KALDIで見つけた食パンの「おとも」

朝食に食パンが定番になっている家庭は、食パンのおともも定番になっているのではないでしょうか。

バターやジャムのトーストやスライスチーズをのせたチーズトーストあたりが定番で、ハムの残りがあればハムチーズトーストで豪華にするくらいです。

「もっとバリエーションを増やしたい」とは思っても、朝は忙しく「食パンを焼くだけ」で精いっぱいです。

今回は、手間をかけずにいつもの食パン朝食をグレードアップさせる「おとも」をカルディでみつけました。

1. クセがないおいしさ「イル・ド・フランスカマンベール125g」398円(税込)

イル・ド・フランスカマンベール

食パンのおともの定番といえば「チーズ」です。

カルディにはおいしいチーズがたくさんあります。

カルディの店頭にある冷蔵コーナーに、定番商品でオレンジ色のパッケージの「ボンジュールドフランス」というカマンベールチーズがありました。

125g入りで298円という安さとクセのないさっぱりとした味で人気があったのですが、「イル・ド・フランスカマンベール」という名前に代わり、値段も100円値上がりしてしまいました。

とはいっても、本格的なフランス産のカマンベールが398円とはお買い得です。

オススメの食べ方

横半分にカットし、断面を下にして食パンにのせてトーストします。

外側の白いベール部分には歯ごたえが残り、中からはさらにやわらかくなったチーズがあふれ出してきます。

毎朝定番のチーズトーストをちょっとリッチな味わいです。

カルディのチーズはレベルが高い

カルディは、国内外の珍しい食材が豊富にあります。

外国の食材はパッケージだけでは味のイメージがつきにくく、チャレンジしてみたら「なじめない味だった」ということがしばしばあります。

しかし、チーズははずれが少ない食材であり、カルディのチーズは値段の割にレベルが高いものが多いのです。

2. 在庫があったらラッキー「平田牧場三元豚のレバーペースト60g」348円(税込)

平田牧場三元豚のレバーペースト

≪画像元:平田牧場 通販店≫

育ち盛りの子どもがいる家庭では、食パン朝食の栄養面が気になるかもしれません。

チーズやハムをのせて食べればタンパク質はとれますが、鉄分の摂取はなかなか難しいです。

そこでおすすめするおともが「レバーペースト」です。

レバーはくせがあり、苦手な人も多いのですがペースト状になると口当たりがなめらかになり食べやすくなります

カルディには、さまざまなパテが売っています。

外国のレバーパテもたくさんありますが、口当たりが悪かったり、くせが強かったりするものも多くあります。

「平田牧場の三元豚レバーペースト」は、材料に余計なものが入っていないため、添加物が気になる人でも使いやすく、国産ならではの繊細さがあります。

レバー × オリーブ

ザク切りオリーブ

≪画像元:カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ≫

レバーのくせが気になるようであれば、カルディオリジナルの「ザク切りオリーブ」を合せてみるといいでしょう。

「ザク切りオリーブ」は、グリーンとブラックとカラマタがあります。

レバーペーストとオリーブがのったトーストは、もはや朝食とは呼べない満足感です。

3. ずばりおいしい「ナチュロニーゴールデンロッドハニー375g」849円(税込)

ナチュロニーゴールデンロッドハニー

朝は甘いものが欲しくなります。

忙しい朝でもハニートーストとコーヒーがあると、なぜかホッします。

しかし、ハニートーストにはいくつか難点があります。

それは、瓶入りのハチミツだと、うまく食パンに塗ることができず、テーブルがベタベタになってしまうことです。

また、ハチミツの種類は多く、選び方を間違ってしまうと「甘すぎる蜜」になってしまうことがあります。

カナダのケベック州産のハチミツ

ハチミツは、ハンガリーやアルゼンチン、カナダでもアルバーター州のものが多いのです。

カナダのケベック州は、メープルシロップで有名です。

サトウカエデから樹液を採取する時期は、町全体が甘い香りに包まれるといわれています。

ナチュロニーゴールデンロッドハニー」は、ケベック州で咲いている野生のゴールデンロッドという花から作られたハチミツです。

一般的なハチミツよりも濃い目の色ですが、ハーブの風味を感じるさらっとした甘さが特徴です。

ボトルの口にも工夫があります

シリコンの弁がついています

ハチミツは、栄養価も高く子どもも大好きですが(ハチミツは1歳未満の子どもには与えないでください)、自分で塗るとなるとこぼされてしまい、片付けが大変になります。

「ナチュロニーゴールデンロッドハニー」のボトルは、ハチミツの出入り口にシリコンの弁がついています

ハチミツが液だれすることもなく、きれいに使えます。

瓶詰のように口が開いていないため、ゴミが入る心配もありません。

ボトルを強く押せば太くハチミツが出て、弱く押せば細い線状にハチミツが出てきます。

最初に紹介したカマンベールの上から細くハチミツをかけて食べても一味違った食パン朝食になります。

4. においが気にならない「ハーブ&ガーリック風味チーズディップ45g」170円(税込)

ハーブ&ガーリック風味チーズディップ

≪画像元:カルディコーヒーファーム 公式オンラインショップ≫

ニンニクは食欲をそそります。

ニンニク好きは、朝からガーリックトーストが恋しくなるかもしれません。

しかし、ガーリックトーストで気になることは「におい」です。

カルディには「ガーリックマーガリン」がありますが、ガーリックそのものが材料に使われているため、どうしてもにおいが気になります。

「ハーブ&ガーリック風味チーズディップ」は、ガーリックは「風味」で実物は使われていないため、香りは感じてもにおいが残る心配はないのです。

さらに、ディップのベースがクリームチーズのため、時間がない朝は焼かなくても塗るだけで食べることができます。

朝食は「食べないといけないから、食べる」が多いですが、ちょっとの変化で「食べたいから、食べる」に変えられると、朝から楽しくなれます。(執筆者:式部 順子)