらい節約できるのでしょうか。

車は休日のレジャーでしか使わない、という人の場合。

レンタカーで月に2回、12時間借りたとします。

日産レンタカーの4人乗り クリッパーリオ チェアキャブ を借りた場合

一般料金で12時間9,500円。月に2回借りても1万9,000円

12時間・約1,300円の保険に都度加入したとして、保険代で年間約3万円

1年で約26万円です。

所有するよりも少し安くなりますね。

日産レンタカーの料金表

≪画像元:日産レンタカー



こまめに何度も使いたい人なら、カーシェアがおすすめ。

タイムズのカーシェアはガソリン代込み、15分206円から。

週に2回、2時間使ったとして1週間で約3,300円。1カ月で約1万3,000円です。

このほか月会費が1,030円かかりますが、これは1,030円分の利用料金として使えるので、カウントしなくて良いでしょう。

年間約16万円で好きなときに車に乗れます。

また、カーシェアは免責補償がついているので、個人で保険に加入していなくても大丈夫です。

タイムズカープラス、カーシェアリングの料金表



まとめ

レンタカーではそれほど費用に差が出ませんが、車両を購入しなくても良いという点と、車検が不要という点で安上りです。

カーシェアを使った場合、車にかかる費用は所有している場合と比較すると約半額!

もちろん利用する頻度によって差は出ますが、「毎日乗るわけではない」という人なら、1年で10万円以上は安くなりそうです。

「あまり乗ってないな」と思う人は、車を手放し、レンタカーやカーシェアの利用を考えてみませんか。(執筆者:草間 綾子)

この記事を書いた人

草間 綾子»筆者の記事一覧 (11)

旅行好きのライターです。旅行費用捻出のために、日々節約に励んでいます。良さそうだと思ったものは、とりあえず試してみる派です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
カーシェアリングが増えている
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ