「無印商品」の人気商品300点が値下げ! その中から、筆者が実際に使っている「壁に付けられる家具」シリーズをご紹介します

先日無印良品から、くらしに役立つ基本の商品およそ300点の値下げが発表されました。

無印良品が値下げ

衣料品や雑貨・日用品、家具など、人気商品がさらに手に取りやすい価格になっています。

無印良品が値下げ発表

≪画像元:無印良品

その中から、筆者が実際に使っていてぜひおすすめしたい「壁に付けられる家具」シリーズについて紹介したいと思います。

お安くなった今、ぜひチェックしてみてください。

壁に付けられる家具シリーズとは

無印良品の人気商品「壁に付けられる家具」シリーズは、簡単に壁に収納スペースを増設することができるお役立ち商品です。

・玄関にバッグをかけておけるフックが欲しい

・写真やポストカードを気軽に壁に飾りたい

・グリーンやインテリアグッズをおしゃれに飾りたい

…など、「この壁にこういうスペースがあれば…」と思ったことがある方はいらっしゃいませんか?

この商品を使えば、そんな希望が簡単に叶えられますよ。

筆者が考える「壁に付けられる家具」シリーズの魅力は次の3つです。

1、形や大きさの種類が豊富

2、壁への設置が簡単

3、コストパフォーマンスが高い

その魅力についてじっくりご紹介していきましょう。

用途に応じて選べる幅広いラインナップ

「壁に付けられる家具」シリーズには形や大きさにもさまざまな形があります。

無印良品の「壁に付けられる家具」シリーズ

≪画像元:無印良品

シンプルな棚をはじめ、

・多用途に使える長押タイプ

・インテリアにもおすすめの箱タイプ

・吊り下げ収納にピッタリなフックタイプ

など、設置したい場所や収納したいものに応じて好きなものを選ぶことができるのがうれしいですね。

収納とは違いますが、ミラーも販売されています。

ちなみに、ベーシックな44cm棚タイプの耐荷重は3キロ。

意外と重いものを載せても大丈夫です。

筆者は今現在、長押とフックを設置しています。

長押は写真や子供の作品を飾ったり、フックをつけて帽子を収納したりしています。

フックにはちょっとした外出で使うエコバッグを吊り下げています。

無印のフック

どちらも非常に便利に使っています。

賃貸でも可能、超簡単な設置方法とは?

2つ目の魅力は、壁への設置が非常に簡単であるという点です。

壁に家具をつけるのなんて、普段DIYをしない人にとってはとてもハードルが高いですよね。

実際、筆者がそうでした。

でも「壁につけられる家具」シリーズなら、取り付けたい場所に付属の画鋲でフックを固定してひっかけるだけなんです!

専用固定ピンで専用フックを留める

簡単でしょう?

もちろん、特別な工具なども必要ありません。

さらに、賃貸の家に住んでいると最初から壁に収納を増やすなんて無理だと思っていませんか?

確かに賃貸なら、ドリルで穴をあけたり釘を刺したりするようなDIYは難しいでしょう。

しかし「壁に付けられる家具」なら、抜いたあとの穴が目立ちにくい画鋲をたった4つ指すだけなので取り外しも簡単だし、外した後の穴も補修グッズを使えばあっという間に元に戻すことが可能です。

抜いたあとの穴が目立ちにくい画鋲をたった4つ指すだけ

≪画像元:無印良品

さらに高くなったコストパフォーマンス

さて気になるお値段ですが、最もシンプルな「壁に付けられる家具・棚・幅44cm・オーク材」は1,990円。

壁に付けられる家具・棚・幅44cm・オーク材

≪画像元:無印良品

もとが2,490円だったのでかなり買いやすくなったと言えますね。

しかし、これは決して激安だとは言えないと思います。

同じような商品を探せば、例えばニトリなら990円で購入できます。

しかし、ニトリの商品は取り付けにネジを使用します。

これだけで無印を選ぶ十分な理由になるでしょう。

そしてやはり、見た目の美しさとどんな部屋にでもマッチするシンプルさを考えれば無印の右に出る商品はないと思います。

もし使わなくなっても他の場所で使えること、他のどんなインテリアの邪魔もしないこと…

こういった無印らしいお得を買うと考えれば、非常にコスパが高いと言って良いでしょう。

まとめ

簡単に、おしゃれに収納場所を増やせる「壁に付けられる家具」シリーズの魅力が伝わったでしょうか。

今回の値下げでとても手に取りやすい価格になったので、これまで気になっていた人はぜひ挑戦してみてください。

そのお手軽さと使いやすさに、コスパの良さを実感すること間違いなしです。(執筆者:金井 まき)

この記事を書いた人

金井 まき 金井 まき»筆者の記事一覧 (21)

一児の母。結婚後マンションを購入したことをきっかけに、節約、断捨離、家の片付け術などに興味を持つように。住みやすい家づくりと節約の両立を追及していく中で、無印良品のとりこになった専業主婦です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ