半年ごとにやってくる衣替えの季節

面倒な衣替え

新たな季節へと変わっていくときめきを感じつつ、その一方で面倒くささにうんざりしながら衣替えをやっている人も多いのではないでしょうか?

ところで、多くの人は押入れやクローゼットに衣装ケースを使ってオフシーズンの服を収納している人はずです。

「今まで衣装ケースにちゃんと収まっていた洋服も、新しい服が増えすぎたことで入りきらなくなってしまった」

という経験をした人も少なくないでしょう。

ここで、思い切っていらない洋服を捨ててしまうことができるならとっても簡単です。

しかし「まだ着られるかもしれない」という思いから、なかなか洋服を捨てられないという人も多いのではないでしょうか?

今回はカインズホームの衣装ケース「キャリコ」を使うことで、おうちの空きスペースを活用して上手に衣服を収納するテクニックをご紹介します。

押入れやクローゼットに入りきらなかった衣服がピッタリ収まると気持ちもスッキリしますよね。

まず収納ケースを置く場所の奥行きから測ろう!

空きスペースを有効に活用するためには、まず、その奥行きを測ってみることから始めましょう。

実は、衣装ケース選びをするときに、高さや幅ばかり気にして奥行きをなおざりにしている人が少なくありません。

カインズホームの衣装ケースなら奥行きも「38.5cm・46.5cm・53cm・74cm」と4種類のサイズから選べます。

この中から収納ケースを置きたい場所の奥行きに近いものを選ぶとピッタリ収納できます。

カインズホームの収納グッズ

外置きするなら「スタックボックス キャリコ」

スタックボックス

押入れやクローゼットにあまり収納スペースがない場合は、思い切って「見せる収納」を選ぶという選択肢もあります。

そんなときにおすすめなのが、カインズホームの「スタックボックス キャリコ」です。

奥行きが38.5cmなので、外置きしてもお部屋の邪魔になりにくいのが魅力です。

外置きすることを意識してデザインされているので、カラーも落ち着きのあるタイプのものがあってどんなお部屋にもマッチします。

子供部屋ならブルーやイエローのものもあるので、家族別に色分けするのもいいですね。

このキャリコはキャスター付きなので、奥行きのある押入れやクローゼットなら、手前と奥に収納ケースを置いて季節ごとにチェンジさせるということも可能です。

衣替えを思いっきりラクにすませたいという人にはおすすめです。

ベッドの下にピッタリ収納できる衣装ケース

ベッド下のスペースを有効活用

≪画像元:通販のカインズ

ベッドやソファーの下にスペースがあり、そこに衣装ケースを収納したいという人には「キャリコオレア 浅型」がおすすめです。

奥行きが74.7cmなのでスペースをしっかり活用できます。

しかも、高さは19.5cmなのでソファーやベッド下が低い場合でも利用可能です。

色はクリアブラウンなので中身が見えない感じで置けて、それでいて中に何が入っているのかはわかるというスグレモノです。

ベッド下が高い場合は重ねて置けるので、高さ調節も自由にできるのがうれしいですね。

しかも、フタが2段階で開けられるので、ちょっとずらせば下のケースからも中身が簡単に取り出せます。

洗面所の空きスペースに衣装ケースを置く

洗面所の空きスペースに衣装ケース

≪画像元:通販のカインズ

洗面所に少し空きスペースがあるなら、そこに下着やタオルを収納するのもひとつの方法です。

お風呂から上がったときに、そのまま下着を取り出すことができて便利です。

今まで下着を入れていた衣服の収納スペースに余裕ができます。

ぜひ、少し発想を変えて洗面所にも衣装ケースを置いてみましょう

こんなときにも便利なのがカインズホームの「スタックボックス キャリコ」です。

奥行きは38.5cmなのでたいていの洗面所の場合、邪魔になりません。

積み重ねることもできるので洗面所の高さをフルに活用して収納でき、しかも、その状態のままフタが開けられるので便利です。

幅もS・M・Lの3サイズがあり、洗面所のサイズに合うものを選べます。

カインズホームの「キャリコ」を使えば収納スペースが広がる

押し入れやクローゼット内をしっかり活用しても、まだ、洋服の収納場所がないという場合は、カインズホームの「キャリコ」を使うと解決するかもしれません。

幅もS・M・Lと3サイズあり、奥行きも38.5cmなのでどこに置いても場所を取らないのが魅力です。

しかも、重ねてスタッキングしていくことでいろいろな使い方ができるのも助かります。

また、このカインズホームの「キャリコ」を使って、種類を分けながら衣服を収納していくと洗濯物の仕分けもラクになります。

衣替えをして入りきらない洋服は、カインズホームの「キャリコ」を使って収納してしまいましょう。(執筆者:桜田 園子)

【サマポケ】月額250円~の収納サービス 箱につめておくるだけ!
TVCMで噂の「サマリーポケット」