服・アクセサリーを売る

趣味が変わった、体型が変わった…。

趣味も体型も変わった

そんな理由で着なくなった服や着けることがなくなったアクセサリーをたくさん持っているんではないでしょうか

これらのアイテム、売るとしたらどんな方法が思いつきますか?

・ フリーマーケットに出す
・ メルカリに出す
・ 古着屋に持ち込む

これがメジャーな方法ですよね。

この中でもっとも簡単に、かつまとめて処分できるのが「古着屋持ち込み」です。

しかし、全部をひとつの古着屋に持ち込んではいけません

ブランド品・きれいで新しい品はメルカリへ

ブランドや人気があるショップの服、比較的新しい服、きれいな服はメルカリに出しましょう

ブランド物の不用品はメルカリへ

≪画像元:メルカリ

出品・配送の手間がかかりますが、「欲しい」と思う人が多い商品なら多少高めの値段を付けても売れる可能性が高いですし、古着屋に出すよりも良い値段で売れます。

手間は多少かかりますが、じゅうぶんもとは取れます!

メルカリを始めてみたい方はこちら→公式HP

ブランド以外の服を売る順番

特にブランドものではななく、新しいというわけでもない一般的な服は、街の古着屋(手頃な価格の古着を扱っている店)やリサイクルショップに持ち込み、買取の値段を確認してみましょう。

1着50円程度の値段がつけば、それは「良い引取価格」なので、そこで買取を依頼し、50円以下の値段だったものは持ち帰り、最後にご紹介する方法で処理します

アクセサリーを売る順番と適切な「売り先」

不要なアクセサリー

比較的新しいアクセサリーで流行を問わないデザインのものであれば、ブランド品など、ハイクラスな商品を扱う古着屋へもっていきましょう

数百円程度で購入した安いアクセサリーは、大衆的な服を扱う古着屋・リサイクルショップへ

家具と服を合わせて扱っているようなお店でも大丈夫です。

ゴールドで古いデザインのもの、壊れてしまっているものは、金の買取をしてくれる店(金券ショップなど)がおすすめです。

古着屋・リサイクルショップで売れなかったもの

こうしていろいろな方法で売っていく中で、メルカリで売れなかったもの、古着屋から買取を拒否されてしまったもの、安すぎる値段を付けられたものが出てきます。

しかし、それらを捨ててはいけません。

他で売れなかったものも買い取ってもらえる可能性があるチェーン店があります。それがモードオフです。

最終手段はモードオフ

≪画像元:モードオフ

ブックオフの洋服版で、全国各地に出店しているうえ、他では買ってもらえないような服も買い取ってくれるのがポイント

ただし、店にもよりますが、買取価格は非常に安いことが多いです。

そのため、モードオフに持ち込むのは「最終手段」としましょう。

モードオフでも「値段がつかない」と言われた品で、本当にもういらないと思う服については「では、ここで処分していただけますか」と申し出れば、持ち帰らずにすみます

特に、モードオフのアクセサリー買取価格は非常に低いので(筆者の経験では、街のリサイクルショップで100円だったものが、モードオフでは10円だった)、服もアクセサリーも、モードオフに持ち込むのは「最後」です。

ただ捨ててしまうのではなく、売る場所を選ぶ、売りに行く順番を工夫することで、少しずつお得に服やアクセサリーを手放せます

一か所でまとめて売るのではなく、モノを見ながら売る場所を検討しましょう。(執筆者:草間 綾子)

今年こそメルカリ始めてみよう!

RAGTAG/rt -ブランド古着を高く売るなら「ラグタグ」へ。