スマホの故障や画面割れ、修理代もバカになりませんが、少額短期保険業者である「ジャストインケース」では、「スマホ保険」をリリースしました。

≪画像元:justInCase

今回は、スマホ保険の特徴を紹介するとともに、大手通信事業者で提供しているスマホの補償サービスとも比較しようと思います。

スマホ保険の特徴

大手通信事業者スマホ以外でも契約可能

≪画像元:justInCase

スマホ保険は、大手通信事業者で契約したスマホでなくても保険に加入できます

格安スマホ・中古スマホ・SIMフリー端末・並行輸入品でも契約可能ですので、対象のスマホが非常に幅広いです

幅広いスマホの損害を補償

≪画像元:justInCase

スマホ保険は、スマホの破損・故障・水濡れ・紛失や盗難など、幅広いスマホの損害を補償してくれます

幅広いだけでなく、発生頻度の高い損害ばかりですので、活躍するシーンは多いかと思います。

格安な保険料

≪画像元:justInCase

スマホ保険の保険料ですが、機種によって異なるものの、平均で月額400円~900円(最低月額50円)程度です

≪画像元:justInCase

ここまで保険料が格安なのには、以下のような理由があります。

・ スマホ保険のシステムを自社開発しており、外注に伴うコストが発生しない
・ 自社開発のAI(人工知能)が安全スコア(平均50点)を計算し、更新時に最高30%割引
・ 安全スコアを友達と比較することで、さらなる安全スコアのアップも期待
・ 自社開発システムにより、保険金の不正請求を防止

お手軽な保険

スマホ保険はお手軽に申し込め、お手軽に使える保険です。

申込には専用アプリをインストールし、以下の情報を提供すれば、最短90秒で申込が完了します。

・ スマホ端末の情報(IMEI)
・ 契約者の氏名・生年月日
・ スマホの自撮り動画
・ クレジットカード(デビットカード)の情報

保険契約では通常必要となる本人確認書類は、必要ありません。

保険の契約期間は3か月で、解約をしなければ毎月自動更新となります

機種変更をしても、保険期間中は保険料が変わらないため、面倒がありません。

もちろん、途中解約や再契約はいつでも可能です。

大手通信事業者の補償と比較!

スマホ保険と同様のサービスは、大手通信事業者各社でも行っています。

ここでは、スマホ保険とNTTドコモの「ケータイ補償サービスfor iPhone & iPad」を、比較してみましょう。

スマホ保険は、加入や請求は原則として専用アプリから行う必要がありますが、契約はかなり自由度が高いです。

一方のドコモの「ケータイ補償サービスfor iPhone & iPad」は、サービスは手厚いもののドコモユーザーでなければ契約できず、加入可能期間も短めです。

また、どちらも月額保険料では大差がありません

ドコモをずっと使い続ける人はドコモでいいかもしれませんが、それ以外の人はスマホ保険の方が使い勝手がいいでしょう。

スマホ保険のデメリット

一方で、スマホ保険には以下のようなデメリットもありますので、注意しましょう。

・ 契約者は18歳以上、ユーザーは16歳以上でないと契約できない
・ Androidスマホはスマホ保険に加入できない
・ バッテリー交換・経年劣化・加工や改造によって生じた損害は補償の対象外
・ アクセスが専用アプリのみ(操作不可の場合はメール、Facebook、LINEでも可能)
・ 代わりのスマホが送られてこない

まとめ

「スマホ保険」

スマホ保険は、大手通信事業者の補償サービスと比較すると、かなり自由度の高いサービスです。

加入条件や保険期間も融通が利き、中古スマホや格安SIMを使う方には、良い保険です。

ただし、交換電話機のサービスがないなど、大手ではあるサービスがないこともありますので、契約の際にはしっかりと比較検討をしましょう。(執筆者:角野 達仁)