あなたの周りにも、一人ぐらい

「この人、浪費が激しいな」

「お金の使い方が派手で、ちょっと合わないかも?」

という人はいるのではないでしょうか。

「浪費グセ」のある人

筆者の周りにもいます。

そんな人たちは2パターンに分けることができます。

お金があるから使う金額も多い人(=分相応な使い方をしている人)」と「お金が無いのに欲望に負けて使ってしまう人(=本物の浪費家)」です。

この後者の人と付き合うと、浪費グセが「うつってしまう」ことがあります

その理由がこちらです。

せっかく一緒にいるんだし、空気を壊すのも悪いから…

何もないのに高級ランチを食べるなんて 

浪費グセのある人と一緒に過ごす時、例えばランチに出かけたとします。

浪費グセのある人は「自分の食べたいものを最優先」することが多いもの。

相手のお財布事情など、構ったものではありません(分相応に使う人なら、ここはこちらのお財布事情を気遣ってくれるものです)。

高いお店に入り、3,000円のランチを平気で注文。

別料金のドリンクも付けちゃいます。

すると「せっかく一緒にいるのだから、私も同じくらいの金額のものを、ドリンクも注文しなきゃ」となるのです。

いいなあ、私も欲しい…

浪費グセが服飾品に向かう人と付き合うと、どんどん目新しいものを身に付ける相手を見て自分と比較し、さほど古くない自分のバッグがなんだか色あせて見えたりするものです。

「まだまだ使えるけれど、でも、私だって欲しい。買っちゃおうかな?」と思ってしまいます

なんでもすぐ買っちゃう人いませんか?

返せる範囲なら借金ってそんなに怖くないのかも…?

身近に、借金をかかえる浪費グセがある人物がいる

けれど、なんとかまだ毎月返済できているようだ。

こんな場合は特に注意です!

知らない間に

「借金って、意外と怖くないのかもしれないな」
「上手に使えば、案外便利だったりするのかな」
「事実、あの人もそんなに困った様子はないし」
「もう少しお金があれば、やりたかったこと、欲しかったもの、いろいろ叶う……」

そんなことを思うようになってしまうことも。

私の友人は、友人の母親に借金癖があったのですが、そのせいか借金を軽く考えるふしがあり、お金が足りなくなると少し借りては返し、また少し借りては返し、といったことをしています。

「やめなよ」、「考えて使った方がいいんじゃない?」と声をかけることもありますが、一方で私も「あ、そんな簡単に借りられるんだ。もしかして便利?」という思いが頭をかすめたことがあります

浪費グセがある人と一切付き合うな、というわけではありません。

しかし、流されないように自衛することは大切ですね。(執筆者:上坂 亮子)