防災グッズに「無印良品」 普段使いできるから便利な3品

地震や台風などの大きな被害が続いた昨今、今後もいつ訪れるかわからない災害に備え、改めて自宅に防災グッズを準備された人も多いのではないでしょうか。

防災グッズと言えばもちろん非常時に使うものなので、日常的には使わないものを用意しなければならないというのが難しいところですよね。

そこで今回は、無印良品で買える「普段使いできる」防災グッズを紹介したいと思います。

無印良品の 防災グッズ


緊急事態にあっても、普段と同じものをそのまま使えるというのはそれだけで安心感につながりますよ。


1. LED持ち運びできるあかり 税込6,890円

LED持ち運びできるあかり


≪画像元:無印良品


停電してしまった場合に備えて、懐中電灯やランタンは最初に準備する防災グッズですよね。

しかしながら懐中電灯やランタンはまさに非常時にしか使わないものなので、いざという時どこにあるかわからなかったり、気が付けば電池が切れてしまっていたりすることがあります

そこで、無印の「持ち運びできるあかり」がおすすめです。

無印らしいシンプルなデザインで、普段からリビングに置いてあってもおしゃれに馴染みます

そしてもっとも特徴的なのが、ハンガー型の持ち手です。

使う時だけドアノブやポールにひっかけることができるので、例えば寝る前の読書灯として、暗い倉庫を照らす明かりとして、普段から家中いろいろなところで使うことができます。

充電台にセットしておけば停電時に自動で点灯する機能がついているので、災害には非常に心強い存在になりますよ。


2. 歯磨きシート 12枚 税込290円

歯磨きシート


≪画像元:無印良品


自宅が断水してしまったとき、飲み水や食事、トイレなど困る場面はいろいろと考えられますが、意外と想定されていないのが歯磨きです。

貴重な水はどうしても飲み水や食事に優先して使われることになりますし、トイレに関しては簡易トイレなどの準備をしているご家庭も多いことかと思います。

さらに外で避難生活を送ることになればなおのこと、口腔ケアにまで気が回らないでしょう。

しかしそんな時こそ歯磨きは大切で、口の中で雑菌が繁殖してしまうと体調にも影響を及ぼしかねないそうです。

そこで便利なのが、無印良品の歯磨きシートです。

水を使わずに歯を磨くことができるので防災リュックに1つ入れておくと安心です。

もちろん普段使いできるので、例えばキャンプや旅行、飛行機など長時間の移動をする際にも重宝しますよ。

1枚ずつ使い捨てなので家族で共有しても衛生的なところもポイントですね。


3. レトルト食品

無印良品のレトルト


≪画像元:無印良品


災害時、スーパーやコンビニの食糧はあっという間になくなってしまいます。

運よく何か買えたとしても、何時間も並んでおにぎり1個だけ…なんてことも十分あり得ます。

そこで、食品のローリングストック法がおすすめされています。

ローリングストックとは、普段から食べるレトルト食品を多めにストックしておき、食べては補充を繰り返すことで賞味期限切れを防ぎながら非常時に備える食品のストック方法です。

無印良品のレトルト食品は、ローリングストックに非常におすすめです。

特に「素材を生かしたカレー バターチキン(税込350円)」は、言わずと知れた大人気商品。

計画的に購入と消費を繰り返せば、非常時でも人気のおいしいカレーを食べることができますよ。

つらい状況の時こそ、いつもと同じおいしいものが食べられることは何より安心に繋がります。

無印良品のレトルト食品、ぜひ防災グッズに取り入れてみてください

ちなみに、ネットストアでの10個まとめ買いなら5%オフで購入できます。


まとめ

無印良品ホームページ


≪画像元:無印良品HP


普段使いもできる無印良品の防災グッズを紹介しました。

どれも今すぐ普段の生活に取り入れることができるものばかりです。

もしもの時こそできる限り普段と同じ生活を送ることで、少しでも精神的な安心を保ちたいものですよね。ぜひお試しくださいね。(執筆者:金井 まき)

この記事を書いた人

金井 まき 金井 まき»筆者の記事一覧 (15)

一児の母。結婚後マンションを購入したことをきっかけに、節約、断捨離、家の片付け術などに興味を持つように。住みやすい家づくりと節約の両立を追及していく中で、無印良品のとりこになった専業主婦です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
無印良品の 防災グッズ
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ