二重を自分で作る「アイプチ」

二重を自分で作れる道具

アイプチを知っていますか。

きっと若い子たちが使っているイメージはあるかと思います。

アイプチとは、二重を自分で作れる道具です。

非常に便利なものなんですよ。

若い子だけに使わせておくのは勿体無いのです。

ぜひチェックするべき一品です。

種類が豊富ですから購入するのに悩みやすいかと思うのですが、実は100円ショップの物がとても優秀なので、手軽に購入して一度試してみるのはいかがでしょうか。

「アイプチ」オススメな人

・ 一重で二重になりたい人

・ 左右の二重幅が違うため悩んでいる人

・ 二重の線がたるんできてしまった人

など、とにかく目元でお悩みの方全般に使える救世主アイテムなのです。

今回はお勧めアイプチについて紹介していきたいと思います。

テープタイプ:ダイソー「のび~るアイテープ」

テープタイプは、まぶたに貼ればいいものです。

簡単に使えるので魅力的ですが、一度剥がれてしまうと粘着力が弱まってしまうところが欠点です。

ノーメイク状態でテープをつけ、上からメイクするときは優しく行うようにするのがポイントです。

テープタイプのおすすめ商品は、なんといっても「ダイソー・のび~るアイテープ」です。

透明タイプと絆創膏色タイプがありますが、絆創膏タイプのほうが目を閉じた時に目立ちにくくてお勧めです。

「100円ショップのだから肌に悪そう!」

と思っている方もいるかもしれませんが、医療用のテープを使用しているので肌にも安心です。

そして86枚も入っているので、ちょっと失敗してしまったとしてもそこまで悔しい思いをしなくても次を使えます。

初心者にとって、自分の好みの二重幅を見つけて左右上手につけるのは、はじめはとても大変かもしれません。

ですが、何回か練習をすればすぐに簡単にできるようになります

ですから、勿体無い気持ちが全くおきないダイソー商品での練習はとっても有り難いですよね。

どうせならば、透明と絆創膏色を両方買う大人買いをして(といっても216円)、自分好みの仕上がりになるほうを選んでみるのもいいのではないでしょうか。

一度コツを掴んでしまったら、もう二度とおさらばできない商品になってしまうかもしれません。

リキッドタイプのお勧めアイプチ

リキッドタイプのおすすめ商品も紹介していきたいと思います。

ダイソーにも売っていますが、あえて違う商品を紹介します。

1. コージー本舗・アイトーク 918円

アイトーク

≪画像元:コージー本舗

これはアイプチの元祖の商品と言ってのいいのではないでしょうか。

アイプチが流行りだしたころからあるロングヒット商品です。

保湿成分の植物性セラミドが配合されているので目元の負担の心配は要りません。

使いやすく、乾きが早く、粘着力もあるので本当にお勧めです。

見た目もピンクでかわいいので、ポーチに入れておいても違和感はありません。

2. イミュ・アイプチS 842円

アイプチS

≪画像元:イミュ株式会社

ドラッグストアで簡単に手に入れることができ、持続力が強く1日もってくれます。

低刺激なので肌にも優しく申し分ないです。

初心者には「リキッド」がおすすめ

リキッドタイプにはプッシャーと呼ばれる二重部分の深みを調節できる道具が付いています。

リキッドをつけてからプッシャーで微調節ができるので、好みの二重を簡単に作ることができるので初心者の方はこちらの方が使いやすいかもしれません。

スッピンに自身がない方は、アイブロウタトゥーを入れたり、まつげエクステをつけたりすることで自信をつけたり楽をしたりしますが、アイプチをするだけでも効果がありますよ。

リキッドタイプの注意点

リキッドタイプは、テープとは逆でアイメイクが完成してから行うといいでしょう。

リキッドをつけるあたりには油分の多いメイクは避けるようにしたほうがいいです。

お休みの日に何度か練習をしてから、本番を迎えることをお勧めします。

100円ショップで購入すればコスパは最強です。

整形より「アイプチ」がおすすめ

理想の目元を作ろう

整形も敷居はかなり低くなりました。

そして、意外としている人も多かったりしますよね。

二重手術も短時間であっという間にできてしまうそうです。

でも、そこには失敗という恐れがあったり、気持ち的に負い目に感じてしまう恐れもあったりと、全員にはお勧めできにくいことだと思います。

アイプチを使えば、

・ 整形まですることなく自分の理想の顔に近づける

・ ちょっとずつ流行にも対応する

・ 不自然に仕上げないようにもできる

私は絶対こちらを100%お勧めします。

肌への負担は最低限に

もちろん肌に優しい物でできているのですが、24時間つけっぱなしだとやはり肌に負担がかかります。

ですので、夜はすぐ落としたり、休日を作ったりして肌への負担を極力与えないよう工夫も必要でしょう。

まぶたのマッサージや保湿を十分に行うようにして、肌トラブルにならないように心がけ、新しい自分に出会えるアイプチで思う存分楽しんでみてください。(執筆者:小祝 可奈子)