我が家はコレで無駄遣いをやめました 通帳とクレジットカードの整理で「家計の断捨離」を

きっかけは、web家計簿を始めたこと

外食や嗜好品は控えて、必要なものしか買わないようにしているのに、イマイチお金が貯まっていく実感を持てない…。

そんな我が家のムダ使いを暴いてくれたのは、通帳とクレジットカードの整理でした。

今、通帳が何冊でクレジットカードが何枚と即答できない人は、ぜひ整理を始めてみてください。

一時的な節約より、ずっと家計を潤してくれるはずです。

きっかけは、web家計簿を使うようになったことです。

マネーフォワード、zaim、Moneytreeなど、web家計簿にはたくさんの種類があります。

オンライン家計簿ともいいますね。

どのweb家計簿でも、まずは金融機関とクレジットカードを登録しなければなりません。

各金融機関とカード会社を家計簿に連携すると、お金の流れを1カ所に集めて把握できます。

私が利用しているweb家計簿はマネーフォワードです。個人年金保険や小規模企業共済、国の年金機構も登録しているので、将来のために増えていくお金を眺めるという楽しみもあります。

web家計簿、マネーフォワード

≪画像元:マネーフォワード

残金127円の通帳と3年未使用のクレジットカード

さあ登録!

いつも使っている銀行の通帳とクレジットカード1軍と2軍を手元に用意して、念のためにリビングの引き出しもチェックしました。

もしかして、忘れている通帳やクレジットカードがあるかもしれないからです。

忘れている通帳やクレジットカードが出てきた

ありました。そこには謎のポーチがありました。

中身は聞いたこともない銀行の通帳と、行ったことのない家電量販店のクレジット機能付き会員証。

どちらも夫名義です。

もしや…と思い、自分の部屋も探索したところ、案の定ゆうちょ通帳を発見しました。

それも旧姓の私名義です。

残高1,000円で入出金は一回きりでしたから、おそらく結婚前に何かの事情で作ったまま、数年間忘れていたのでしょう。

夫名義の聞いたこともない銀行の通帳を調べてみると、大手銀行に合併される前の、とある地方銀行の通帳でした。残金は127円です。

同じく夫名義のクレジット機能付き家電量販店会員証は、4年ほど前にパソコンを購入した際に作ったものだそうです。

まったく利用がないと年会費が500円かかるらしく、3年間未使用だったので1,500円ムダに払っていたことが判明しましたが、自業自得というものです。

通帳の整理で金融機関に詳しくなった

私はゆうちょ銀行に身分証明書を持参して、旧姓の通帳を破棄。

夫は、今は存在しない銀行の通帳を、合併後の大手銀行に持参して更新しないといけませんでした。

家電量販店の会員証も、迷わずカスタマーセンターに電話して破棄です。

上記の手続きは非常に面倒でしたが、面倒ついでに他の通帳とクレジットカードについても、利用頻度を見直すことにしました。

必然的に、金融機関とクレジットカードのポイントシステムについてリサーチすることになります。

リサーチの結果、金融機関を地方銀行2つとネットバンク1つ、投資はネット証券1つに絞り、ゆうちょは定期のみ残しました。

我が家は自営業なので、付き合いがある地元の銀行を解約するわけにはいきませんでした。

ただ、金利はどう考えても、ネットバンクに軍配が上がりました

クレジットカードは3枚に減らし、メインにだけ家族カードをつけています。

どのクレジットカードをメインにするかは、一概にいえません。

自宅のすぐ側にイオンがあるので「イオンカード」一択になりましたが、実家が遠くて帰省費用がかさむような世帯なら、マイレージ還元率の高い「ANA」や「JAL」のクレジットカードの方が賢いかもしれません。

イオンカード

≪画像元:イオンカード

ANAカード

≪画像元:ANAカード

JALカード

≪画像元:JALカード

クレジットカードの整理で定期的なごほうびを!

クレジットカードの整理で定期的なごほうびを!

現在、金融機関の断捨離とweb家計簿を組み合わせたことで、まさに「お金の流れが目に見える」という気分の良さを味わっています。

常に使途不明金がないという状況は、それだけで貯蓄へのモチベーションまで上げてくれるようです。

定期的に資産の一覧をプリントアウトしているので、長期的な予算も立てやすくなりました。

「今月NHKの年払いがあるのを忘れてた!」なんてことはなくなります。

生活費の支払いをまとめたカードのポイントは、かなりのハイペースで貯まります。

このポイントの使い道は、私のプチ贅沢です。

具体的には、コーヒーメーカー、スロークッカー、オイルポッドなどを手に入れました。

欲しいものがない場合はそのまま貯め続け、クリスマスや年末年始の高級食材と交換します。

通帳とクレジットカードにも断捨離は必要

最後に、ネットバンクとネット証券に関しては注意点があります。

店舗型と違い、ネット経由の申込みと口座開設はとても手軽です。

ボーナス時期になると、口座開設だけでキャッシュバックを受けられるキャンペーンが多くなるため、心が動くことも多いでしょう。

しかし、ネットバンクとネット証券を増やしすぎると、あっという間にお金がムダに分散されますから注意してください。

家計の整理は、家計の断捨離も兼ねています。

定期的に見直して、1つ契約したら1つ解約するくらいの感覚がベストといえるでしょう。(執筆者:白戸 春)

この記事を書いた人

白戸 春 白戸 春»筆者の記事一覧 (21)

シングルマザーを経て再婚し、子どもは無事に独立。現在は夫と猫と北国で暮らす主婦兼フリーライターです。貧乏だったサバイバル経験を生かして、誰かの役に立つ記事を書いていきたいと思います。消費は現金よりクレジットカード派、投資は現物主義です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
我が家はコレで無駄遣いがなくなりました
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ