私も家族も回転寿司が大好きで、よくいろんなお店に行っています。

中でもスシローは、一番利用頻度が高いお店です。

回転ずしのスシロー

≪画像元:スシロー

価格帯改定を発表

そのスシローですが、9月4日、すし商品の価格帯を改定すると発表しました。

現在は一皿100円、180円、280円で提供されていますが、これを9月14日から一皿100円、150円、300円に変更するとのことです。

100円皿は「定番皿」、150円皿は「お値うち皿」、300円皿は「感動皿」という名前です。

すし商品の価格帯を改定すると発表

≪画像元:スシロー

感動皿というネーミングが気に入りました。

スシローの本気度が伝わってきますね。

スシローにとっての狙いは、これまで100円では出せない価値のある皿を180円で提供してきたわけですが、思ったように利用者が手に取ることが少なかったので、今回の価格改定に踏み切った、ということです。

「150円に引き下げることで、気軽にとってもらえるようにした。」

とは、水留浩一社長の声。

ですが、よく見ると一方で、280円の皿は300円に値上がりしています。

280円のお皿を食べるときは「よし、今日は奮発しちゃおう!」という気分のときですから、確かに20円上乗せされても食べてしまう気はします。

スシロー回転寿司

そう考えると、うまい戦略ですよね。

家族4人で行ったとしたら

家族4人でスシローに行ったとしましょう。

大人2人に、中学生2人。

1人あたり100円皿5枚、180円皿3枚、280円皿1枚食べたとします。

4人の会計額は、5,280円

です。

これが、価格改定後だと、100円皿5枚、150円皿3枚、300円皿1枚×家族4人として、

合計額は、5,000円

です。

4人で280円ほどお得になりました。

これなら、あともう少し食べてもいいかも?という気分になりそうですね。

また、値上げになる300円皿の「感動皿」ですが、いまの280円のネタをそのまま値上げするのではなく、ボリュームアップや付加価値を付けての販売になる見通しです。

より豪華な「感動皿」、一度は味わってみたいですね。

なるべく安くおなかいっぱいになりたいとき

なお、スシローでなるべく安くおなかいっぱいになりたいのであれば、お寿司の前にうどんを注文すると良いですよ。

平日限定のかけうどんが130円なので、これを食べてからお寿司を手に取ると、お皿が4枚くらい少なくて済みます。

平日限定のかけうどんが130円

≪画像元:スシロー

我が家でも「外食したいけど、コストは抑えたいな」という日によく使うワザです。

大人だと、いつもは10皿(単純計算で1,000円)食べるところが、かけうどん+6皿だと730円です。

気軽にお寿司が食べられるのってとっても魅力的だと思いますから、これからも利用しやすいお店になっていって欲しいなと思います。(執筆者:上坂 亮子)