高還元率2%「LINE Payカード」の改悪、変更点を紹介。乗り換えにオススメできる3つのカード。

LINEで発行している「LINE Payカード」


≪画像元:LINE Pay

無料通話アプリ「LINE」では、プリペイドカード「LINE Payカード」を発行しています。最大の売りは、利用代金の2%分のLINEポイントがたまる、高還元ぶりでした。

しかし、2018年5月31日をもって、LINP Payカードの利用特典である2%還元が廃止されました。

この記事では、

・ LINP Payカードの2%還元に代わるLINEの新たなポイントプログラムを解説

・ LINP Payカードの代わりとなるカードも紹介

改悪部分:無条件2%還元→最大2%還元

これまでは、LINE Payカードを使えば、無条件で2%分のLINEポイントが還元されました。

しかし、2018年6月1日からは、LINE内のサービス利用状況に応じて、最大2%の還元が受けられるように改定されました。

LINE内のサービス利用状況でランクが決まる

新たなLINEのポイントプログラム「マイカラープログラム」は、まず、LINE内サービスの利用状況に応じて、バッジカラー(ランク)が

「ホワイト」
「レッド」
「ブルー」
「グリーン」

と決まります。

ランク判定の主な対象サービスは、以下の通りです。

・LINE Payカード

・QRコード・バーコードでの決済

・LINE Pay残高での支払い

「月に何万円以上利用したらグリーンになる」というような絶対的な基準はなく、LINEユーザーの全体的な利用状況によって、毎月バッジカラーは変動します。

ランクに応じてポイント還元率が変わる

毎月1日に更新され、1か月間適用されるバッジカラーに応じて、ポイント還元率が以下のように変わります。

バッジカラーがホワイトだと、いくらLINE Payカードを使っても還元が受けられません

従来通りの還元を受けるには、グリーンのバッジをゲットしないといけません

改善部分:ポイント付与の対象が増えた

これまで、LINE Payカードの改悪点ばかり紹介しましたが、改善点もあります。

それは、ポイント付与の対象が増えた点です。

改善によって、以下の利用がポイント付与の対象となりました。

・LINE Payカード

・LINE Pay残高での支払い

・LINE Pay請求書支払い

・LINE Pay QRコード・バーコード決済


≪画像元:LINE Pay

これまではポイント付与の対象外だったLINE Payの

・ QRコード
・ バーコード決済

が、ポイント付与の対象となったのはメリットですね。

「LINE Payカード」の代替候補カード

最大で2%還元は可能なものの、魅力が大きく薄れてしまったLINE Payカード。

乗り換えようと考えている人も多いのではないでしょうか。

ここからは、LINE Payカードの代わりとなりそうなカードを、何枚か紹介しましょう。

候補1:還元率重視なら「DCカードジザイル+au WALLET プリペイドカード」


≪画像元:三菱UFJニコス / au

まずは、「DCカードジザイル」と「au WALLET プリペイドカード」の2枚持ちです。

使い方

1. DCカードジザイルからau WALLET プリペイドカードへチャージ→1.5%分のDCハッピープレゼントポイント付与

2. au WALLET プリペイドカードを利用→0.5%分のWALLETポイント付与

合計で2%分の還元率です。

残念なポイント

au WALLET プリペイドカードは、auユーザーしか持てません

また、DCカードジザイルはリボ払い専用カードであり、1回目の支払いで完済しないとリボ払い手数料が発生します。

そして、チャージが面倒と思う方もいるかもしれませんね。

候補2:シンプル重視なら「REXカード」


≪画像元:ジャックス

面倒なチャージや2枚持ちなしで高還元を実現させたい方は、「REXカード」がおすすめです。

年会費無料ながら還元率は1.25%、海外旅行保険も自動付帯するなど、メインカードとしても遜色ありません。

ただし、月額合計利用金額2,000円ごとにポイントがたまるので、ロスが少し多いかもしれません。

候補3:審査が不安な方は「楽天銀行デビットカード(JCB)」


≪画像元:楽天銀行

LINE Payカードは審査なしで持てるカードのため、審査に不安を抱える人にも人気でした。

審査なしで高還元率のカードを希望なら、「楽天銀行デビットカード(JCB)」がいいでしょう。

16歳以上で楽天銀行に口座がある方でしたら、審査なしで発行できます。

年会費無料ながら、ポイント還元率は1%となかなかです。

利用金額は口座から即時引き落としなので、チャージなどの面倒もありません。

「LINE Payカード」分岐点

乗り換えるか…分岐点

2018年6月1日よりポイントの付与条件が変わったLINE Payカードですが、LINEのヘビーユーザーならば、コード決済もポイント付与対象となるなど、改善点もあります。

LINEをさほど利用しないユーザーは、乗り換えを検討してもいいかもしれません。

・ 還元率重視なら「ジザイル+auプリペイドの2枚持ち」

・ シンプル重視なら「REXカード」

・ 無審査重視なら「楽天デビット(JCB)」

がおすすめです。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 (286) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう