click here!

香港国際空港から香港駅まで大人2人で約1,000円お得 香港エアポートエクスプレス「割引チケット」入手法

日本から気軽に行ける海外旅行先として人気の香港。

香港国際空港から九龍・香港駅まで安く移動できるのが市内バスです。

空港から九龍駅周辺まで33HKD(約480円)で約30分、香港駅までは40HKD(約580円)で約1時間かかってしまいます

1HKD=14.44円(2018.12.7)

香港エアポートエクスプレス割引チケット入手法

時間を無駄にしない! エアポートエクスプレス

エアポートエクスプレスなら、香港国際空港から市内(九龍・香港)まで直通約22~24分

貴重な観光の時間を奪うことなく、スムーズに移動できるのが魅力です。

便利な分、利用料金が少し高めです。

エアポートエクスプレス

≪エアポートエクスプレス≫

通常料金

大人(12歳以上)片道・当日チケット

香港駅 オクトパス:110HKD(約1,600円) スマートチケット:115HKD 往復:205HKD(約3,000円)

九龍駅 オクトパス:100HKD(約1,450円) スマートチケット:105ドル 往復:185HKD(約2,700円)

青衣駅 オクトパス:65HKD(約950円) スマートチケット:70ドル  往復:120HKD(約1,750円)

チケットサイトで割引利用!

海外旅行サイトのチケット割引を利用すれば、エアポートエクスプレスチケットをお得に購入できます

現地で購入するよりも格段安く、空港から香港駅までの往復が最大約1,000円割引に。

家族旅行で利用人数が増えるほど、お得さが増します。

スマホがあれば当日でも購入でき、その場ですぐ使えます

Eチケットは予約後にQRコードが送られてくるので、改札でQRコードを読み込ませるだけです。

QRコード型チケット

≪QRコード型チケット≫

面倒なチケット交換もいらず、スムーズに利用できて便利です。

チケットを割引購入できるサイトをご紹介します。

Vayagin 乗車チケットが34%OFF

Vayagin

≪画像元:Vayagin

※チケットは予約後80日間以内ならいつでも利用できます。

kkday 乗車チケット30%OFF

kkday

≪画像元:kkday

ネット予約後、QRコードが届くので、面倒なチケット引き換えが不要!

KLOOK 乗車チケット 37%OFF

香港を拠点としているサイトKLOOK

≪画像元:KLOOK

アクティビティ・チケット予約サイトで、香港を拠点としているサイトです。

登録には英語で入力が必要ですが、1度登録してしまえば次回からログインしてすぐに購入が可能です。

実際に利用してみた

筆者も先日、一番割引率の高いKLOOKのサイトで購入してみました。

購入したのは、香港国際空港から九龍駅までの片道チケット

通常105HKD(約1,680円)が70HKD(約1,100円)に37%割引され、35HKD(約580円:2人分で1,160円!)お得に購入できました。

利用方法

(1) サイトにアクセス

(2) 「Book Now」をクリック

(3) 利用が初めての時は「Sign up your Email」をクリックして、メールアドレスを登録します(QRコードが送られてくるので、スマホで受信できるメールアドレス)

(4) 利用する日付・利用区間(九龍・香港・青衣)と片道・往復を選択

(5) 必要枚数を選択し、「BOOK NOW」をクリック

(6) 利用者名とメールアドレス、電話番号、クレジットカード情報を入力、「CONFIRM」をクリック

(7) 入力完了するとQRコードが届きます

(8) 利用時に改札で「Scan QR Code」にタッチすればOK

旅行の時、意外とかかるのが交通費。

シートゆったり。Wifiも使えます

≪シートゆったり。Wifiも使えます。≫

安い交通手段を使うと移動に時間がかかって貴重な観光時間を奪われることもあります。

海外旅行のチケットサイトを上手に利用すれば、電車の切符代や観光地のチケットを安く手に入れることができます。(執筆者:桜井 まき)

この記事を書いた人

桜井 まき 桜井 まき»筆者の記事一覧 (30)

これまで美容関連、グルメ記事や旅行関連記事など多岐にわたる記事のライティングまた、中国語翻訳に携わる。夫の仕事の関係で中国と日本を行き来する生活をはじめ、年に数か月主に中国の南方で生活している。女性ならではの視点で、今の中国を紹介する。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
香港エアポートエクスプレス割引チケット入手法
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ