共働きでも「習い事」をあきらめたくない 時間を確保しやすいレッスン5つご紹介

独身の頃は思う存分趣味に打ち込んでいた人も、結婚すると自分だけのためにお金を使うのに気が引けたり、思うように時間がとれなかったりしますよね。

夫婦で忙しく働く、共働きの家庭ならなおさらです。

共働きでも習い事したい

しかし、探してみると、忙しくても楽しく続けられる習い事っていろいろあります

自分をいたわる時間を、ぜひ大切にしてください。

1. アイシングクッキー教室

クッキーの上に、自由な発想でイラストを描いたり、色をつけたりする「アイシングクッキー」。

プレゼントにもぴったりで、習い始めるとはまってしまう人も少なくありません。

基本的な技術は教室でしっかり教えてもらったほうが良いですが、通う時間がなければ動画でもある程度は学べるし、材料さえそろえれば時間のある時に自宅で練習できるので、共働きでもトライしやすいですよ。

アイシングクッキー

レッスン料の相場

1レッスン(2時間ぐらい):4,000~1万円程度

講師の資格をとるコースだと、全6回で10万円ぐらいが相場です。

2. ピアノ教室

住宅事情や帰宅時間などがネックであきらめていた人も、電子ピアノやサイレントピアノを使えばいつでも好きな時にレッスンができます

ピアノ学習はコツコツと自分で練習するのが大切で、教室に通うのは週に1回ぐらいなので、「何度も教室に行くのは大変」という人でも続けやすい習い事。

私も、結婚して共働きしながら数年間ピアノ教室に通いましたが、電子ピアノだから隙間時間を使って練習できたし、好きな曲を弾けるようになるのが本当にうれしかったです。

レッスン料の相場

1レッスン(30分ぐらい):6,000~1万円程度

上達すればするほど、レッスン料も上がる場合が多いです。

3. 英会話教室

英会話ができると転職に有利だし、海外旅行に行った時にも助かるので、機会があればぜひおすすめしたい習い事です。

教室に通うことのメリットは

「ネイティブ講師と会話ができる」

「間違っている部分をその場で指摘してもらえる」

「英語仲間ができる」

といった点ですが、難しければ教材を使った自宅学習でも大丈夫。

近頃ではスカイプを使ったネイティブ講師のレッスンも人気ですが、これなら教室に通う時間をカットでき、尚かつ生きた英語を直接耳にすることができるので便利ですよ。

さらに英語学習のアプリを利用すれば、通勤時間中も勉強を続けられます

英会話

レッスン料の相場

1レッスン(40分ぐらい):6,000~8,000円程度

グループレッスンの場合は、料金がもっとお得です。



4. ボールペン字講座

なにかと人目に触れることの多い「字」は、できればキレイに書けたほうがいいですよね。

私は自他ともに認める悪筆で、なんとも読みにくい癖のある字なのですが、親戚が「ボールペン字講座」を受けてめきめきと上達したのを見て、「自分もやってみたい」と思うようになりました。

ボールペン字講座は、お手本を上からなぞったり、マネして書き写したりするというやり方なので、自宅で気軽にできるのがいいところ。

地味だし、根気が必要なので、そういった作業が苦手な人にはハードルが高いかもしれませんが、身に付けておけば一生モノの財産になることは間違いありません。

ボールペン字

受講料の相場

6か月間で3万円程度

5. 家庭菜園講座

「毎月の食費を減らしたい」、「家族に無農薬の安全な野菜を食べさせたい」という人におすすめなのが、家庭菜園のやり方を基礎から教えてくれる教室です。

上手に育てるにはそれなりに手間がかかるし、肥料や種などの費用も必要ですが、

「一心に土と戯れていると共働きのストレスが解消できる」

「スーパーで売っている野菜より味が濃くておいしい」

と主婦にはなかなかの人気。

夫や子どもも巻き込んで、楽しく初めてみてはいかがでしょうか

「忙しくて毎日土いじりをしている時間がとれない」という場合は、それほど手間がかからないのに元気に育つ種類の野菜を選べば無理なく続けられますよ。

ちなみに、我が家ではミニトマト、ピーマン、なすを作っていますが、簡単な水やりと肥料だけでもおいしく育ちました。

家庭菜園講座

受講料の相場

1回(1時間半~3時間ぐらい):1,500円程度

自治体が1回あたり300円ぐらいで講座を開催してくれたり、種を扱う業者さんが格安で教えてくれたりするケースも多いので、地元の情報誌や自治体のHPを細かくチェックしてみてください

まとめ

何か1つ夢中になれるものを見つけると、共働きでギスギスしがちな気分もずいぶんと楽になります。

習い事というと時間をかけてじっくり取り組まなければならないイメージがありますが、隙間時間をうまく使えば無理なく続けられるし、確実に上達していくので、興味をひかれるものがあればぜひトライしてみてください

私も、ピアノの自主練習とイラストの勉強、そして家庭菜園をずっと続けていきたいと思っています!(執筆者:畠山 まりこ)



この記事を書いた人

畠山 まりこ 畠山 まりこ»筆者の記事一覧 (42)

読書と音楽鑑賞と動物が大好きな主婦です。2013年からライター業を開始し、主に生活に密着したテーマの記事を書いています。「主婦」「女性」という立場を生かし、様々な切り口で読者様の役に立てるような記事を作っていきたいです。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
共働きでも習い事したい
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ