賃貸でも安い「火災保険」を自分で選ぶことができる。途中解約も可能、今からでも変更できます。

契約時に加入必須「火災保険」

火災保険って高くない?

賃貸物件を借りる際、契約時に加入しなくてはいけないのが火災保険です。

万が一火災を起こしてしまった場合のためなので、納得の上「高いけれど仕方ない」と思って加入する保険ですが、ワンルームの物件でも2年間で2万円前後します。

この火災保険、もっと安くする方法があるんです。

火災保険は、自分で自由に選んでよい

賃貸の契約を結ぶときに不動産屋が「この保険に加入してください」と当たり前のように提示する保険は、小さな物件でも保険料が2万円前後かかります。

しかし、火災保険はさまざまな保険会社や共済組合が商品として販売しており、金額もピンからキリまで。

もっと安い保険に入ることも可能なのです。

節約ポイント

不動産屋で提示される保険は、大手の保険会社の保険で、補償内容もしっかりしているのが魅力です。

しかし「今まで何十年と賃貸に住んできたけれど、火災保険を使ったことなんてない」という人がほとんどでは。

結論から言えば、

私達は不動産屋が提示する保険に「絶対加入しなければいけない」というわけではありません。

保険に加入することは賃貸契約の条件になっていることが多いのですが、どの保険を選ぶかは私たちの自由です。

もっと安い保険を選んでも良いのです。

ただ、ここで「あなたが提示する保険は高いから入りたくない」と言うと角が立ちますので

「兄弟が保険会社に勤めていて、そこの保険に加入しろと煩いので、保険はそっちに入りますね」

などやんわりと断るのがおすすめです。

やんわりお断り

保険は途中で解約できる

「この間、不動産屋に言われるままに高額な保険に入ってしまった」

「更新してしまった」

という人でも安心して下さい。

火災保険は2年契約ですが、途中で解約できます

そして契約期間で割った保険料の残金は返金してくれるのです。

不動産屋が強引で、不動産屋が勧める保険に加入せざるを得なかった場合も、とりあえずその場では加入し、数か月後に解約するという手があります。

解約方法はとても簡単

自分で保険会社に電話をかけて、解約したい旨を伝えるだけです。

すると書類が届きますので、必要事項を記入して保険会社に送り返します。

不動産屋を通す必要はありません

おすすめ! 安くて使える火災保険

安い保険を探してみよう

一番安いのは共済の火災保険(正しくは火災共済)です。

・ 全労済

・ 都道府県の共済

・ コープ共済

などがあり、掛け金や補償内容がそれぞれ少しずつ異なります

まずは、お住まいのエリアの共済へ問い合わせてみましょう。

ちなみに全労済の火災共済なら、

「コンクリート造りのマンション、50平米、4人家族」の場合、掛け金は1年で1万5,600円。

火災保険シミュレーション

≪画像元:住まいる共済「クイック試算」と「じっくり試算」≫

大手の保険会社である損保ジャパンで家財保険を付け、同じ条件の住まいで火災保険に加入した場合の掛け金は1年で約2万5,000円~3万円です。

共済にすることで、保険料を半額に節約できるのです。

その他、大手の保険会社よりも安くて安心して使える火災保険として宅地建物取引業協会の保険もあります。

絶対必要な支出となる保険、見直して少しでも節約しませんか。(執筆者:草間 綾子)

この記事を書いた人

草間 綾子»筆者の記事一覧 (33)

旅行好きのライターです。旅行費用捻出のために、日々節約に励んでいます。良さそうだと思ったものは、とりあえず試してみる派です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
火災保険って高くない?
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ