米雇用統計はサプライズ的な伸び 新年相場でNYダウはきれいな「陽線」

2018年10月から日米市場ともに暴落が続き、まさに世界同時株安の展開を見せてきた株式市場ですが、極めて明るいニュースが飛び込んできました。

1/4(金)に発表された米雇用統計は、前月比31.2万人の伸びで過去10か月で最高を記録しました。

NYダウは746ドル上昇して日経平均も2万円台を一気に回復しました。

米雇用統計はサプライズ的な伸び

米雇用統計はサプライズ的な雇用の伸び

今回の雇用統計は極めて大きな注目が集まっていました。

最近の世界同時株安的な流れに加えて、直前にアップルが業績の大幅な下方修正を発表していたからです。

「アップルショック」で、日経平均も金曜日の場中に1万9,200円台まで下げて、もし雇用統計が悪ければ1万9,000円を割り込んでしまうような懸念さえありました。

しかし、結果は31.2万人の伸びと予想を大きく上回る改善を見せました。

12月の平均時給は前年同月比3.2%増と、市場予想(3.0%増)を上回り、2009年以降の最速ペースです。

失業率は3.9%と、約50年ぶりの低水準(3.7%)となりました。

アップルの業績悪化で米景気の減速が懸念されましたが、米国の景気がまだまだ強いことが証明されました。

NYダウはきれいな陽線

NYダウは反発へ 25000ドル目標

2万3,433ドルが金曜日の終値ですが、25日移動平均線上の2万5,000ドル付近が目標になりそうです。

11月と12月に2万6,000ドルの高値をつけていますが、この時のボックスは2万4,000~2万6,000ドルでした。

それが12月のFOMCの利上げで大きく割り込み、さらに2,000ドル下の2万2,000ドル付近まで下落しました。

現在は強い足が出ていることから、素直に戻り相場になると見ていいでしょう。

上値目標としては75日移動平均線のある2万5,000ドル付近が予想されます。

基本的に米景気の先行きに対する不安があったので、ひとまずそれが払拭されたのは大きいです。

上昇期間も、次の2月や3月の雇用統計までは安定して持続する可能性があります。

FRBは利上げに柔軟姿勢

FRBのパウエル議長は市場の状況を注視する声明を出しました。

去年12月に、今年の利上げは2回程度になるという発言もしています。

現在のアメリカの景気はまだ好調のようなので、株式市場に強いトレンドが再び復活する可能性もあります

当面は戻り高値をうかがう流れになるでしょう。(執筆者:岡 隼人)

この記事を書いた人

岡 隼人»筆者の記事一覧 (22)

日経先物・FXのデイトレーダーをしながらライターを行う。ジャンルは株式・FX・投信・仮想通貨・経済一般と幅広い。世界経済の流れは根底でつながっています。NYダウやナスダックはもとより、最近では仮想通貨の上昇・暴落が日経平均に影響を与えることもあります。世界経済の関連を見越した、タイムリーでわかりやすい記事を心がけます。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
米雇用統計はサプライズ的な雇用の伸び
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ