クレカを複数持つなら「キャッシング枠はつけない」「リボ払いしない」 デメリットを知って賢く使う。

現金を持たなくても支払いができるクレジットカード。

便利なのはもちろん、各社それぞれで入会キャンペーンを行っているので、つられてつい入会してしまう人も少なくないのではないでしょうか?

カードを作るだけでポイントがもらえるのは、かなり魅力的ですが、クレジットカードの持ちすぎには注意が必要です。

ここでは、クレジットカードを複数持つメリットとデメリットについてまとめています。

クレジットカードを複数持つ「メリット」と「デメリット」

クレジットカードを複数枚持つメリット

クレジットカードを複数持つことには、メリットもあります。

・ キャンペーンなどでポイントが手に入る

・ ポイントを最大限ゲットできる

・ ショッピングの幅が広がる

・ カードそれぞれの付加サービスを受けることができる

1番のメリットは、入会キャンペーンなどでポイントを最大限獲得できることです。

数千円~1万円分相当のポイントが付与される場合が多く、買い物の支払いに使うことができるので、直接的なお得感があります。

また、カードを使い分けることで、ポイント還元率を高くすることも可能です。

例えば、楽天市場での買い物なら「楽天カード」が、ポンパレモールでの買い物なら「リクルートカード」で支払い手続きをすることで、ポイント還元率が高くなります。

クレジットカードを持ちすぎるデメリット

クレジットカードを持ちすぎるデメリット

クレジットカードを複数枚持つことにメリットがある一方で、発生するデメリットも少なくありません…。

・ クレジットカードの管理が面倒

・ 暗証番号を忘れてしまいがち

・ メインカードの利用限度額を増やせない場合も

クレジットカードの枚数が増えると、単純に管理が大変です

クレジットカードは署名さえすれば誰でも使用ができてしまうので、しっかりと管理するのは重要です。

しかし、複数枚持っている場合、すべてのカードを財布に入れておくわけにもいきません。

となると、家に保管しておくことも多くなり、結果的に「どこへ何のカードを置いたか忘れてしまう」こともあります。

盗難にあったり、紛失してしまっても気づかない可能性もあります。

また、クレジットカードのそれぞれに暗証番号がありますので、どのカードが何番だったのか忘れてしまうリスクもあります。

「全てのクレジットカードを同じ暗証番号に統一すれば良い」と考える方もいるかと思いますが、それではセキュリティが弱くなってしまうので問題があります

収入に対する「与信枠」が複数のカードによって圧迫され、クレジットカードの枚数が増えれば増えるほど利用限度額が低くなります

利用限度額を上げることも難しくなるため、メインカードがある方は、かなりの痛手になってしまいます。

クレジットカードを複数枚持つときの注意点

クレジットカードを複数枚持つときの注意点

クレジットカードを複数持つことは、決して悪いことばかりではありません。

自分の支払能力を考えながら、持てる範囲でクレジットカードを作ることが大切です。

キャッシング枠は0円で申し込む

クレジットカードには必ず「キャッシング枠」があります。

キャッシング枠は、現金を借りるためのもので、上限は年収の1/3までと決められています。

そのため、すべてのクレジットカードにキャッシング枠をつけてしまうと、審査の時にひかかる可能性が高くなります

審査をスムーズに通すためにも、キャッシング枠は「希望しない」で申し込むことをおすすめします

リボ払いはしない

月々の支払いが少なく済むリボ払いですが、その分金利や手数料が発生します。

長期間支払いが終わらないと管理も面倒ですし、クレジットカードの枚数が多ければ多いほど把握しきれなくなってきますので、リボ払いは避けた方が無難です。

複数枚持つのなら、年会費が無料のものか目的が1つでもあるものを

筆者は、メインカードのほかにクレジットカードを3枚、計4枚持っています。

もちろん、それぞれ使用用途があり、基本的にはメインカードしか使っていません。

キャンペーンでいろいろな特典が受けられるのも魅力的ですが、メインカードを中心に使用することで、ランクUPし、ポイント還元率も高くなるメリットもあります

複数枚持つのなら、年会費が無料のものや、使用目的が1つでもあるものがおすすめです。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈»筆者の記事一覧 (145)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
クレジットカードを複数持つ「メリット」と「デメリット」
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ