争族になりやすく難しい「遺産分割」 分割協議をスムーズに進めるポイントは「個々の気持ちを確認する」です。

遺産分割の難しさ

相続人が多い場合はグループ分けをする

遺産分割の相談を故人の相続人Aさんからいただきました。

Aさんの話では故人の所有していたアパート1棟を他の相続人たちとどう分けるかといった相談内容でした。

主張も、Aさんのグループ(3名)とBさんのグループ(3名)に分けることができ、何とか調整もついたので早速分割協議書を作成し、BグループからAグループへと各々に署名をお願いし、書類を回すことにしました。

遺産分割協議

その後の調査で生後間もなく養子に出されたCさんの存在が発覚

遺産分割協議をする場合、まずは相続人の確定が必要です

故人の出生から亡くなられるまでの戸籍を取り寄せたところ、相続人にCさんがいることが判明しました。

Cさんは生後間もなく他家に養子に出されている事情がありましたが、相続人の地位は変わりません

当然ながら、Cさんの合意も必要です

Cさんには預金で法定相続分を相続することでA・Bグループより承諾をいただきました

そのため、Cさん自身には事前に遺産分割で協力をお願いしたい旨お手紙を出しただけでした。

AグループとBグループより署名をいただいた分割協議書を早速Cさんに郵送したところ、Cさんよりお電話をいただきました。

「何もいらない」と、強く主張されたCさん

他の相続人たちの了承もすでに取れていることを伝えましたが、Cさんは

「この遺産分割協議書に取得する財産が記載されていること自体がいやなのです」

と言います。

当方は、正直な話、他の相続人たちの署名も既にいただいている手前、再度、分割協議書を再作成することにガックリしてしまい、何とかならないかと会ってお話をすることになりました。

「僕は、養親より十分な生活と教育をしていただき、おかげさまで今は社会人(公務員)となっています。

いまさら実の親からとはいえ相続でお金をいただく気持ちになれない」

と再度言われます。

おそらく、Cさんの矜持(プライド)だったと感じます。

当方の勘違い

相続人全員の気持ちをいかにまとめるか

相続財産を多くいただきたい人はあっても、いらない希望を出される方を想像できませんでした。

相続での遺産分割はいろんな事情の結果となるため、どれが正解とはなりません。

正しい、間違っているではなく、相続人全員の気持ちをいかにまとめることが大切であるか

を身に染みて勉強しました。

推定で遺産分割を決めてしまわないで、全員のお気持ちを個々に確認することが、遺産分割協議手続きのポイントです

遺産分割は多数決ではなく、全員の合意で行うものである事を再確認したいだいです。(執筆者:橋本 玄也)

この記事を書いた人

橋本 玄也 橋本 玄也»筆者の記事一覧 (66)

父の死をきっかけに相続に関心を持つ。その後、祖母、母の相続と3回相続を経験。自身の体験から相続人の気持ちがわかるFPです。愛知県の会計事務所にて20年近く相続専門の実務担当として様々な体験をしてきました。遺産分割はこれまで500件以上関わっています。まとまる相続、相続人全員の方から喜んでいただくのを生きがいにしています。おかげさまでこれまで、担当したお客さますべて、全員の合意による遺産分割を行っています。また、相続税申告における土地の評価についても定評があり、多額の還付金請求にも実績があります。老人会、市役所、商工会議所、ハウスメーカー、金融機関、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会等、講師経験豊富です。
<保有資格>:一級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP、宅地建物取引士、相続診断士
【寄稿者にメッセージを送る】

橋本 玄也の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
遺産分割協議
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ