仮想通貨取引の「レンディング」

仮想通貨取引のレンディング

仮想通貨取引にはレンディングというサービスがあります。

レンディングとは自分が持っている仮想通貨を一定期間取引所へ貸し出すことで、利息を得る事ができるというサービスです。

レンディングを行っている取引所はそこまで多くないので、あまりメジャーではありませんが、

「取引所またはウォレットに眠らせておくのがもったいない」

と考えている人はレンディングというサービスを使用してみてはいかがでしょう。

レンディングのメリットとデメリット

利息を得る事ができる、制度であるレンディング。

大きなメリットもある一方、デメリットもあるので知っておく必要があります。

レンディングのメリット

銀行に預けるよりも年利が高い

長期保有をメインに考えていて、あまりトレードをしない人には非常に有意義なサービスです。

レンディングのデメリット

取引所にハッキングなど被害にあってしまった際、補償がない

さらに、

・ 途中で解約をすることができない

・ 解約の際に解約手数料がかかる

・ 途中解約をするとそれまでの利息分をもらえない

などがあります。

レンディングを行っている取引所

レンディングがある取引所

現在レンディングを行っている代表的な取引所をいくつか紹介していきます。

GMOコイン

現在レンディング対象の仮想通貨はビットコインだけで、申し込み最小単位は10BTCとなっています。

満期を迎えた場合、5%の利息を受け取りが可能で、中途解約には解約手数料が必要です。

ビットバンク

GMOコインと同じく現在のレンディングの対象となっている仮想通貨はビットコインだけとなっています。

将来的にはイーサリアムやライトコインなどもレンディング対象となるようです。

年利は最大で5%、レンディング期間は1年間となっています。

解約手数料は5%で解約した場合利息分の仮想通貨はもらえません。

Poloniex(ポロニエックス)

日本でも有名な海外の取引所です。

GMOコインやビットバンクではビットコインでしたがポロニエックスは、ビットコインやイーサリアムなど全部で12種類の仮想通貨でレンディングが可能

ポロニエックスの場合は取引所への貸し出しではなく、FXのユーザーに貸し出す仕組みになっています。

貸出期間は2日から60日で、年利は貸す側、借りる側で年利を決めることができますが、途中解約はできません。

デメリットを知って使えば、悪くない

日本の銀行との金利を考えれば、取引所でレンディングをするのは非常に大きなメリットです。

ただ、レンディングした仮想通貨は取引所に何かあった際の保証がないというデメリットがあります。

レンディングする際は、何かあってもいいような量の仮想通貨をレンディングするのがよいでしょう。(執筆者:三宅 瑛心)