還元率3.5%も! JR東日本ユーザーにお得な「JREカード」のメリットとデメリットを徹底解説

2018年7月、ビューカードから「JREカード」が誕生しました

「JREカード」の魅力

≪画像元:JRE CARD

先にデビューした共通ポイント「JREポイント」のポイントカード機能も内蔵、JRの電車や駅ビルなどを利用する人には、大変お得なカードです。

この記事では、JREカードの概要やメリットはもちろん、デメリットや実施中のキャンペーンも紹介します。

JREカードの概要

まず、JREカードの概要を紹介しましょう。

これだけを見ると、ごく平凡なカードの印象ですね。

駅ビル・JREモールではポイント還元率3.5%

JREカードでクレジットカード決済をすると、1,000円(税込)につきJREポイントが5ポイント翌月中旬にたまります

1ポイント = 1円相当の価値ですので、ポイント還元率は0.5%です。

その場で獲得できるポイントが桁違い!

しかし、JREカードには、JREポイントのポイントカード機能も内蔵されています。

≪画像元:JRE CARD

JREポイント加盟店で1,000円(税抜)利用したと仮定すると、その場で10ポイントもらえ、クレカ決済ポイントと合わせた還元率は、1.5%です

≪画像元:JRE CARD

さらに、JREカード優待店やJREモールで1,000円(税抜)利用したと仮定すると、その場で30ポイントもらえ、クレカ決済ポイントと合わせた還元率は、驚異の3.5%です

Suica利用でポイントがもらえるお店も

さらに、登録した交通系ICカード「Suica」の利用でJREポイントがたまるお店もあります。

登録してたまる

≪画像元:JRE POINT

黄色いマークが目印です。

主なお店と1ポイントためるのに必要な利用金額(税込)は、以下の通りです。

使い勝手のよさそうなお店が並んでおり、0.5%~1%分のポイントがもらえます。

ただし、ほとんどがJR東日本エリアの店舗限定ですので、注意しましょう

Suicaチャージや定期券購入で還元率1.5%

≪画像元:JRE CARD

JREカードを使って、Suicaのチャージや定期券購入をすると、1.5%分のJREポイントが付与されます

街ナカには、Suicaの利用でJREポイントがたまるお店もあるので、さらにお得です。

ポイントは実質無期限

JREポイントの有効期限は、「最後にポイントを獲得・利用した日から2年後の月末」です。

固定費用の引き落としに使えば、ポイントが実質無期限になりますので、じっくりとためられます

優待サービスもあり

JREカードには、以下のような優待サービスがあります。

・ アトレ・アトレヴィでの年間5万円(税込)以上利用すると、500ポイントプレゼント
・ アトレ博物館優待
・ シネプレックス水戸での映画鑑賞がいつでも1,500円

使い倒すほどお得な優待サービスです。

JREカードのデメリット

クレカ決済のポイント付与が1,000円単位

JREカードは、1,000円(税込)のクレジット決済につき、JREポイントが5ポイントたまります。

1,000円未満の端数は切り捨てになるので、少しもったいないです。

機能によって搭載可能な国際ブランドが制限される

≪画像元:View カード

JREカードはVISA、マスター、JCBを搭載可能ですが、これは「Suicaのみ搭載」の場合です。

「Suica・定期券の両方なし」、「Suica・定期券の両方搭載」のJREカードは、VISAしか選べません

VISAをすでに持っている人には、魅力が半減します。

JR東日本の管外ではポイントの魅力に乏しい

JREポイント加盟店、JREカード優待店では、ポイントが飛躍的にたまるJREカードですが、JREポイント加盟店、JREカード優待店はJR東日本管内が中心ですので、JR東日本エリア外の居住者にとって、0.5%のクレカ決済のポイント還元はさほど魅力的ではありません

地理的制限を超えられる「JREモール」も、他のポイントモールとは異なり、アマゾンや楽天市場、ユニクロなど利用頻度の高いお店が入っていませんので、あまり使えません。

全国的には「ビックカメラSuicaカード」の方が魅力

≪画像元:View カード

ビューカードでコスパが良いカードとしては、「ビックカメラSuicaカード」が挙げられます

年1回利用で翌年度の年会費が無料、ビックカメラでの利用で10%のビックポイント、Suicaチャージや定期券購入で1.5%のJREポイント還元など、低コストかつ高還元のカードです。

JREポイント加盟店、JREカード優待店を利用する人は、JREカードがいいでしょう。

ただし、ビックカメラは全国に店舗を展開していますし、通販サイト「ビックカメラ.com」も10%ポイント還元の対象です。

家電だけでなく日用雑貨や食品なども取り扱っているので、全国的に見ればビックカメラSuicaカードの方が魅力的ですね。

キャンペーンでお得に入会しよう

≪画像元:View カード

JREカードでは、現在デビューキャンペーンを実施しています。

1. 新規入会で2,000ポイント
2. オートチャージ3,000円以上で500ポイント
3. JREカード優待店で合計5,000円以上(税込)のクレカ決済で1,000ポイント
4. 合計5万円以上(税込、2、3を含む)の利用で2,500ポイント

と、合計6,000ポイントがもらえるキャンペーンです。

デメリットも吹っ飛ぶような大量ポイントをゲットするチャンスですので、必要性があると感じたら申し込むといいでしょう。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 (233) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ