確認することの重要性

照合作業

筆者は銀行員時代、1日のお金の出入りを確認する「照合作業」を毎日行っていました。

その経験を通して、重要なことは二重の確認が必要不可欠であることを痛感しました。

そのため、銀行退職後も、お金にかかわること、あるいは知らないと後で困ることについては、必ず二重に確認する習慣がついています。

今回の記事では、その中から特に二重の確認が必要なことを3つ挙げ、確認の際にどのような点に注意すべきかについてお話しします。

銀行の「照合作業」とは?

最初に、銀行の「照合作業」について説明します。

「照合作業」とは、閉店後に1日の取引金額が間違っていないかどうかを確認する作業です。

その際、集計と確認を行うのは

・ 伝票
・ 現金
・ オンラインの取引記録

などですが、伝票などに記載された金額の確認や集計は必ず二重に行います。

そうすることで、照合した金額の相違や集計ミスにも気づきやすくなります

照合作業で行う二重の確認や集計は、私たちの生活にも応用できます。

ここからは、日常生活において、二重で確認を行うべき3つの場面について説明します。

1. お金に関することは必ず二重に確認する

お金の出入りは二重に確認することが重要です。

トラブルが起きても被害を最小限に抑えられるからです。

特に確認が必要なのは、次のケースです。

店舗で買い物したとき

買い物の時もしっかり確認

1. レジで打ち出される金額を1つずつ確認。

2. レシートでも金額に相違がないかを確認。

もらったおつりの金額も必ずチェックする。

クレジットカードで支払いを行ったとき

1. レジでレシートと支払い明細の金額を照合して保管。

2. 後日届く請求書で、1の金額との相違や身に覚えがない請求があるかを確認。

各種支払いの口座振替があったとき

1. 各種支払いの明細と請求書の金額が合っているかどうかを確認。

2. 請求金額と実際の口座振替(振込)金額が一致するかを確認。

これらのシーンでは、不正請求や金額などの誤りをいち早く発見する必要があります。

そのためにも、金額などを二重で確認することが重要です。

2. スケジュールは複数のツールで二重に管理する

仕事のアポイントなどの大事な予定を忘れないためには、スケジュール管理が重要です。

特に忘れっぽい人は複数のスケジュール管理ツールを使い、二重でスケジュール管理を行うことをおすすめします。

スケジュール管理ツールは、紙とデジタルの2種類に分類されます。

スケジュールは紙とデジタル併用

スマホの電波が通じない場所でもスケジュールを確認できる点が、大きな強みです。

・ 手帳

・ カレンダー

デジタル

デジタルツールは通知機能が便利です。

前日や当日朝など、直前に複数回予定を通知する設定にしておけば、予定を忘れにくくなります。

・ Excelワークシート

・ グーグルカレンダー

・ スマホの手帳アプリ
 
個人的におすすめなのは、紙のツールとデジタルツールの組み合わせです。

それにより、片方に予定の記載もれがあってももう片方がそれを補い、予定の失念などを防ぐことができます。

筆者もかなり忘れっぽい性格なのですが、二重でスケジュール管理をするようになってからは、予定をうっかり忘れるなどの失敗がなくなりました。

3. 重要書類も必ず二重で確認

各種サービスの契約書や規約などの重要書類も、必ず二重に確認しましょう。

つまり、契約前と契約後の両方でそれらの書類に目を通し、内容を把握しておくことが重要です。

「免責事項」は確認必須

免責事項とは、サービスや商品を提供する企業などがトラブル時に責任を免除される事項を指します。

免責事項には、

「サービスの利用で顧客が損害を被った場合でも、次のケースではサービスを提供する側が賠償しなくてもよい」

という旨が明記されています。

実は銀行業務でも、顧客トラブルの際には必ず一番に免責事項を確認します。

もし免責事項に該当する場合、顧客への賠償責任が発生しないからです。

つまり、免責事項はサービスを提供する側が不当な形で損害を被らないための自衛策でもあるのです。

顧客の側から見れば、免責事項を知らないまま商品を利用した結果、大きな被害を被ってもなんの賠償も受けられません

そのような最悪の事態を防ぐためにも免責事項を重ねて確認し、それに該当しない方法で正しくサービスを利用する必要があります

なお、規約改定が通知されたときも、あらためてそれらの書類を読み、変更内容の確認を行いましょう。

それが、各種サービスの利用で起こりうるトラブルを回避するための鉄則です。

お金や重要事項の「2度確認」は自分を守る第一歩

確認は二回がいい

お金はもちろん、仕事などで重要なスケジュール管理や契約書などを二重に確認することは、トラブルから自分を守るための第一歩です。

今回挙げた3つの場面では特に慎重に確認を行い、事前にトラブルを防ぎましょう。(執筆者:大岩 楓)