【共働き夫婦100組アンケート】夫(妻)が趣味に使って良い金額は2万円 女性の合理性がみえたその理由とは…

共働き夫婦100組に聞きました

稼ぎ頭が2人いるからといって、浪費していては貯金にまわらなくなってしまいます。

ただ、切り詰め過ぎた生活をしていても「なんのために働いているんだか…」とむなしくなってしまうものです。

そこで今回、筆者が独自に共働き夫婦100組に趣味に関するアンケートを実施しました。

どんな趣味があるのか、配偶者には趣味でどの程度の金額を使っても良いと考えているのか大公開しちゃいます。

「趣味がある」と答えた人は全体の約半数

趣味がないしやりたくても時間がない

勤勉だといわれる日本人。

夫婦共働きで十分に収入があっても、そもそも趣味がないという人が多かったのです。

趣味があるかないかの質問では「趣味がある」という回答が52%

趣味にお金を使う以前に、無趣味な人が半数も存在していました。

さらに、趣味があると回答した中でも、「趣味があるけれど時間がない」と答えている方が80%でした。

つまり、趣味はあっても満足にする時間がないのですね。

せっかくなら、一度きりの人生やりたいことは元気なうちに、満足できるまでやりたいものです。

趣味に使うのは「月2万円まで」が正解!

さて、本題の趣味に使うお金の話ですが、男女で同じ程度の割合で各金額が推移しました。

妻にはこの金額で趣味を楽しんでもらいたい

・ 5,000円以下… 21%
・ 5,000円以上1万円以下… 35%
・ 1万円以上2万円以下… 28%
・ 2万円以上3万円以下… 7%
・ 3万円以上5万円以下… 7%
・ 5万円以上… 2%

夫にはこの金額で趣味を楽しんでもらいたい

・ 5,000円以下… 30%
・ 5,000円以上1万円以下… 22%
・ 1万円以上2万円以下… 38%
・ 2万円以上3万円以下… 6%
・ 3万円以上5万円以下… 3%
・ 5万円以上… 1%

趣味で使うお金について、2万円以下が男女ともに8割以上を占めたのです。

もちろん、年収や家族状況によって金銭感覚にズレはあると思いますが、多くのご家庭で趣味は月2万円以内で楽しんでもらいたいと考えていることがわかりました。

金額よりも「理由」に男女で大きなズレが存在した

もうちょっと欲しい

面白かったのが、趣味として使って良い金額そのものではなく、男性の「使いたい理由」と女性の「使っても良いかな…と許せる理由」です。

男女で温度差があったので、少し紹介します。

「釣りが趣味なんですけど、店に行くといろいろ便利なものとかあって、欲しくなっちゃいます。

1万くらいでやりくりしていますが、本当はもうちょっとあればいいな…なんて思います」(30代男性・公務員)

限られたお金の中で、自分の趣味に使っているという男性

欲しいものはたくさんあるし、その欲しいものを買えばより趣味が充実しそうだけど…と考えているようです。

「スポーツジムの月会費で1万近くかかってしまっています。

でも、本当は有料オプションで参加できる限定のプログラムとかもやりたいと思っています。

嫁さんに相談したら却下だったので今は諦めていますが、本当はやりたい気持ちでいっぱいです」(20代男性・自営業)

会費がかかっているものは、支出が決められてしまいますね。

さらにそこからウエアやシューズを購入したり、有料のプランを加えたりするともう1万、それ以上…と必要になってくることでしょう。

女性の意見は視点がちょっと違いました

女性の考えは合理的

「パート終わりに週に2回だけヨガ教室に通っています。あと、脱毛にも通っています。

脱毛が趣味かと聞かれれば微妙ですが、お金がかかっているのは事実なので…。

月1万ちょっとくらいは自分のことに使ってしまっているので、旦那にも同じくらいは好きなことに使って良いよと言っています」(30代女性・会社員)

自分が使っている金額ベースでご主人の趣味のお金も考える…合理的というか、対等というか…。

「ネイルの月額会員になっています。

都度支払いよりも豊富なデザインから選べて、価格も一律。結果的にお得なのでそれで月1万円近くかかってはいますが、欠かせません。

旦那にも好きなことにお金を使って欲しいので、お小遣いに1万円上乗せして渡しています」(20代女性・会社員)

女性に目立ったのが、「自分がこのくらい使っているから、旦那もこのくらい使っていいよ」という理由でした。

一方に金銭的な偏りが生じることを避けていることがうかがえますね。

どこまでを趣味をとらえるかでも、金額感は変わってきますが、「自分がしたいことをすること」を趣味と捉えている人が多いこともわかる結果となりました。

もしかしたら夫婦で一度話し合いの場を持てば、趣味のお金として少しお小遣いが増えるかもしれません。(執筆者:三浦 希枝)

この記事を書いた人

三浦 希枝 三浦 希枝»筆者の記事一覧 (40)

前職は海上保安庁に所属し、船舶料理士とヘリコプタ―降下員として勤務。退職後、フリーライターになり4年目に開業。子連れ離婚そして再婚を経て、二児のママとして仕事との両立を図っている。Webライティング講師業もはじめ、活動の幅を広げている。趣味は時短、節約。特技は水泳(インターハイ出場経験有!)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ