海外での「現地通貨」入手や両替 どこで、どうするのが一番お得?

海外旅行に行って最初にしなくてはいけないことが、現地通貨の調達です。

食事をするのにも電車やバス、タクシーに乗るのにも現地の通貨が必要。

ところでこの現地通貨、いったいどこで、どうやって入手するのが一番お得なのでしょうか

海外旅行大好きな筆者が、お得な現地通貨の入手方法をお伝えします!

海外での「現地通貨」入手法

海外での両替方法

海外で通貨を両替する方法として思いつくのは

・ 空港の両替商で両替
・ 街中やホテルの両替商で両替
・ クレジットカードでキャッシングして両替
・ 日本であらかじめ両替しておく

こんな方法があります。

どの方法を使っても日本円を現地通貨に換えられるのですが、注意したいのはレート

毎日発表される為替相場の金額そのままの値段で交換できるわけではなく、日本円を現地通貨に交換するときも、現地通貨を日本円に交換するときも、一定の手数料を取られるのです。

この手数料は決まっているわけではなく、両替をする場所によって違うため「Aで両替をするより、Bで両替をしたほうがずっとお得だった!」という可能性があります。

さて、一番お得なレートで交換できるのはどこでしょうか?

海外での両替、安全と安さで一番おすすめ! ATMでキャッシング

海外のATM

もっともお得なのは、ATMでクレジットカードを使ってキャッシングする方法です。

現地の銀行のATMにカードを入れ、キャッシングを選択。

希望する現地通貨を貸し付けという形で出金します。

後ほどクレジットカード会社から、日本円に換算した金額で他のカード利用料金と一緒に請求されるという仕組みです。

クレジットカードのキャッシングでも現地通貨を円に換える手数料は取られますが、一般的に両替商を使うよりも手数料が少なく、また

「渡される現地通貨をごまかされ、少ない額しか手渡されない」

「偽札を渡される」

という詐欺に合わないため、安全です(国によっては、街中の両替商の利用は危険だとされているケースもあります)。

筆者はマレーシアを訪れることが多いのですが、両替のレートを比較すると

1. クレジットカードでキャッシング
2. 街中の路面店の両替商
3. デパートやショッピングモールの中の両替商
4. 空港の両替商

という順序でレートが悪くなります(マレーシアの場合。国によって2~4の順位は変動します)

ちなみに、マレーシア北部の都市ペナンで、1万円をリンギットに交換した際、ペナンの両替商が並ぶ通りの中で一番良いレートだった店での両替と、カードでのキャッシングを比較すると、キャッシングのほうが約100円お得でした。

ATMならある程度の規模の町ならどこにでもありますし、VISAやMASTERといった国際ブランドにはほとんどのATMが対応しているので「使えない」と困ることがありません

ただし、1点注意したいことが

それは、クレジットカードで現地通貨を引き出すのはキャッシングになるので、高い利子がかかります(エポスカードの場合、実質年率18.0%です)。

利子は借りた日から返済するまでの日数で計算されるため、1か月程度の短期間で返済すればそれほど高くなりません

海外で現地調達したお金は、早めに一括返済しましょう。(執筆者:草間 綾子)

この記事を書いた人

草間 綾子»筆者の記事一覧 (23)

旅行好きのライターです。旅行費用捻出のために、日々節約に励んでいます。良さそうだと思ったものは、とりあえず試してみる派です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
海外での「現地通貨」入手法
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ