たまにはひとりで時間を気にせず、街を散策してのんびりしたい。

ただそれだけだったのに、思いのほか散財してしまい後悔したことはありませんか?

ムダ使いをせずに充実したひとり時間を過ごすため、カンタンな3つの下準備をお伝えします。

ひとり時間を満喫

無料でくつろげるスペースを把握しておく

おなかが空いたわけでもないのに、やたらとカフェに入るクセのある人は、あらかじめ出かけるエリア内にある無料スペースを把握しておきましょう。

エリア名・無料・休憩・スペース」のいずれかを組み合わせて検索すると見つかります。

おすすめは、デパートの休憩所パウダールーム

ベンチではなくソファやデザイナーズチェアなのがくつろげます。

また、お気づきかもしれませんが、近年は地下の歩行空間駅構内にも、テーブルと椅子が用意されたスペースが増えています。

穴場の可能性が高いのは、観光客しか訪れないような公立の資料館記念館です。

美術館や博物館は入場自体がほとんど有料ですが、資料館や記念館には無料の休憩スペースが設けられていることが多いのです。

手持ちのクーポンとクレジットカードを再確認

切り取った紙のクーポン、スマホにダウンロードしたクーポン。

ため込んでいるばかりでは期限が切れてしまいます。

当日どこで何のクーポンを使うかを決めておきましょう

クレジットカード派の人は、カードの特約店をチェックすると行き先を決めやすいです。

たとえば、JALカードはロイヤルホストを利用すれば2倍のマイルがたまります。

Tポイントもためられるクレジットカード(ファミマTカードやYahoo!JAPANカードなど)は、すかいらーくグループを利用すると加盟店利用ポイントがつきます。

当日は、水筒と在庫メモを忘れずに


飲みものを入れた水筒は子どもとのお出かけには欠かせませんが、大人のお出かけにも忘れずに。

おいしい自作の紅茶やカフェ・ラテがあれば、自動販売機をスルーできます。

優雅にウィンドーショッピングを満喫して帰る予定が、つい食料品売り場にも寄っておきたくなるのが主婦。

念のため、在庫メモは常に携帯しておきましょう

デパ地下の食料品売場は、スーパーより少し早めに値引きシールが貼られます。

17時過ぎから徐々に安くなりますから、その日の晩ごはんに間に合うかもしれません。

ムダ使いをせずにひとり時間を過ごす下準備は、小さな旅行計画のようで楽しい作業です。

ハシゴしてしまったカフェのレシートを眺め、使いそこねたクーポンやサービスに後悔しないお出かけを楽しんでくださいね。(執筆者:白戸 春)