秋冬に実践できる5つの「節約テク」 来年の蓄えを増やして、新年を迎える。

近頃は冷え込みも強まり、2018年も残すところ数える程度となりました。

今年の1年を振り返ってみて、目標通りの貯金は達成できましたでしょうか。

今回の記事では、来年をより気持ちよく迎えるために今から始めたい節約テク5つをご紹介します。

秋冬に実践したい節約テク5選

1. 電気料金をセット割や時間帯割引に切り替える

電気料金をセット割や時間帯割引に切り替える

寒さが厳しくなる前に考えたいのが光熱費の節約です。

特に冬場は暖房器具やお風呂、温かい料理を作るためのガス代など、何かと光熱費がかさむ時期です。

ガス代と電気代、携帯料金などの利用会社をまとめる事でお得な割引が受けられる「セット割」は、この季節にぜひ検討したいお得なサービスです。

契約開始から数か月間はさらにお得になるケースもあるので、本格的に寒くなる前に契約を済ませておきましょう。

さらに、一人暮らしや共働きなどで日中はあまり家に居ないという方には時間帯割引がおすすめです。

昼間は高く、夜間は安いといったように時間帯に合わせて電気料金を設定できるため、自分のライフスタイルに合わせた契約にするとかなりの節約になります。

2. 暖房器具の電気代を見直す

暖房器具の電気代を見直す<

早めに見直したいのが自宅で使用している暖房器具の電気代です。

なんとなく昔から同じ暖房器具を使っているという方も多いかもしれませんが、古い暖房器具ほど電気代がかさむこともあります。

最近ではエコを重視した家電が多いため、電気代を計算してみると意外と買い換えた方がお得だったということもあります。

暖房器具ではなくニトリのNウォームや裏起毛の洋服など、安価で機能性に優れた寝具や寝間着を買うことで暖房器具が不要になるかもしれません。

いつも気付くと電気代が高くなってしまっている…という方は、ぜひこれからの季節に使う家電の電気消費量を見直してみてください。

3. 来年のためにボーナスを多めに残す

ボーナスを多めに残す

普段から自動積立システムなどで定額貯金をしている場合、ボーナスに合わせて設定額を増やしている方も多いかもしれません。

しかし、この時期は既存の設定額に加えて、来年の資金繰りを見越して貯金額を変動させると、より戦略的に貯蓄を増やせます

「年末は飲み会が増えるから何となく多めに手元にお金を残しておこう」

と思っている方はぜひこの機会によく検討してみてください。

飲み会が増えるといっても、大体は回数も金額も予想ができるはずです。

下手に多めに残すと余計な出費が増えてしまいます

年末年始で使う予定のお金はしっかり計算して、使う分だけ手元に残すようにしましょう。

同時に来年自分が何にどのくらいお金を使いたいのかを考えてみることをおすすめします。

来年の希望を考えると気分が明るくなりますし、貯金のモチベーションもアップします。

今のうちに目標を定めて、来年の自分のためにボーナスを有効利用できるよう計画的な貯蓄を心がけてみてください。

4. 休暇を利用して投資を始めてみる

投資を始めてみる

いつも年末年始の休暇はテレビを見てゴロゴロしているだけで終わってしまう、という方も多いかもしれませんが、年末年始の休暇は貯蓄の絶好のチャンスです。

特に投資のように、始めるまでが腰が重いと感じるようなものは、長期休暇中に一気に決断すると、1年の良いスタートを切れます。

投資と聞くと知識やまとまったお金や必要で自分には関係無いと思われる方もいますが、今では初心者でも始めやすく手数料も安い、良心的な投資信託の商品も多数取りそろっています

年末年始のバーゲンで結局あまり出番がないような適当な洋服を買うよりも、同じ時間を使って投資を始めておいた方が最終的には価値の高いステキな洋服を買えるようになります。

また、現在すでに株式や投資信託を保有中の方も、ポートフォリオのリバランスを行う良い機会ですので、休暇中にぜひ見直してみてください。

5. 年末年始の休暇中に副業をする

お小遣い稼ぎしてみる

同様に年末年始の時間を有効活用するのにおすすめなのが副業です。

働き方改革の一環で副業が許可されている会社も増えていますので、お小遣い稼ぎとして何か1つ初めてみるのも手です。

年末年始のイベントに合わせた催事スタッフのアルバイトなど、普段は見ないような好条件のお仕事も増える他、自宅でできるような案件もあるので自分の予定に合わせて好きに行う事ができます。

わざわざ出かけたり慣れない事をするのは面倒だという方は、家の不用品をフリマアプリで販売するのが最も手軽でおすすめです。

一人暮らしだからあまり不用品が無いと思っていたけど、実家に帰ってみたら売れそうな物がいっぱいあった!という事も考えられます。

実家の片付けの手伝いと称して売れそうな物は譲り受け、フリマアプリで出品してみると、家族にも喜ばれる上に意外と良いお小遣い稼ぎになるかもしれません。

来年に備えて

忙しかった1年も終わりに近づき、来年について思いをはせる時期になりました。

光熱費や通信費の見直しなど、やり残した事は今年中にしっかりと済ませておきたいですね。

来年の楽しい生活のために、今回ご紹介したものを中心として今の季節に効果的な節約に着手してみて下さい。(執筆者:島村 妃奈)

この記事を書いた人

島村 妃奈 島村 妃奈»筆者の記事一覧 (17)

20代で1000万円を貯めた経験を元に、実用的なマネー術をご紹介します。現在は秘書として働く傍ら、フリーライターとしても活動中。趣味は貯金と投資で、現在は子供の教育資金捻出のために日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
秋冬に実践したい節約テク5選
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ