1,000円以下のおすすめ美容オイルランキング 異常レベルの乾燥に打ち勝つベスト3

気象庁から「乾燥注意報」

気象庁から乾燥注意報

≪画像元:気象庁

関東地方では昨年の12/24以降、2週間以上も雨が降らず、空気の乾燥した状態が続いています

ニュースにも取り上げられるほどです。

12/28には、東京や横浜で乾燥の一番酷い時間帯の湿度が20%台に低下しました。

この最小湿度20%台というのは、木材が燃えやすくなる湿度で、火事などに注意が必要だそうです。怖いですね。

皆さまも空気の乾燥を感じることはありませんか。筆者は痛いほど感じています。そう、アラフォーのお肌で…。

そこで、カラカラ空気からお肌を守ってくれる、頼もしいスキンケアの相棒をぜひ紹介させてください。

もちろんコスパ抜群のアイテムを紹介します。

美容オイル乾燥に打ち勝つベスト3

オイルは数ある乾燥対策の中でもコスパ抜群!

お肌の乾燥対策の頼もしい相棒とは、美容オイルです。

なぜ数ある乾燥対策化粧品の中からオイルを押すかと言うと、節約の観点からみて優秀だからです。

冬の乾燥が進んだときに、突然手持ちの化粧品では保湿できなくなり、化粧水から乳液まで全ての化粧品を高保湿タイプに買い替えたことはありませんか。

オイルはこのツラい出費を防ぎます。

毎日のスキンケアのどこかに1ステップ追加すればOKなので、手持ちの化粧品を買い替えなくて済みます。

おすすめは「ブースターオイル」として使う

筆者おすすめの使い方は、化粧水の浸透を助ける「ブースターオイル」として使う方法です。

洗顔後すぐ、手のひらに数滴のオイルをなじませ、そのまま顔に優しく押し当てていきます

そのあとは化粧水や乳液でいつものスキンケアをします。

べたつかないのにお肌に1枚ベールをまとったような感覚があり、ファンデーションを塗るとするすると滑っていつもより化粧のりが良いのを感じられると思います。

1,000円以下! おすすめオイルランキング

ドラッグストアやコンビニで買える1,000円以下のオイルの中から優秀だったものを、筆者の感覚でランキングにしてみました。

第3位 ジョンソンベビーオイル

赤ちゃんのスキンケアだけでなく、大人もいろいろな使い方ができます。

使い心地はさらっとしていて、伸びが良いです。

ジョンソンベビーのサイトには14もの使用法が紹介されていて、参考になります

ジョンソンベビーオイル

≪画像元:ジョンソン

参考価格は125mLサイズで800円前後ですが、楽天やAmazonでは600円くらいで販売されています。

全国のドラッグストアでも手に入ります。

安全なミネラルオイルを使用し、保湿力も問題ないのですが、1点だけ惜しいところがあります。

もともとは赤ちゃんの肌に塗り広げることを想定しているためか、ひと振りで思ったより量が出ます

大人が顔のスキンケアにオイルを使いたいときは、必要量は数滴です。

そのためちょっと出すぎてしまうところだけが、筆者にとってネックでした。

それさえなければ1位にしたかった高コスパ商品です。

第2位 CO・OP スクワラオイル

CO・OP スクワラオイル

≪画像元:CO・OP化粧品

サメ由来のスクワラン100%で作られたオイルです。

とにかく少量で良く伸びるため、ものすごく持ちが良いです。

大人の顔のスキンケアなら毎回1滴か2滴でOKです。

60mLで半年ほど使えました

価格は1,047円で少しオーバーしていますが、このコスパならOKとしたいです。

ジョンソンベビーオイル同様、顔だけでなく全身に使えます。

コープの組合員なら宅配のカタログで、宅配を頼んでいなければコープの店舗でも購入できます

しかし購入できる場所が限られる点がネックなので、2位にしました。

第1位 無印良品 ホホバオイル

無印良品ホホバオイル

≪画像元:無印良品

ホホバの種子からとったオイルです。

さらっとしていて、乳液よりもべたつきませんが、うるおい感は1日中続きます

サラサラなので1回のスキンケアに5滴ほどは必要ですが、それでもそんなに減りません。

80mLサイズ1本で1シーズンは使え、価格は890円です。

しかも無印の化粧品は全国どこでも買えます。

近所に無印の店舗がないという方も大丈夫です。

ファミマで買えます

この点が2位のコープと違うため、無印を1位にしました。

無印には他にも美容オイルがあるので、いろいろ試してみても良いと思いますが、ホホバオイルが1番人気です。

全身使える、家族で使えるオイル

家族で全身使える美容オイル

オイルは顔の乾燥対策だけでなく、全身に使えます。

髪に使えば、つやと程よい毛束感が出ておしゃれに見えます。

ハンドクリームに混ぜて使えば、しっとり感が長持ちします

子どものスキンケアにも向いています。

汎用性とコスパの高さが抜群なオイルを使って、ニュース級の乾燥異常事態を乗り切りましょう。(執筆者:石田 彩子)

この記事を書いた人

石田 彩子 石田 彩子»筆者の記事一覧 (25)

新卒で地方テレビ局の記者を経験し、人材サービス会社のウェブ担当や、広告代理店でテレビショッピングの考査担当などを経て、3年前から退職し専業主婦になりました。戦略的な家庭経営を目指しています。世帯年収が200万円ダウンしても、貯蓄ペースは退職前の額を維持。特技は食洗機に食器をきっちり収めること。趣味はフィギュアスケート観戦で、最近は子供といっしょにリンクで滑ることも。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
美容オイル乾燥に打ち勝つベスト3
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ