共働き男女60人に聞きました。「内緒の貯金ありますか?」 7割超男女「ある」

共働きの「へそくり」

60人に聞きました

夫婦お互いが隠さずためているお金と、相手に知られないようにためているお金って、あると思います。

特に共働き世帯だと、給料の額の差にもよって、へそくりをしっかりためている人も多いかもしれませんね。

そこで今回、筆者が独自に共働きの男女計60名にアンケートを実施しました。

「へそくりはありますか?」

「いくらですか?」

早速、チェックしていきましょう!

「内緒の貯金がある」は男女ともに7割超

へそくりしてますか?

・ 共働き世帯
・ 30~50代の男女
・ 各30人ずつ
・ 計60人

「内緒の貯金がありますか?」の質問に、それぞれ7割の方が「ある」という回答になりました。

やはり、へそくりをしている人が多数を占めるということがわかります。

どんな理由でへそくりをしているのでしょうか。

「生活費として決まった額を入れている。あとは、自由に使うお金と、一定額はへそくりとして貯めている。

結婚記念日のプレゼントや、海外旅行など定期的にそこからお金を出して家族で楽しんでいる」(50代男性・公務員)

「自分のために使うお金としてへそくりがあります。家庭の運転資金は旦那と折版しているので、あとは自分で管理できるのがとてもラク。

エステに内緒で行ったり、美味しいもの食べたりはへそくりから。ブランド物のバッグも、まとまった額貯まったら買ってます」(40代女性・看護師)

家族のために使う男性が目立つ一方で、自分のためにへそくりを使う女性が印象的でした。

内緒でためたへそくり、どちらにせよとても有意義なものだということがうかがえます。

へそくりを隠すところを見たい

「へそくりを作っていない」派に理由を聞いてみました

少数派となったへそくりを作っていない派の男女に、「なぜへそくりを作っていないのか」について理由を聞いてみました。

「共通の貯金はあるけど、内緒というのはないようにしている。不平等が生じたらイヤだし、自分だけのために散財されてもイヤだから」(30代女性・介護士)

手取り額が大きく異なる家庭では、どちらかのみが大きな蓄えとなるケースも考えられます。

一方だけが内緒でお金にゆとりを持つのはナンセンスという考えのようですね。

また、こんな意見もありました。

「夫婦共同で、貯金する口座を作っています。そこからお互い、好きな物を買っているのでへそくりを作る必要がありません」(40代男性・会社員)

好きな物を買える環境だからこそ、へそくりを必要と感じないというなんとも穏やかな家庭もあるということがわかりました。

へそくりのある人の4割が「50~100万」

実は結構ためています

へそくりがあると回答した方の金額についても、紹介します。

・ 10万円以下・・・1割
・ 10~50万円・・・3割
・ 50~100万円・・・4割
・ 100万円以上・・・2割

一番多かった金額は、50~100万円。

ある程度まとまった額のへそくりを持っているということがわかりました。

今回アンケートを実施したのが30~50代だったため、20代に限定したアンケートだと額がまた違ってきていたように思えます。

・ 内緒でまとまった額があれば、なにかあった際にも安心

・ 欲しいものも大体は買える額で、心にゆとりができる

へそくりのないご夫婦がいる一方で、まとまった額のへそくりを持っている家庭もあるということがわかりました。

皆さんのご家庭では、どんな状況でしょうか…パートナーの内緒のへそくり、探ってみるのもアリですが、そっとしておくのもやさしさですね。(執筆者:三浦 希枝)

この記事を書いた人

三浦 希枝 三浦 希枝»筆者の記事一覧 (49)

前職は海上保安庁に所属し、船舶料理士とヘリコプタ―降下員として勤務。退職後、フリーライターになり4年目に開業。子連れ離婚そして再婚を経て、二児のママとして仕事との両立を図っている。Webライティング講師業もはじめ、活動の幅を広げている。趣味は時短、節約。特技は水泳(インターハイ出場経験有!)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
へそくりしてますか?
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ