近ごろメディアでよく目にするのが「ワークマン」

日経トレンディ2019予測では、ワークマンが新展開する「WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)」が堂々の1位を獲得しました。

ガテン系の職人の店として知られてきましたが、プロ仕様の高品質で高機能な商品は、女性も見逃せない注目株です。

ワークマンのおすすめ商品をリサーチしてみました。

ワークマン女子

滑りにくい! あったかい! シューズ3選

1. ファイングリップシューズ

ファイングリップシューズ

≪画像元:ワークマン

SNSで火が付いたこの商品は、実は厨房で履くために作られたコックシューズです。

厨房は、油や水が飛び散り床はとても滑りやすくなっています。

そのためコックシューズは、耐油・耐滑性に非常に優れており、妊婦さんの間で話題になりました。

筆者は妊婦ではありませんが、雪の日に出かけたスーパーで滑りヒヤッとした経験から興味津々で、お店に行ってみました。

「残念! 売り切れです」

サイズの大きなものですが、試し履きをしてみました。

1,900円というお値打ちな価格なのに、靴底の厚さはしっかりあるのに、軽いではありませんか!

22.5cm~28cmまでと幅広いサイズ展開なので、小柄な女性でもいけそうです。

オンラインショップでは次の販売は3月下旬頃、もう少々お待ちください。

2. 防寒ブーツ ケベック

防寒ブーツ ケベック

≪画像元:ワークマン≫

防寒ブーツ・ケベックは片足約260g、ブーツなのに非常に軽い商品です。

中綿入りで暖かいうえ、作業靴で培ったWクッションは履き心地もよさそうです。

靴底から4cmまでは防水性を、底面には耐滑性を高めているため、雪深い冬本番にも大活躍するでしょう。

※オンラインストアでは完売しております。

3. PVC防水シューズ

PVC防水シューズ

≪画像元:ワークマン≫

一見普通のスニーカーのように見えますが、PVC素材のため完全防水です。

そのため雨の日のお出かけもOKであるばかりか、汚れがさっと洗い流せるので、ガーデニングや洗車、ハイキングやワーキングと多くのシーンで利用できます。

普段使いしやすい黒とグリーンの2色販売で、お値段なんと1,500円です。

プロ使用の高品質、高機能:防寒ウエア

1. ボンマックス レディース アクティブサーモコート

アクティブサーモコート

≪画像元:ワークマン≫

近ごろワークマンでは、レディースにも力を入れています。

撥水・防風などの機能性を備えたアクティブサーモコートは、女性向けにすっきり細身のシルエットです。

中綿入りにカイロポケットまでついていて、全11色から選べます。

2. ボンマックス ライトベンチコート

ライトベンチコート

≪画像元:ワークマン

ライトベンチコートは、膝までカバーしたあったか仕様。

ジュニアサイズを含む4サイズ7色展開ですから、子供用にもいかがでしょうか。

3. ユーティリティMA-1タイプジャケット

MA-1タイプジャケット

≪画像元:ワークマン≫

アウターで注目すべきは、MA-1タイプジャケットです。

リブ袖になっているため、女性でも「袖の長さは気になりません」と、使用している女性スタッフが言っております。

収納袋付きなので、タウンやレジャーなど多様に利用できそうです。

驚く品揃え:手袋

1. THERMO REFLECT(サーモリフレクト)防寒ゴムバックコートマジック付き手袋

THERMO REFLECT(サーモリフレクト)防寒ゴムバックコートマジック付き手袋

≪画像元:ワークマン≫

ワークマンに出かけて驚いたのは、その幅広い品ぞろえです。

手袋だけでも壁面にずらりと、軍手だけでも数種類、他にも革手袋や作業用、オイル加工したもの、99円手袋、ストレッチ手袋、防水防寒手袋などなど多種多様です。

私たち素人でも、自宅での修繕作業や野菜作り、雪かき、防災用に常備するにも、細かに対策を施したプロ仕様は使い勝手がよさそうです。

2. BA01 STANDARD GLOVE

BA01 STANDARD GLOVE

≪画像元:ワークマン≫

スタンダードグローブは、Mサイズを女性がつけてもちょうどよく、裏起毛になのにフィットするので、暖かくてもごわごわしません。

すべり止め付きスマホ対応のこの商品は499円です。

極暖! 防寒グッズ

防寒グッズも充実していました。

残念ながら女性用としてのインナーはありませんでしたが、ネックウォーマーや

ネックウォーマー

≪画像元:ワークマン≫

インソール、あまり見かけないインナーソックスまでありました。

インナーソックス

≪画像元:ワークマン≫

インナーソックスの素材はポリエステルですが、フェルト生地のようにふわふわしていて心地よいそうです。

脱ぎ履きしやすいので、自宅でスリッパ代わりに使っているユーザーもいるようです。

Mサイズ24.5cm~ですから、靴下を重ね履きしてその上からはくのもOKです。

寒い冬を「ワークマン」グッズで乗り切りましょう。

ワークマンの上手な使い方

ワークマンは公式オンラインストアの他、楽天でも購入できます。

楽天では1万円未満の購入には送料がかかりますが、セールになるとポイントUPが期待できます。

ワークマンの公式オンラインストアで発注し、店舗での受け取りにすれば、送料がかかりません

店での支払い方法は

・ 現金
・クレジットカード(一括・リボルビング払いのみ)
・ベイシア商品券

から選択。

クレジットカードのポイントも加えることができます。

一部の店舗を除いて、ワークマンの営業時間は朝7時~20時ですから、利用しやすいです。

2019年ワークマンはもっと身近になりそう

ワークマンの商品は、炎天下、極寒、暴風雨など過酷なプロの環境で長時間の作業に耐える品質と機能をもっています。

そのうえ「携帯が落ちにくい」とか「水が入らない」などと、こと細かな気配りで作られています。

前述した「WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)」は、アウトドア、スポーツ、レインウエアの専門店ですから、これからますます私たちの相棒になることが期待できるでしょう。(執筆者:吉田 りょう)