「重曹」「クエン酸」で家じゅうお掃除。10年以上この2つだけで掃除をしている筆者のおすすめポイント。

洗剤は何種類お持ちですか?

何種類の洗剤を使っていますか

快適に生活していくうえで、絶対に欠かせないのが「お掃除」です。

どれだけきれいに使っていても毎日少しずつ汚れていきます。

特に水回りはこまめに掃除をしていても、落ちにくい汚れが蓄積しやすい場所です。

お掃除の際、多くの方が洗剤を使います。

トイレ用、お風呂用、台所用と何種類もの洗剤を購入しているのではないでしょうか。

実はこれらの「場所別」洗剤がなくても、たった2つの安価アイテムで、全ての場所のお掃除が可能です。

万能すぎるお掃除アイテム「重曹」と「クエン酸」

重曹もクエン酸も白い粉で、スーパーやドラッグストアで購入できる一般的なアイテムです。

それぞれ純度の高いものなら食用として用いられることもあり、触れたり舐めたりしても私たちの体に害がありません。

しかし、純度が高い食用に使われるものはお値段も高いです。

掃除では工業用の安価な重曹とクエン酸が使え、ドラッグストアでそれぞれ300円程度で売られています。

重曹

弱アルカリ性で油汚れや手垢を落とせます。

キッチン、お風呂場、窓ふきなどに最適です。

そのままだと乾いたときに白く残ってしまうことがあるので、水拭きをおすすめします。

クエン酸

酸性で水垢、石鹸カス、トイレの黄ばみなどアルカリ性の汚れを落とせます。

消臭、殺菌効果もあります。

使い方はとても簡単

お風呂も簡単ぴかぴか

スプレーボトルに水を入れて重曹やクエン酸を混ぜて溶かし汚れに吹き付け、スポンジやたわしでこするだけです。

がんこな汚れの場合、重曹とクエン酸を直接振りかけると化学反応を起こして泡が発生させ、泡の力で汚れを分解させることもできます。

泡が発生すると驚きますが、毒があるわけではないですし、空気を吸い込んでも害はありません。

わざわざ「トイレ用にはこれ、お風呂用にはこれ」と洗剤を分けて買わなくても、重曹とクエン酸があれば、家じゅうのいたる場所の掃除に対応できるのです。

アイテムも2つだけなので収納場所も取りませんし、透明の瓶などに入れて保管すると見た目もおしゃれです。

節約になる?

重曹とクエン酸、両方買うと約600円です。

トイレ、お風呂、キッチンの掃除にそれぞれの場所別で洗剤を買うと、1つ300円として900円です。

水に溶かして重曹水やクエン酸水を作って掃除に使う場合、1度に使う量は大さじ1杯ほどなので、すぐになくなるということもありません。

使い方によっても差はでてくると思いますが、毎日ガンガン使っている筆者でも洗剤1本分の代金が300円が節約できています

実践:重曹とクエン酸でお掃除

筆者は重曹とクエン酸パワーを知ってから、10年以上この2つだけで掃除をしています。

洗剤は買っていません。この2つだけでも十分汚れを落としてきれいな状況を保つことができます

ただし、洗浄力がそれほど強いわけではないので、こまめなお掃除は欠かせません

「お風呂掃除用の重曹が切れちゃったから、ちょっとキッチンから持ってこよう」

というような使いまわしが抵抗なくできるのも、このお掃除方法の魅力です。

普通の洗剤でこれをやるのは抵抗がありますよね。

注意点

掃除の注意点

変色や研磨されると痛む素材もあります。

塩素系の洗剤と使うと危険です。

適材適所に使ってください。

重曹やクエン酸は安全ではありますが、目や口に入らないようにしてください。

皮膚についたときも水で洗い流してください。

知れば知るほど、生活のいたるところで役立ちます

重曹は湿気取りや入浴剤としても使え、もはや欠かせない存在となっています。

小さな節約ではありますが、日々使うアイテムなので、塵も積もればなんとやら。

さらに安心して使えるという点で、注目したいお掃除アイテムです。

洗剤を新たに買うのではなく、重曹とクエン酸に切り替えてみませんか。(執筆者:草間 綾子)

この記事を書いた人

草間 綾子(くさま あやこ)»筆者の記事一覧 (37)

旅行好きのライターです。旅行費用捻出のために、日々節約に励んでいます。良さそうだと思ったものは、とりあえず試してみる派です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう