仮想通貨中で最も有名なものが「ビットコイン」です。

そして次に有名なのが、時価総額2位で、スマートコントラクトなど優れた機能を実装している「イーサリアム」です。

仮想通貨は、すでに1700種類以上あるとされています。

1,700種類もの仮想通貨がある

1,700種類もの仮想通貨の中で、ビットコインとイーサリアムの良い所を足して作られたのが「Qtum(クアンタム)」です。

Qtum(クアンタム)とは

Qtumは2017年3月にICOが行われ、5月25日から取引を開始しました。

発行枚数は1億枚で、発行後1%ずつ増加していくようになっています。

マイニング方法はPOSで、ブロック生成時間は2分以内となっています。

冒頭でも書いたように、ビットコインとイーサリアムの技術を合わせた仮想通貨となっています。

Qtum(クアンタム)

tum(クアンタム)

≪画像元:Qtum

Qtumの特徴

Qtumの特徴はやはり、ビットコインとイーサリアムの技術を足したものです。

この2つの技術を足すことに成功した技術とは、
どのようなものなのでしょうか。

UTXO (Unspent Transaction Output)

UTXOは、仮想通貨の移動を確認する方法のことです。

UTXOは、ビットコインが採用している方法です。

UTXOのメリットは、匿名性を保つことができるということです。

イーサリアムが採用しているのは、アカウントベースと言われているもので、スマートコントラクトという非常に複雑な処理をしないといけないので、このアカウントベースを採用しています。

しかし、アカウントベースは同じ情報を二度送信するという、リプレイ攻撃に弱いことが欠点となっています。

すでにイーサリアムは、「The Dao事件」でイーサリアムとイーサリアムクラシックを分裂させてしまっています。

この「The Dao事件」は、リプレイアタックだったことが分かっています。

このようにアカウントベースは、リプレイアタックを受けやすいというデメリットがあります。

AAL (Account Abstraction Layer)

アカウント抽出化レイヤー」と訳され、イーサリアムのスマートコントラクトを動かすために作られたものです。

Qtumは、資産の確認方法にUTXOを採用していることはすでに書きました。

なのでこの時点では、イーサリアムの技術であるスマートコントラクトを使用するには重たくなってしまっているので、使用するのは不便なものとなってしまっています。

そこでAALという特殊な技術を使用し、UTXOとイーサリアムのブロックチェーンを橋渡しすることによって、UTXOベースでもイーサリアムのスマートコントラクトが稼働することができるようになりました。

まとめ

Qtum

Qtumは、非常に高度な技術をもった仮想通貨の一つです。

ビットコインとイーサリアムの技術をもち合わせた仮想通貨というのは、現段階ではありません。

残念なことに、日本の取引所では取り扱っていないため、購入することはできません

購入するには、「Binance」などの海外の取引所に登録しないといけませんが、Qtumはこれから上昇する可能性が高い仮想通貨の一つなので、買っておいて損はないでしょう。(執筆者:三宅 瑛心)